(日本経済新聞「つみたてNISA、3分の1がネット証券で口座開設 」2018年7月17日)

2018年7月17日の日本経済新聞の記事で、注目すべき記事が掲載されていましたので紹介します。

今年1月に始まった積み立て型の少額投資非課税制度「つみたてNISA」は、利用者の約3分の1がネット証券で口座を開設したことが分かった

日本経済新聞「つみたてNISA、3分の1がネット証券で口座開設 」2018年7月17日

金融財政事情研究会の調査情報では50万7462口座のうち、ネット証券4社(SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券)の口座合計が約16万5000口座(2018年3月末時点)となったそうです。

つまり、ネット証券でつみたてNISAをはじめた人が、大手証券会社や大手銀行、主要地銀やゆうちょ銀行それぞれでつみたてNISAをはじめる人よりも非常に多いことを示しています。

その理由としてはネット証券の低コストな部分に加えて、豊富な商品ラインナップがあります。

(日本経済新聞「つみたてNISA、3分の1がネット証券で口座開設 」2018年7月17日)

ネット証券の中でもSBI証券はつみたてNISAで選択可能なファンド数が139とトップになっており、次いで楽天証券が133となっています。

銀行と比べると2倍以上の取り扱いファンド数ですね。

これを見ると、つみたてNISAをはじめたい場合にはネット証券ではじめるべきと言えそうです。

もし、つみたてNISAを検討中の方は、ネット証券の中からつみたてNSAの口座を選んでみてはいかがでしょうか。

つみたてNISA(ニーサ)の詳しい紹介はコチラ

つみたてNISA(ニーサ)とは?メリットやデメリットをわかりやすく解説

つみたてNISAおすすめ銘柄・ファンドランキング[2018年]

あなたのお金の貯め方・増やし方は?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も