楽天証券で取引するメリットやデメリット-評判や口コミについて

楽天証券は、ネット通販や楽天カードでお馴染みの楽天グループの証券会社です。

投資商品の取扱数も数多く取り揃えられており、初心者から専業トレーダーにも人気があり、手数料も安い万能なネット証券です。

楽天証券のオススメポイント

・国内株式手数料が最低0円から

・取り扱い投資信託数が豊富

・楽天グループ自慢のポイントサービス

・商品ごとにデビューキャンペーンを実施中

楽天証券 公式サイトへ

楽天証券の株式投資の特徴

投資家の投資スタイルに合わせた手数料設定が特徴で、あまり取引を行わない一般投資家はもちろん、毎日何度も取引を行うデイトレーダーや、1度に何十万円単位で買い付けを行う大口投資家などそれぞれにピッタリのプランが用意されています。

その他の特徴としては、なんと言っても「マーケットスピード」でしょう。投資家の中には、このマーケットスピードが目的で楽天証券に口座を作った人もいます。マーケットスピードについては、後で詳しく取り上げます。

楽天証券は楽天グループなので、既に楽天銀行や楽天ポイントなどを活用している人には親和性が高いのも魅力です。
楽天のサービスを利用している人が投資を行う際には、楽天証券を最初の選択肢にしてもいいでしょう。

楽天証券を選ぶメリットは多いので、それぞれの項目について1つずつ紹介していきます。

楽天証券の株式投資

IPO

株式投資初心者でも利益を出しやすくて人気のIPOは、楽天証券でも取り扱われています。

一般の証券会社では、IPOの何割かは機関投資家や大口の優良顧客へと分配されます。
しかし、楽天証券の場合は100%全てが抽選に回されるので、個人投資家にとっては当選のチャンスが多くなります。

どの投資家も平等に抽選されるわけではありません。楽天証券では以下のように、取引手数料を多く払っている人ほど当選の確率が高くなります。

・過去6ヶ月間の月間平均手数料が10万円以上…当選確率5倍

・過去6ヶ月間の月間平均手数料が1万5000円以上…当選確率2倍

・それ以外…当選確率1倍

手数料だけで半年間1ヶ月あたり1万5000円や10万円を超えるのは、個人投資家にとってかなりハードルが高いでしょう。
しかし、IPOの当選にはできるだけ多くの証券会社に申し込んでおく必要があります。

楽天証券に口座を開設しておけば、確率は低くても抽選の申し込みはできます。

IPOに興味がある人は、楽天証券にも口座を作っておきましょう。

NISA

楽天証券でNISAを扱った場合、国内株式についての売買手数料は一切かかりません。
無料にするための条件は特にもなく、全ての投資家が無料となります。

また、楽天証券のNISA口座で海外ETFを購入した場合、購入手数料が全額キャッシュバックされます。

楽天証券で扱っている海外ETFはアメリカ、中国、シンガポールなので、これらを扱いたいのであれば楽天証券にNISA口座を作るといいでしょう。

ただし、キャッシュバックの対象になるのは「購入」手数料だけです。「売却」の際に支払う手数料はキャッシュバックの対象とならないので注意してください。

なお、国内株式も海外ETFも、カスタマーサービスセンターを通して行った取引については無料サービスが適用されません。

カスタマーサービスセンターを使う機会はほとんどないので実質的に問題はありませんが、一応覚えておくといいでしょう。

オリジナルツール

既に紹介したように、楽天証券は「マーケットスピード」というオリジナルトレードツールを提供しています。

このツールの魅力は自由なカスタマイズ性です。

プロのトレーダーは何台もディスプレイを並べてトレードに臨んでいますが、マーケットスピードでうまく設定をすれば、1つの画面で複数のウィンドウを見られるようにカスタマイズが可能です。

例えば見たい情報を1つの画面に4分割して並べる「カット画面」や、最大10分割まで可能な「マルチ画面」といった機能があります。

また、分割したページを15パターンまで登録でき、それぞれを呼び出すことで欲しい情報をすぐに見られます。

表示する内容も充実しており、20種類以上のテクニカルチャートや各種の情報、自分が見たい銘柄なども素早く確認できます。

さらに、マーケットスピードには「武蔵」という機能があります。これは、表示されている株価をマウスでドラッグ&ドロップすればすぐに注文できるシステムです。面倒な操作を排しつつ誤動作も防ぐという、迅速かつ安全な注文方法と言えます。

情報提供

楽天証券が特徴的なのは、マーケットスピード上に「日経テレコン」という有料ニュースサービスから配信される情報を「無料」で表示できる点です。

「日経テレコン」は日経新聞が提供している日本最大級の会員制データサービスで、以下のように多くの情報を取り扱っています。

・日経速報ニュース

・日本経済新聞

・日本金融新聞

・日経産業新聞

・日経MJ

・日経プラスワン など

日経テレコンは普通に申し込むと月額料金がかかってしまいますが、マーケットスピードを使っていれば「無料」となります。リアルタイムで配信される情報も多くあるので、デイトレーダーには必要不可欠のサービスです。

マーケットスピードを継続して無料で使うには以下のような条件がありますが、どれも難しいものではありません。

・初めて利用してから3ヶ月間は無料

・資産の残高が30万円以上あれば、次の月は無料

・過去3ヶ月に取引をしていれば、次の月は無料

・信用取引口座を開設した人は無料

信用取引口座を作れば取引実績がなくても半永久的に無料となるので、可能であれば信用取引口座を作りましょう。

アプリ

楽天証券はスマートフォンやタブレット端末向けアプリ「iSPEED」をリリースしています。

「iSPEED」は使いやすさに定評のあるトレードツールで、高機能かつ豊富な情報表示が特徴です。マーケット情報をほぼリアルタイムに受け取ることができ、四季報を含めた1000本以上のニュースをいつでもチェック可能なのは、投資を行う上で非常に役立ちます。

予め設定しておけば、指定した銘柄の株価や関連するニュースをアラート通知することも可能です。この機能をうまく活用すれば重要な情報やチャンスを逃すことなく投資に参加できます。登録できるお気に入り銘柄は最大1000件なので、多くの銘柄を同時に監視可能となります。

チャート機能も充実しており、15種類のテクニカルチャート分析が可能です。4画面分のチャート表示ができるので、一覧性も十分です。

注文は最短ワンタップで可能なので、買い時や売り時を逃さないのも嬉しいポイントです。

優遇サービスについて

楽天証券は主要ネット証券の中で最低水準の手数料を実施しています。また、「超割コース大口優遇」を受けることができれば、ただでさえ安い手数料が更に割り引かれます。

問題は大口優待のハードルの高さです。「まいにち判定コース」と「まいつき判定」がありますが、ともに目標値が高すぎます。以下の条件のうちどれか1つを満たさなければなりません。

「まいにち判定コース」

・信用取引において、その日の新規建玉約定金額の合計が5000万円以上

・15時時点での信用建玉残高が5000万円以上

・1ヶ月の新規建玉約定金額の合計が5億円以上

「まいつき判定コース」

・貸株において1ヶ月の平均残高が5000万円以上

・または投資信託において1ヶ月の平均残高が5000万円以上

一般投資家としては、楽天グループの共通ポイントである「楽天ポイント」を狙っていくのが現実的でしょう。「超割コース」を選べば、取引手数料の1%に相当する楽天スーパーポイントがもらえます。国内株はもちろん、海外株や投資信託もポイントの対象なので、お得にポイントを貯めることができます。

口座開設方法・流れ

口座開設と言うと、入力する項目が多すぎて大変というイメージがある人も多いでしょう。

しかし楽天証券の場合、楽天会員であれば1分足らずで申し込みを済ませることも可能です。

口座開設には個人番号を登録しなければなりませんが、スマートフォンがあれば前述のアプリ「iSPEED」を使い、アプリからマイナンバー登録が可能です。

楽天会員以外でも、インターネット経由であれば5分ほどで申し込みが完了します。

口座開設の審査自体も一般的なネット証券に比べれば早いので、短い待ち時間で投資を始めることができます。

また、楽天証券では未成年でも口座を開設することが可能です。「ジュニアNISA口座」を検討している場合は未成年口座が必要なので、同時に作っておきましょう。

申し込みを行えば、あとは必要情報が記載された書類が届くのを待つだけです。書類が届いたら口座にログインするために必要な情報を探し、開設された口座にログインしてください。

なお、届いた書類は大切なので、なくさないよう厳重に保管してください。

口座への入金・出金

楽天証券の口座に投資資金を入金する場合は、楽天銀行から行うと便利です。手数料無料で、入金すればリアルタイムに楽天証券の口座に反映されます。

もし楽天銀行に口座を持っていなくても、以下の提携金融機関の口座を持っていれば、楽天証券のウェブサイトから各金融機関のネットバンキングサービスを呼び出すことで入金が可能です。こちらも手数料無料でリアルタイムに口座に反映されます。

・ゆうちょ銀行

・三井住友銀行

・三菱東京UFJ銀行

・みずほ銀行

・ジャパンネット銀行

・セブン銀行

・りそな銀行

・埼玉りそな銀行

・近畿大阪銀行

・住信SBIネット銀行

・イオン銀行

その他、楽天証券の口座にはほとんどの金融機関から入金することが可能です。ただし金融機関ごとに定められた手数料が発生しますし、リアルタイムに口座に反映されません。15時以降に入金した場合は翌営業日以降に口座に反映されることになるので、できれば楽天銀行か提携金融機関のネットサービスを活用しましょう。

第3機関からの評価

楽天証券は、2017年6月時点で、証券会社格付けにおいて以下のような信用格付けがされています。

・日本格付研究所…A

・格付投資情報センター…A-(Aマイナス)

大手証券会社のランキングでは惜しくも11位となりトップテン入りを逃しましたが、大手ネット証券に限れば業界最高水準のランキングを達成しています。

日本格付研究所の「A」評価と格付投資情報センターの「Aマイナス」評価は、いずれも「安定的」という評価を示しています。

日本格付研究所のAランクとは、21段階評価中6番目に良い格付けで、格付投資情報センターのA-は21段階評価中7番目に良い格付けです。どちらの機関においても高い評価を得ていると言えます。

サポート体制

楽天証券では、通常のメールや電話によるサポートの他、「楽らくサポート」と「ドクター・ホームネット」という2つの特徴的なサポートサービスを行っています。

楽らくサポート

楽天証券カスタマーサービスセンターのオペレーターが、インターネットを通じて投資家のパソコンと同じ画面を見ながら操作方法などを説明してくれるサポートサービスです。

電話や文章だけではわかりづらかった部分が、実際の画面を確認しながら教えてもらうことでわかりやすく理解できます。利用料金は無料なので、わかるまで教えてもらうことも可能です。

ドクター・ホームネット

サポートをしてくれる職員が、実際に投資家の自宅まで来てくれて様々なサポートをしてくれるサービスです。

パソコンやインターネットに関するトラブル、またはマーケットスピードやiSPEEDといった取引ツールの使い方がサポート対象となります。こちらは有料となっているので、窓口に問い合わせたときに確認しておきましょう。

投資信託

楽天証券の投資信託は、業界屈指のラインアップを取り揃えています。中でも、買付け手数料無料のノーロードファンドを豊富に取り扱っています。

「投信積立」なら月々100円から積み立てが可能です。

楽天証券の投資信託

自動売買

楽天証券では、株式取引において自動売買プログラム等を実施しておりません。

しかしFXにおいては「楽天MT4」というサービスを提供しています。MT4とは「MetaTrader4」の略です。

「MetaTrader4」は世界中の投資家が使っている取引ツールです。これに「Expert Advisors」という自動売買プログラムを導入すれば独自の金融アルゴリズムによるシステムトレードを行うことができます。優れたカスタマイズ性を有しているため、投資家個人の考えや好みを反映して取引を行うように設定を変更することもできます。

また、50種類以上のテクニカルチャートを駆使して分析する機能もあるので、投資家としては是非押さえておきたいシステムと言えます。

この機能はFXに限定したサービスなので、他の株式投資や投資信託には使えないのが難点です。しかしFXに興味がある、または既に行っている人にはおすすめの自動売買ツールです。

AI関連

楽天証券には「楽ラップ」というロボ・アドバイザーサービスがあります。

最初に15個のアンケートに答えるだけで投資家の思考や性向を判断し、ロボットが自動的に最適な銘柄選択や分散投資を行ってくれるサービスです。アンケートの内容も投資とは関係ないものなので、初心者でも回答が可能です。

楽ラップには世界中のプロ投資家のデータが蓄積されています。そのデータに基づいて世界中の市場を自動的に分析し、日々の取引を行ってくれるので、まるでプロが自分の資産を運用してくれるような安心感のもとで投資を行うことができます。

楽ラップを使えば銘柄の入れ替えやメンテナンスといった煩わしいことに投資家が悩む必要はありません。プロの投資家に任せるよりも低額な手数料で、楽ラップが自動的に取引を行ってくれるのです。

初心者が下手に銘柄を選ぶよりも、適切に投資を行ってくれる楽ラップの方が手間とコストを抑えた効果的な投資をしてくれる可能性があります。是非一度試してみてください。

楽天証券の楽ラップ

会社概要

商号

 楽天証券株式会社
(英文:Rakuten Securities, Inc.)

金融機関コード

0661

設立

1999年(平成11年)3月24日

本店所在地

東京都世田谷区玉川 1-14-1

資本金

7,495百万円

株主

楽天株式会社(100%)

楽天証券 公式サイトへ

あなたのお金の貯め方・増やし方は?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も

ページの先頭へ