管理人2号 たて史管理人2号
たて史

こんにちは、積立ビルダーズ管理人2号「たて史」です。

本日は4月10日からサービスを開始したSBIネオモバイル証券について紹介します。

SBIネオモバイル証券は国内でも有名なTポイントを使って投資ができる画期的な証券会社です。

SBIネオモバイル証券とは?

SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券は、ネット証券最大手のSBI証券とTポイントで有名なカルチュア・コンビニエンス・クラブ100%子会社のCCCマーケティングの合弁会社として2018年10月30日に設立された証券会社です。

2019年4月10日より開業し、新規口座開設の受付も開始しています。

このSBIネオモバイル証券の特長を整理してみました。

SBIネオモバイル証券の特長

(1)日本で初めて!Tポイントで株が買える

Tポイントで株が買える

SBIネオモバイル証券の特長は何と言ってもTポイントを使って株が購入できる点でしょう。

Tポイント1ポイント=1円として国内株式の購入ができます。

TポイントはTSUTAYAをはじめ、YAHOO関連サービスやファミリーマート、ガストや吉野家などで会計の際にTカードを提示し貯めることができるポイントで、たて史も毎日いずれかのお店でTカードを提示しています(笑)。

日々の消費活動のおまけとして貯めたポイントで株が購入できるのであれば、たとえ株を購入した後に値下がりしたとしてもあまり気になりませんので、たて史も日々貯めたTポイントを使ってSBIネオモバイル証券で株を購入してみようと思います。

(2)購入は1株単位から可能!少額から投資ができる

500円で株を購入できる

SBIネオモバイル証券では1株単位で株を購入することができます。

国内株式は通常100株単位での売買となるため、例えば1株500円の株式銘柄を購入したい場合、原資として50,000円(※手数料含まず)が必要となりますが、SBIネオモバイル証券では1株単位、つまり500円(※手数料含まず)あれば株を購入することができるというわけです。

少額から株式投資ができますので、今まで株式投資に取り組んだ経験がない方でも取り組みやすくなっています。

なお、2019年3月29日終値での株価とはなりますが1株500円以下の有名な東証1部銘柄も数多く存在しますので気になる方は最新の株価をチェックしてみましょう。

500円以下 時価総額上位東証1部銘柄

(3)定額で株が取引きし放題!

定額で株を取引し放題

通常、証券会社では取引毎に取引手数料が掛かりますが、SBIネオモバイル証券では月額の定額サービス利用料を支払うことで取引し放題になります。

いま話題のサブスクリプションモデルというヤツです(笑)

また、SBIネオモバイル証券でのみ利用可能な期間固定Tポイントが200ポイント付与やサービス利用料100円(税別)につき1ポイント付与されるため、実質約定代金合計が50万円未満であれば、実質手数料無料のような状況となりますので、株取引を頻繁に行いたい方にも向いていると言えます。

加えて、株式投資の他にもロボアドバイザーサービスも提供していますので、気になる方は一度SBIネオモバイル証券のホームページをご覧ください。

SBIネオモバイル証券は現在キャンペーン実施中!

現在、SBIネオモバイル証券は開業記念キャンペーン実施中です。

【キャンペーン名称】

開業記念キャンペーン

【キャンペーン期間】

2019年4月10日(水)~2019年5月17日(金)まで

【キャンペーン内容】

キャンペーン期間中にSBIネオモバイル証券の口座を開設し、サービス利用料支払いのクレジットカード登録、およびTポイント利用手続き(ID連携)を完了した方にSBIネオモバイル証券のみで利用可能な期間固定200ポイントをプレゼント(ポイントは5月23日~27日の間に付与予定)

口座開設手数料や口座維持手数料は無料で口座開設手順も非常にシンプルです。

SBIネオモバイル証券が気になる方は開業記念キャンペーンの実施期間中に口座開設すると良いでしょう。

以上、「Tポイントで投資ができる?!SBIネオモバイル証券誕生!」でした。

SBIネオモバイル証券公式サイトはコチラ

SBIネオモバイル証券