DMM.com証券は株式やFXの手数料が業界トップクラス

株式会社DMM.com証券は2006年12月6日にDMM FX HDグループが提供する証券会社として設立されました。

提供サービスは2020年3月時点で外国為替証拠金取引(FX)、CFD取引、株取引のほか、競争用場ファンド取引のBANUSYとなっています。

DMM.com証券が取扱う金融商品取引サービスで共通していることはいずれの商品も取引コストが業界最安水準という点です。

DMM.com証券のおすすめポイント

・株式取引手数料は業界最安水準!

・FX口座数は国内No.1

・競走馬用ファンドDMMバヌーシーも提供

(※2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ)

DMM 株 公式サイトへ

DMM.com証券はFX口座数国内第1位

DMM.com証券はDMMFXと外為ジャパンFXという2種類のFX口座を提供しており、2つの口座数を合算してFX口座数国内第1位(※2020年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ)です。

それぞれのFX口座の特長を見てみましょう。

DMM FX

DMMFXは取引手数料が無料です。

また、FXでは取引時スプレッドという取引コストが発生しますが、DMMFXは主要通貨ペアにおけるスプレッドが業界最狭水準となっています。例えば米ドル円の場合0.2銭(原則固定※例外あり)となっているため、取引コストを抑えることができます。

DMM FX 公式サイトへ

DMM FX通貨ペア別スプレッド(原則固定※例外あり)(※2020年3月時点)

 

米ドル円

0.2銭

豪ドル米ドル

0.9pips

ユーロ円

0.5銭

NZドル米ドル

1.6pips

英ポンド円

1.0銭

米ドルスイスフラン

1.6pips

豪ドル円

0.7銭

米ドルカナダドル

1.8pips

NZドル円

1.2銭

ユーロ英ポンド

1.0pip

スイスフラン円

1.8銭

ユーロ豪ドル

1.5pips

カナダドル円

1.7銭

ユーロNZドル

3.5pips

南アランド円

1.0銭

ユーロスイスフラン

1.8pips

ユーロ米ドル

0.4pips

英ポンド豪ドル

1.6pips

英ポンド米ドル

1.0pip

英ポンドスイスフラン

2.8pips

(※相場急変時は原則固定スプレッドが適用対象外となる場合があります。最新の状況は必ず公式サイトを御確認ください)

また、選べる複数のPC取引システムに加えてiPhoneとAndroidのスマートフォンで利用可能な取引アプリも提供しています。

DMM スマホアプリ

アプリではワンタッチ注文や入出金のほか、テクニカル指標が多数搭載されたチャート機能も利用することができるため本格的なチャート分析が可能です。

無料で利用できるため、取引チャンスを逃すことのないようDMMFXで取引を行う場合にはダウンロードしておくようにしましょう。

DMM FX 公式サイトへ

外為ジャパンFX

外為ジャパンFX

外為ジャパンFXもDMM FXと同じく取引手数料無料、スプレッドは業界最狭水準となっています。

DMM FXと異なる点は取引数量にあり、DMM FXは最小取引単位が1万通貨以上となっていますが、外為ジャパンはさらに少量の1,000通貨単位での取引が可能となっているため、DMM FXに比べて少ない証拠金で取引を行うことができます。

24時間の電話サポートやLINEでの問い合わせも対応しているため、少額取引可能という点と併せるとFX初心者にはDMMF Xより外為ジャパンFXの方がおすすめと言えるでしょう。

DMM株も国内株式手数料業界最安水準

株式投資

DMM.cm証券は2018年から株式取引も取り扱いを開始しました。

DMM株では株式では国内株式、ETF、ETN、REIT、IPOのほか、米国株式、米国ETF、ADRを取り扱っており、その他にも信用取引やNISA/ジュニアNISAを提供しています。

DMM株の国内株式取引手数料を見ておきましょう。

DMM株の取引手数料は1注文の約定金額ごとに手数料が異なります。

DMM株国内株式1約定ごとの手数料

約定代金

手数料(税別)

~5万円以下

50円

~10万円以下

80円

~20万円以下

97円

~50万円以下

180円

~100万円以下

340円

~150万円以下

400円

~300万円以下

600円

300万円超

800円

1約定が5万円までならば50円(税別)で取引を行うことができます。

さらにDMM株では取引手数料に掛かった金額の1%がDMM株ポイントとして貯まり、1ポイント1円換算で1,000ポイント以上から現金へ交換し利用することができます。

取引回数が多い方や取引金額が多い方はトータルの取引コストを抑えることができるため、DMM株はおすすめと言えるでしょう。

DMM 株 公式サイトへ

DMM.com証券ではCFDも取引できる

DMM CFD

DMM.com証券ではCFDも取引を行うことができます。

CFDとはContract For Differenceの略称であり金融商品の現物を保有することなく、価格の変動方向を予測して取引する差金決済取引のことで、厳密に言えばFXもCFDの一部と言えます。

DMM.com証券のCFDでは指数取引では日経225種株価指数(JPN225/JPY)、ダウ工業株30種平均(USDJ30/USD)、ナスダック100指数(NDQ100/USD)、米国SPX500指数(SPX500/USD)の4銘柄、コモディティでは金/米ドル(GOLD/USD)、銀/米ドル(SILVER/USD) 、原油/米ドル(OIL/USD)の3銘柄の合計7銘柄を提供しています。

DMM CFD 公式サイトへ

DMMCFDの取引コストを確認しておきましょう。

DMM CFD-Indexスプレッド(原則固定※例外あり)

JPN225/JPY

7.0円

USDJ30/USD

3.0pips

NDQ100/USD

2.0pips

SPX500/USD

0.5pips

DMM CFD-Commodityスプレッド(原則固定※例外あり)

OIL/USD

3.9pips

GOLD/USD

1.2pips

SILVER/USD

5.4pips

(※相場急変時は原則固定スプレッドが適用対象外となる場合があります。最新の状況は必ず公式サイトを御確認ください)

FXと同じく取引手数料無料でスプレッドも安価に提供しているため、取引の幅を広げたい方にはDMMCFDが取引コストも抑えられオススメです。

DMM CFD 公式サイトへ

競争用馬ファンドDMMバヌーシー

DMMバヌーシー

DMMバヌーシーは競争用馬ファンドです。

出資者はDMMバヌーシーで募集が行われている馬の情報をもとに出資を行うことで、レースの結果に応じて発生した奨励金や出走手当などの分配金を受けるとことができたり、抽選で馬主席での観覧や優勝時口取り式への参加、所属馬の馬主提案や競走馬の記念品プレゼントなどを受けることができます。

また、自身が出資する所属馬の近況動画(タイムライン)の視聴やコメント投稿、レポートの閲覧等ができるため、競走馬が好きな方にとってはわが子のように成長を見守りながら応援することができます。

口座開設方法・流れ

DMM.com証券の口座開設はインターネット経由で行うことができます。

各サービスごとの口座開設フォームもありますが、まとめて口座開設を行うこともできます。

各サービスとも口座開設の流れはほぼ同様となっており、必要書類の確認・承諾後、個人情報を入力し、DMM.com証券が定める本人確認書類、マイナンバー確認書類をアップロードするか、メール、FAX、郵送いずれかの方法で提出し、審査完了後サービス利用を開始することができます。

なお、スマートフォンでスピード本人確認を行うことで本人確認をオンライン上で完結することができ、最短即日からサービスを利用することができます。

DMM口座開設

自宅での郵送物の受取りのも不要となります。

いち早くサービスの利用開始したい方はスピード本人確認を利用すると良いでしょう。

会社概要

商号

株式会社DMM.com証券

金融機関コード

設立

平成18年12月6日

本店所在地

〒103-6026
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 26階

資本金

73億9千万円

株主

株式会社DMM FXホールディングス 100%
あなたのお金の貯め方・増やし方は?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も

ページの先頭へ