SBI証券の株式投資の手数料

SBI証券は、口座開設数がネット証券でNO.1と断トツの人気を誇っており、その理由の一つに手数料の安さがあります。

国内株式の現物取引・信用取引の手数料体系は「スタンダードプラン」「アクティブプラン」の2つのプランがあり、それぞれネット証券 業界最低水準の安さになっています。

スタンダードプランは1回の取引ごとに手数料が発生する料金体系で、長期投資がメインであまりデイトレーダーのような売買をしない方におすすめのプランです。10万円までは97円(税込み)の手数料で取引できるので格安といっていいでしょう。

アクティブプランは1日の約定代金の合計によって手数料が決まります。こちらはデイトレーダーのように1日に何回も取引きする投資家向けで、1日に何回取引をしても1日の約定代金の合計が10万円までなら手数料はなんと0円。SBI証券の人気の秘密がわかる手数料体系となっています。

SBI証券の株式投資の株式売買ツール

株の取引は、値動きの激しい相場ではスピーディーな発注が投資結果を大きく左右します。
SBI証券では初心者でも簡単にスピーディーな発注ができる株式売買ツール「HYPER SBI」を提供しています。

「HYPER SBI」ではチャートや市況、ニュース、マーケット情報を一目で確認できるので銘柄選びに役立ちます。

日経平均株価や日経平均先物、NYダウ平均株価、ナスダック、ドイツのDAX30、香港のハンセン指数、上海総合指数など海外指標、市場別の騰落率や出来高の上位銘柄などのランキングなども網羅。

さらに世界のニュースもリアルタイムに表示されるので、パソコンの画面で世界の動向を瞬時に確認しながら株式売買が可能となっています。

利用料は1か月で500円(税抜)、3ヵ月で1,500円(税抜)ですが、SBI証券の総合口座開設した場合や月一回以上株取引を行い、運用報告書の電子交付サービスを利用した場合には期間限定で無料期間が設けられ、信用取引口座を開設した場合は原則無制限で利用料が無料となっています。

証券会社選びをする際に、どのような売買ツールを用意しているかも会社選択の重要ポイントですが、SBI証券はこの点でも他社を圧倒する充実ぶりです。

会社四季報を無料で利用できる

株の取り引きをしている際に、気になった会社の財務状況やアナリストの評価などをすぐに知りたい場合がよくあります。こうした際にもSBI証券はしっかりとサポートし、さまざまな情報提供をしてくれています。

SBI証券では口座を開設するとSBI証券のウェブ上で最新の会社四季報の全頁が無料で閲覧することができます。
特に過去の決算情報や四季報の決算予想・配当金などの情報、株式分割や増資等、投資家必須の情報が簡単に得られます。

またモーニングスター社の評価レポート、クォンツリサーチ社の評価レポートや分析が銘柄ごとに見ることができるのも特徴の一つ。一流アナリストによる最新の評価を確認できるので、初心者の方も安心して投資ができます。

株主優待検索用のツール

株主優待の内容によって銘柄を決める投資家の方も多いですが、1,000社を超える企業が株主優待を実施しており、そこから自分に合った株主優待を探すのは大変なことです。

しかしSBI証券の株主優待検索ツールなら簡単です。

株主優待検索ツール内の「絞り込み」をクリックし、「優待内容」、「優待権利確定月」、「つなぎ売り」、「優待獲得に必要な金額」、「こだわり条件」、「優待利回り」からご自身が求める優待内容を探し出すことができます。

写真を大きく使った画面は、他社の株主優待検索ツールに比べ分かりやすく、操作しやすい内容となっています。なお、SBI証券の株主優待検索ツールは、口座をお持ちの方すべてが無料で利用することができ、口座開設費・維持費も無料ですので、ぜひ試してみてください

また、毎月おすすめの株主優待の特集や、株主優待の動画解説、つなぎ売りの方法など、お得に株主優待を利用できる情報も満載です。

SBI証券 公式サイトで株主優待情報をくわしく確認

地方市場の株式も購入できる

日本の証券取引所は「東京・大阪・名古屋・札幌・福岡」にあり、取引量を見ると東京証券取引所が圧倒的になっています。
とくに札幌、福岡の証券取引所では上場している企業も少なく、東証に重複して上場している企業も多いので、札幌や福岡の証券取引所と取引していない証券会社も少なくありません。

しかし、かつて家具メーカーのニトリが札幌証券取引所に上場していたり、現在でもRIZAPグループ株式会社がアンビシャスに上場したりしているように、地方には潜在的な大きな力を持った企業が数多くあります。現在は日本の地方にある中小企業株にも大きな注目も集まっています。

SBI証券は札幌証券取引所や福岡証券取引所を含め、日本のすべての証券取引所と取引しているので、地方の優良銘柄の購入が可能です。

証券取引所種類上場会社数SBI証券取扱
東京証券取引所(東証)     東証1部2,070
東証2部522
マザーズ243
JASDAQ スタンダード704
JASDAQ グロース40
TOKYO Pro market23
大阪取引所(大証)デリバティブ特化
名古屋証券取引所(名証)  名証1部195
名証2部86
セントレックス12
札幌証券取引所(札証) 札証49
アンビシャス8
福岡証券取引所(福証) 福証97
Q-board14

(2018年3月1日現在)

信用取引

信用取引は現金や株を担保として証券会社に預け、お金や株を借り3倍以上の取引ができる取引方法で、現在では個人投資家の売買代金の半数以上が信用取引となっています。

SBI証券の信用取引は手数料が0円と安いうえに外出中も取引きできるモバイルツールや情報満載の「HYPER SBI」を活用して信用取引ができるので、多くの投資家が利用しています。

またウェブ上の「リアル委託保証金率確認画面」で信用取引の委託保証金率が簡単に確認できるなど安心して信用取引がしやすい環境になっています。

現物買いと信用売りを同時に行う「クロス取引」や「つなぎ売り」で株主優待を得たい場合も、株主優待検索画面でクロス取引やつなぎ売りが可能かどうか、確認できるようになっており、株主優待を有利に得たい方にはSBI証券で信用取引をすることをオススメします。

夜間取引 PTS取引

PTSとは、日本証券業協会の定める「上場株券等の取引所金融商品市場外での売買等に関する規則」などにしたがって行われる取引所金融商品市場外取引のことです。

SBI証券のPTSの取引時間は、デイタイムセッション(昼間取引)は8:20~16:00、ナイトタイムセッション(夜間取引)は17:00~23:59です。

SBI証券のPTSでは8:20に開始されるので、株式市場が開始する9:00前までの相場状況を見ながら、一足早く投資をすることが可能です。

夜間取引は日中忙しい方に最適で、15:00に株式市場が終了した後の相場状況や海外の動向を見ながら、いち早く投資できるなどのメリットがあります。
またデイタイムセッションでは取引所よりも有利な値段で取引できる可能性があります。手数料は取引所取引よりも安く、SBI証券のPTSを利用するとさらに投資効果を得る可能性が高まります。

SBI証券 公式サイトでPTSをくわしく確認

立会外分売の取引

立会外分売とは取引所の取引時間外に行われる取引のことで、ある企業から大口の売り注文を受けた証券会社が投資家を募集し、多くの場合抽選で取引されます。

メリットは割引価格で購入でき、手数料は無料であること、72%以上の銘柄で分売実施日の終値が分売価格を上回っていることがあげられます。また立会外分売によって株主数が東証1部・2部などの上場基準を満たすことにより、分売実施企業が「市場替」や「指定替」するケースが多いので、立会外分売に参加すれば優良銘柄を得る可能性が高まります。

立会外分売取扱スケジュールは下記のようになっていて、申し込みは分売実施日前営業日18:00~分売実施日8:20までの間に、「立会外分売」取引画面から申し込みます。

SBI証券ではホームページに立会外分売のページを設け、新規の対象銘柄を公表するなど常に最新の情報提供をしていますので、ぜひご覧ください。

貸株サービス

貸株サービスとは個人投資家が保有している株式を証券会社に貸し出し、証券会社は機関投資家などに貸し出し利益を得るというものです。
株式を貸し出した個人投資家は代わりに所定の貸出金利を受け取れるので、銀行預金金利の低い現在ではとてもお得なサービスともいえます。

いくつかのネット証券が貸株サービスを行っていますが、SBI証券の貸株サービスは充実しています。

貸出金利は銘柄によって段階があり、一番低い銘柄で0.1%、次が0.4%、0.5%となっています。
さらに、プレミアム銘柄という制度があり、プレミアム銘柄に選ばれると最低貸出金利が1%で上限なしとなります。プレミアム銘柄はSBI証券にしかない制度です。

また貸出中でも株主優待や配当金を得られ、信用取引口座を貸株サービス中も利用できるので、信用取引の余剰株式を貸株に回し、貸出金利を得ることも出来ます。

貸株中の貸し出した株の売却は自由なので安心して貸し出すことも可能です。

SBI証券の株式投資のスマホ対応

株式売買ツール「HYPER SBI」などが充実しているSBI証券では、スマートフォン対応も充実しています。

国内株式銘柄のリアルタイム株価やチャート、国内外のマーケット情報やランキング情報、株主優待情報など豊富な投資情報が外出先でも簡単に見ることができます。
国内株式銘柄検索、ファンド検索、株主優待検索などの検索機能が付き、最大800銘柄までの国内株式、投資信託を登録することが可能となっています。

また9つの銀行からの即時入金指示ができ、ほかに出金指示や外国為替保証金取引(FX)口座、先物・オプション取引口座、CFD取引口座への振替指示などもできるので、外出先でも的確な取引が可能となっています。

SBI証券 公式サイトでくわしく確認

あなたの積み立てのお悩みは?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も