インヴァスト証券のマネーハッチは2017年7月24日に始まった新しいサービスです。

マネーハッチ(Money Hatch)には「お金をふ化させる、投資に対する殻を破ってほしい」という意味がこめられており、誰もが無理なく学びながら投資を体感できるサービスです。

とくに注目なのがクレジットカードを使用した際のポイントで投資の元金とするなど、投資資金ゼロ円から積立投資が始められることです。

投資対象は国内外のETFで週1回程度の自動売買と再投資で安定的な高いパフォーマンスが期待されます。

マネーハッチのおすすめポイント

・もとで資金ゼロからの資産運用

・インヴァストカードの還元率は1%

・ポイントを自動売買で運用できる

・世界株ETFで積立投資

・キャンペーン実施中

マネーハッチ 公式サイトへ

マネーハッチのしくみ

資金ゼロ → ポイントやキャッシュバック → 自動売買

通常の積立投資では、毎月定額を銀行口座から引き落として行うのが一般的です。

対してマネーハッチでは、インヴァスト証券が発行するインヴァストカードというクレジットカードを使用した際のポイントや、インヴァスト証券でFXトレードを利用した際のキャンペーンなどで得たポイントを元手に、国内外のETF(上場投資信託)にCFD(差金決済取引)を利用して自動的に積立投資していきます。

クレジットカードなどで得たポイントを元手に投資をするので、資金ゼロからの投資が可能になり、また失効しがちなクレジットカードのポイントの有効活用としても大いに注目されます。

マネーハッチ 公式サイトへ

マネーハッチの運用資金

マネーハッチの運用資金は、クレジットカードのポイントをはじめとして、数パターンあります。

基本的な資金源は、インヴァスト証券が発行するインヴァストカードを使用した際のポイントです。

インヴァストカードで買い物をすると100円ごとに1ポイントが付与され、1ポイントは1円として自動的にマネーハッチの取引口座に入金されます。

また、インヴァスト証券で「トライオートFX」、「シストレ24」、「くりっく365」などのサービスを利用している方は、それぞれのトレード額に応じた金額がマネーハッチの運用資金としてキャッシュバックされます。

インヴァスト証券のトライオートETF口座からの振替、銀行口座からの振替も可能となっています。

マネーハッチ 公式サイトへ

1.クレジットカードでのポイント獲得

インヴァストカードはポイント積立投資専用クレジットカードとして、株式会社ジャックスとの連携で誕生したカードです。

インヴァストカードのポイント還元率は1%と高率で、例えば1000円のものを購入すれば10円が投資資金としてキャッシュバックされます。

ショッピングをはじめ公共料金や保険の支払い、旅行などもインヴァストカードで決済すれば、年間かなりの金額が積立投資にまわせることになります。

例えば月間10万円をインヴァストカードで10年間使い続けると、ポイントキャッシュは総額12万円にのぼりますが、「S&P500ETF自動売買×1.2倍」という投資スタイルで、10年間積立投資を続けた場合の総資産は2倍以上になります。

これはあくまでも過去の投資結果からのシミュレーションですが、マネーハッチがいかに効率的な投資手法かが良くわかります。​

なお年会費は初年度無料で1回でも利用すれば次年度も無料となっています。

また2019年1月23日まではカード発行時に1,000円がインヴァスト証券の積み立て用口座(トライオートETF)にキャッシュバックされるので、すぐに積立投資が開始できます。

マネーハッチ 公式サイトへ

2.トレードからのキャッシュバック

インヴァスト証券の「トライオートFX」、「シストレ24」、「くりっく365」、「FX24」といったFXサービスで取引をされている方には、2017年12月31日までの期間、取引量に応じた金額がマネーハッチの積立原資としてキャッシュバックされるキャンペーンが行われています。

独自の自動売買と業界最狭水準スプレッドで知られる「トライオートFX」では1万通貨の取引ごとに10円が、ストラテジーとよばれる売買プログラムで24時間自動でFXの取引ができる「シストレ24」では1万通貨の取引ごとに30円が、マニュアル専用の店頭FXサービス「FX24」では1万通貨ごとに10円が、それぞれ積立原資としてマネーハッチの取引口座に入金されます。

また取引所FXである「くりっく365」では1万通貨ごとに30円がキャッシュバックされますが、最低取引単位が10万通貨の通貨ペアでは10万通貨あたりのキャッシュバック金額がマネーハッチの取引口座に入金されます。

マネーハッチ 公式サイトへ

3.銀行口座からの自動引き落とし

マネーハッチは一般の積立投資と同じく銀行口座からの自動引き落としも可能です。

引き落とし手数料は無料で銀行引き落としの登録方法も簡単ですので、インヴァスト証券で計画的に積立投資をしたい方にはこちらもおすすめです。

銀行引き落としは毎月指定された金額が毎月27日(銀行休業日の場合は翌営業日)に自動で引き落とされ、マネーハッチの積立原資として入金されます。

なお、銀行口座では最低設定額が10,000円ですので、10,000円未満で定期的に積立てたい方にはトライオートETF口座から振替えることをおすすめします。

4.トライオートETF口座からの振替

トライオートETFは、国内外のETFをCFD(差金決済取引)の形式で取引するインヴァスト証券のサービスで、マネーハッチで積立を行う際はトライオートETF口座を利用します。

トライオートETF口座からマネーハッチへの振替は500円から可能ですので、毎月小額で積立を行いたい方にはトライオートETF口座からの振替がおすすめです。

もちろんマネーハッチで積立をしながら、独自にETF銘柄を売買したり自動売買設定もできたりと、自由度の高い投資も可能です。ただし積立投資の指示や管理はマネーハッチからだけになります。

マネーハッチの投資手法

マネーハッチの投資先は、インヴァスト証券のトライオートETFで、国内外のETF(上場投資信託)です。
なかでも海外の株式を投資対象の海外ETFを中心とした銘柄が用意され、CFD(差金決済取引)による自動売買が行われるのが特徴です。

CFD(差金決済取引)を活用することで、海外のETFを0.1口と通常の1/10から買い付けができ、レバレッジも0.1倍から5倍まで設計可能なので、自由度の高い投資スタイルが可能となっています。

また、海外ETFにつきものの元本為替リスクもCFDを利用することで取り省き、為替による投資益の変動リスクを大幅に軽減しています。

さらに相場の上下の値動きを利用した売買を自動で行い、利益は再度投資に回すなどして、安定した高いパフォーマンスが期待されます。手数料も無料なので安心して長期的な積立が可能になっています。

マネーハッチの投資スタイル

マネーハッチでは投資初心者でも簡単に銘柄が選べるように、ローリスク・ローリターン型の「リスク重視」、ミドルリスク・ミドルリターン型の「バランス重視」、ハイリスク・ハイリターン型の「リターン重視」の3つの投資スタイルを用意しています。

「リスク重視」の銘柄は世界の約1000銘柄のハイイールド債に分散投資する「高利回り社債ETF自動売買」と「高利回り社債ETF自動売買×2倍」。

「バランス重視」の銘柄は世界46か国、世界2,400銘柄以上に分散投資する「世界株ETF自動売買」と「世界株ETF自動売買×1.5倍」。

さらに「リターン重視」の銘柄には日本株225銘柄に分散投資する「日経225ETF自動売買」と「日経225ETF自動売買×1.2倍」と、資産残高20兆円を超える世界最大のETF「S&P500ETF自動売買」と「S&P500ETF自動売買×1.2倍」があります。マネーハッチでは経験を増すごとに選択できる投資スタイルも増えてきますが、その運用方法はインヴァストNAVIの運用攻略ブログでアップデートされているので、参考になります。

マネーハッチ 公式サイトへ

マネーハッチのデメリット

マネーハッチではCFD(差金決済取引)を利用しているために通常のETFとは異なり、売値と買値の差であるスプレッドが手数料として発生します。

またCFDを利用することで元本為替リスクをゼロにしたり、レバレッジをかけることが可能になりますが、その為替ヘッジコスト+レバレッジコストとして建玉に1.25%+Liborが費用としてかかります。

ただしCFDのサービスを提供するほかの会社の多くが2%+Libor~3%+Libor程度なので、比較的低コストに抑えられているといえます。

※Liborとは…ロンドン市場における銀行間取引金利

マネーハッチまとめ

マネーハッチは元手ゼロ円から投資ができる画期的な資産形成サービスです。

特にクレジットカードに付与されたポイントの多くは失効されているケースが多いので、これまでポイントを無駄にしてきた方には大いにおすすめできます。

またクレジットカードのポイントをしっかりと使ってきた方にも、さらなる有効活用としておすすめのサービスといえます。

投資初心者の方が投資の学びの場としても有効ですし、ベテランの投資家の方もクレジットカードのポイントで投資ができるとなれば、興味を持たれるのではないでしょうか。

今ならインヴァストカードを作成するだけで1,000円がマネーハッチの原資としてキャッシュバックされるので、これを機会にマネーハッチで資産形成を始めてみてはいかがでしょうか。

マネーハッチ 公式サイトへ