管理人2号 たて史管理人2号
たて史

こんにちは!たて史です。

FXでもおなじみのDMMで、株取引ができるってご存じですか?

DMM.comはテレビCMやサービス利用で目にしない日は無いほどですが、そんなDMM.comのグループ会社であるDMM.com証券で株の取引ができるんです。

今日はDMM.com証券が提供するサービス「DMM 株」について紹介します。

DMM.com証券の新サービス「DMM 株」

DMM 株 が選ばれる3つの魅力

DMM株はDMM.com証券が提供する株取引サービスです。

2019年2月時点で取扱商品は、国内株の他に米国株、信用取引、NISA/ジュニアNISA、IPOと増えてきています。

DMM株は2018年4月4日から提供されており、各社の株取引サービスの中では最も後発の部類に属しますが、もともとDMM.com証券はFX(外国為替証拠金取引)も後発参入ではあったものの、今ではFX口座数国内第一位(※2019年1月時点。ファイナンス・マグネイト社調べ)に輝くなど投資家からは非常に高い支持を集めています。

そのため、後発参入のDMM株も数年後業界1位を獲っているのではないか?とたて史はひそかに期待しています(笑)。

そんなDMM株ですが、FXと同様に他社を圧倒するサービススペックを誇っています。

DMM.com証券の魅力その1・手数料が業界最安水準!

国内主要証券会社の国内株式1約定ごとの税別手数料を比べてみました。

証券会社名

国内株式1約定ごとの税別手数料(税抜)

~5万円以下

~10万円以下

~20万円以下

~50万円以下

~100万円以下

DMM.com証券

50円

80円

97円

180円

340円

SBI証券

50円

90円

105円

250円

487円

楽天証券

50円

90円

105円

250円

487円

マネックス証券

100円

100円

180円

450円

1000円

カブドットコム証券

90円

90円

180円

250円

990円

GMOクリック証券

88円

88円

98円

241円

436円

ライブスター証券

80円

80円

97円

180円

340円

岡三オンライン証券

99円

99円

200円

350円

600円

(※2019年2月調査時点)

主要証券会社と比較してもDMM株の取引手数料はどの約定金額でも業界最安水準です。

取引コストを抑えたい!そんな方にオススメといえますね。

加えて、DMM株の場合には取引手数料の一部がポイントとして還元されます。

取引手数料がポイント還元

DMM.com証券は取引手数料の1%がDMM株ポイントとして還元され、貯めたポイントは1ポイント1円として現金へ交換(※1000ポイント以上から)できます。

取引コストからポイント分を差し引く部分を取引コストと捉えるならば業界最安と言えるかもしれませんね。

DMM.com証券の魅力その2・取引ツールが豊富

DMM株の取引ツールはいくつかのタイプが用意されています。

例えば、スマホアプリは「かんたんモード」と「ノーマルモード」の2つモードが用意されています。

DMM 株 スマホアプリ

「かんたんモード」は分かりやすさを追求した初心者向けアプリで注目テーマを選択するだけで関連銘柄の抽出やアナリストや個人投資家の予想もチェックできます。

それに対し「ノーマルモード」はチャート画面からワンタップで発注ができる経験者向けのアプリで、チャート分析に必要なテクニカル指標も完備されロイター・四季報の情報量も充実しています。

この2つのアプリモードはワンタッチで切り替えることができるため、自分の取引習熟度や用途によってツールを使い分けると良いでしょう。

DMM.com証券の魅力その3・充実のキャンペーン

キャッシュバックキャンペーン

DMM株では毎月の口座開設完了者の中から抽選で10名を対象に2,000円キャッシュバックを行っています。

また、口座開設手続き(世帯主情報と内部者関連情報含む)が完了した日から3か月間は国内株式及び米国株式の手数料が無料になる口座開設特典も提供しています。

手数料無料特典

このように様々なメリットを持つDMM株、まだ口座をお持ちでない方はこの機会に口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

以上、「DMM.com証券の新サービス「DMM株」キャッシュバック実施中」でした。

DMM株の無料口座開設申込はコチラ