「tsumiki証券」は、ファッション系商業施設のマルイやエポスカードなどの事業を行う丸井グループが設立した、積立投資専門の証券会社です。

「tsumiki」=「積み木」の名前通りに、コツコツと積み立てを行う投資をサポートするスタイルになっています。

最大の特徴はエポスカードネットを使って、積立投資をの購入を行っていくこと。

投資信託の購入にエポスカードを使い、購入代金の支払いのたびにエポスポイントが貯まるお得なしくみになっています。

このページでは、tsumiki証券で積み立てできる投資信託の種類や特徴、利用するメリット・デメリットを紹介しています。

tsumiki証券のおすすめポイント

・投資信託の積み立てに特化した証券会社

・投資商品は厳選された投信4本

・投信はエポスカード購入でポイントをゲット

・つみたてNISAに対応

tsumiki証券の積み立て投資

tsumiki証券は、投資信託の積み立てを専門に取り扱う証券会社です。

投資信託とは、金融機関が投資家から資金を集め、その資金を運用のプロであるファンドマネージャーが日本や世界中の株式や債券で運用を行い、利益が出た場合に投資家に還元する金融商品です。

投資信託が専門なので、一般の株式やETFなどの金融商品の購入をすることが出来ません。

口座開設手数料は0円で、口座維持の手数料も0円。
かかる手数料は、投資信託を購入する際の信託報酬のみです。

投資資金は最低3,000円から

tsumiki証券の毎月の積み立て投資金額は、最低3,000円からで、最大50,000円となっています。

つみたてNISAを利用する場合は、毎月3.3万円の利用が可能です。

毎月の積み立て金額は、予算や都合にあわせていつでも変更できるので、ムリなく投資ができます。

また、万が一お金が必要になった際には、いつでも解約して引き出す事ができます。
ただし、投資信託の価額が購入時よりも下がっている場合に解約すると、損失となりますので注意しましょう。

投資信託は、長期的な投資が理想です。

短期的な目線で見ると一時的に評価がマイナスになってしまうことがありますが、長期的な目線で見るとプラスになる確率が高くなります。

積み立てできる投資信託

現在の投資信託ラインナップは、日本で販売されている約6,000本のなかから厳選された4本のみを取り扱っています。

商品名運用会社信託報酬騰落率
1年
純資産額
セゾン投信セゾン・バンガード・グローバルバランス0.71%5.4%1,657億円
セゾン資産形成の達人1.55%14.3%659億円
コモンズ投信コモンズ301.06%13.9%146億円
ひふみプラスレオス・キャピタルワークス1.06%19.2%6,207億円

エポスカードで投資信託を購入

投資信託の購入は必ずエポスカードを使う必要があり、現金や他のクレジットカードは使用できません。

エポスカードは2018年3月末時点でカード会員数が657万という人気のあるカードです。
会員構成の約半分が20~30代で、全体の約7割が女性となっています。

入会金、年会費が永年無料な点も人気の理由の一つです。

ポイントはカード利用200円ごとに1ポイントが貯まり、還元率は0.5%となっています。
VISA加盟店での利用であれば、店舗によっては5倍~10倍のポイントを貯めることも可能なお得なカードです。

また、カードを保有しているだけでも海外旅行傷害保険がつくメリットもあります。

エポスカード

tsumiki証券のメリット

クレジットカードで投信が購入可能

通常、投資信託を購入する場合は、証券会社の口座に資金を入金して、その資金を使って購入するのが一般的です。
この場合、資金移動という手間や、場合によっては銀行から証券会社への送金の手数料が発生することがあります。

tsumiki証券の場合は、エポスカードというクレジットカードで一括で購入することができるので、資金移動などの手間がかかることがありません。

また、エポスカードで投資信託を購入すると、購入金額に応じてエポスポイントがプレゼントされる特典があります。

エポスカードのポイント還元率

つみたてが開始された月を基準として、年間のつみたて金額の0.1%がポイントとしてプレゼントされます。
5年目まで毎年0.1%がプラスされ、最大で0.5%がポイント還元されます。

1年目 積立金額の0.1%、2年目 0.2%、3年目 0.3%、4年目 0.4%、5年目以降 0.5%

月々5万円の投資信託を購入すると、年間60万円の積立投資を行われることになります。
すると、5年目以降の場合は、年間で3,000ポイントを受け取ることができる計算になります。

ゴールドカード・プラチナカードのボーナスポイント

エポスゴールドカード・エポスプラチナカードを利用している場合は、さらにポイントがプレゼントされます。

年間60万円投資を行った場合、エポスゴールドカードでは更に2,500ポイントをもらうことができます。

エポスプラチナカードの場合は、投資信託と日常的な支払いの年間支払額 100万円を超えると、20,000ポイントをもらうことができます。

普段からエポスカードで購入する機会が多い方であれば、活用するメリットがあるでしょう。

カードの種類年間支払額 50万円年間支払額 100万円
エポスゴールドカード2,50010,000
エポスプラチナカード020,000

つみたてNISAが利用可能

tsumiki証券では特定口座の運用の他に、「つみたてNISA」口座の利用が可能です。

つみたてNISAは、年間40万円まで最長20年間で合計800万円までの投資信託購入分の利益に税金がかからない制度です。

せっかく積立投資を行うのであれば、税金がかからない非課税制度を活用しましょう。

tsumiki証券のデメリット

エポスカードがないと口座開設が出来ない

tsumiki証券はエポスカードで投資信託が購入されるしくみなので、カードの保有が必須条件となっていて、カードを持っていなければ口座開設が出来ません。

エポスカードは比較的審査が通りやすいカードといえますが、審査に通らなけらばカードを持つことができません。

投資信託の積立購入しかできない

積み立て投資を基本とするシステムで、自分で購入したいタイミイングでのスポット購入ができなくなっています。

ボーナス時期など、多めの収入があった場合でも積み増しが出来ないので注意が必要です。

tsumiki証券におすすめの人は?

tsumiki証券での積み立て投資に向いているのは、エポスカードを積極的に活用している方で、これから投資を行いたいと思っている方になるでしょう。

投資信託で積み立てを始めようと思っても、対象となる種類が豊富なので、どの投資信託を購入してよいのか分からないという方が多いようです。

tsumiki証券の場合は、あらかじめ積み立てに向いた投資信託を4本まで厳選しているので、どの投資信託を購入してよいのかという悩みが少なくなっています。

口座開設にはエポスカードが必須なので、tsumiki証券の利用を考えている方は、まずはエポスカードを申し込んでおきましょう。

エポスカード

会社概要

商号

tsumiki証券 株式会社

設立

2018年2月5日

本社所在地

東京都中野区中野4-3-2

資本金

1億円(株式会社丸井グループ 100%出資)
※2018年3月末現在

金融商品取引業者

関東財務局長(金商)第3071号