管理人2号 たて史管理人2号
たて史

こんにちは、積立ビルダーズ管理人2号「たて史」です。

最近、新たな金融サービスが続々と誕生しています。

そんな中、Web上でクレアル(CREAL)という不動産投資の分野のサービスが気になっていたので調べてみました。

■クレアル(CREAL)とは

クレアル(CREAL)は、株式会社ブリッジ・シー・キャピタルが提供する金融サービスです。

株式会社ブリッジ・シー・キャピタルの会社概要を、公式サイトで確認しましょう。

ブリッジ・シー・キャピタルは、2011年創立で資本金は1億(※2018年12月時点)。

代表取締役を務める横田大造氏は、世界的なコンサルティング会社であるアクセンチュア出身です。

ホームページの冒頭では資産運用とありましたが、事業内容を見る限りでは不動産分野に強みを持っている印象。

今後は、不動産×ITテクノロジー(不動産テック)分野の開拓に力を入れていく模様で、サービスのひとつとしてクレアル(CREAL)を提供しています。

■気になるクレアル(CREAL)の仕組み

クレアル(CREAL)の仕組みを見てみましょう。

仕組みはとてもシンプルです。

投資家に対して投資対象となる不動産情報を提供し、投資家はその情報を判断して投資を申込み、投資が成立した物件の賃料収入を毎月配当として得る仕組みです。

クレアル(CREAL)は、従来の不動産投資の際に必要な契約書類の締結や不動産管理の手間はほぼ掛からず、基本的にインターネット上で完結します。

また、投資家は毎月1万円という少額から投資が可能となっています。

まさに従来の不動産投資の手間や元金の敷居を引き下げ、不動産投資を身近にするサービスと言えそうです。

一方、投資を考える際に最も気になるのが「損失が出た場合はどうなるの?」という点です。

クレアル(CREAL)は、投資家からの資金と自社の資金を合せた出資金で投資対象の不動産を取得します。

その不動産から得られた収入を配当収入として配分する訳ですが、それらの利益は自社が受け取る配当よりも投資家の配当を優先して支払うこと、損失が起きた場合には、発生した損失を自社の資産から優先的に補填する、優先/劣後方式を採用しています。

これは、投資家の損失を肩代わりするというわけではありませんが、投資家優先の原理が働く仕組みを採用している点は注目しておくべき点でしょう。

■クレアル(CREAL)のファンド

クレアル(CREAL)は投資対象であるファンドの内容を公開しています。

ファンド情報として募集金額、初回配当日、想定利回り(年利)、想定運用期間、募集期間を紹介しています。

また、無料会員登録を済ませることで、ログイン後のマイページから該当ファンドの動画を交えた概要説明、物件情報、運営者、マーケット情報、リターン、リスク要因、ファンド情報、ドキュメント(※不動産調査報告概要などのPDFレポート)など更に詳細な情報を見ることができます。

気になる方は是非、無料会員登録してみてください。

■クレアル(CREAL)投資までの流れ

クレアル(CREAL)はまず、無料会員登録を行います。

無料会員登録手順はまずメールアドレスとパスワードを指定します。

会員登録ボタンを押すと自動メールが登録メールアドレスへ送信されます。

受信したメールアドレスへ届いたURLをクリックして無料会員登録は完了です。

時間にして30秒程度で会員登録まで終えることができます。

その後、投資を希望する方は投資家登録申請を行います。

投資家登録完了すると口座が開設され、専用口座への入金や投資ファンドの選択が可能になります。

■クレアル(CREAL)は現在キャンペーン実施中

クレアル(CREAL)は現在、オープニングキャンペーン実施中です。

【キャンペーン名称】

CREALオープニングキャンペーン

【キャンペーン期間】

12月3日(月)17時~12月27日(木)17時

【キャンペーン対象】

期間中に合計10万円以上の投資申込みを完了した方

【キャンペーン内容】

プレゼント額100万円を上限として投資申込み金額の1~2%相当の金額をプレゼント(※投資申込み額が10万円以上30万円未満の方は1%、30万円以上の方は2%)

気になる方は一度、クレアル(CREAL)のホームページを見てみてくださいネ!

クレアル(CREAL)の無料会員登録はコチラ

CREAL