支払いに現金を使わない「キャッシュレス」が世界中で広がっています。

日本政府もインバウンド消費の拡大や現金管理コスト削減のためにキャッシュレスを推奨し始め、消費者へのポイント還元などさまざまな優遇措置が検討されています。

携帯電話が普及していた時代には「おサイフケータイ」という便利な支払い方法が利用されてきました。

今の主流はスマートフォンになり、アプリを活用した支払いサービスが用意されています。

金融機関だけではなく、さまざまな企業が「スマホ決済」のサービスを提供しています。

それぞれの特徴やメリットを理解し、自分にあった「スマホ決済」を利用して、お得で便利な支払いサービスを活用しましょう。

スマホ決済の基本的なしくみ

「スマホ決済」は、文字通りにスマホのアプリを使って、店舗での商品購入やサービス利用の際に現金の代わりに支払いを行います。

スマホ決済は、大きく分けて「QRコード決済」「非接触型IC」の2種類のサービスが提供されています。

両者の違いは決済情報伝達の方法で、QRコードやバーコードを使うか、ICチップを使うかです。

1.QRコード決済

スマホにQRコードを表示して店舗の端末で読み取るか、店舗のQRコードを読み取って自分のスマホで決済を行うのが「QRコード決済」です。

サービス名

・LINE Pay
・楽天ペイ
・PayPay
・d払い
・Amazon Pay
・Origami

メリット

・ポイントのキャッシュバックがある
・支払い方法が現金よりも簡単
・支払いの他に、割り勘や友達に送金ができるサービスもある

デメリット

・スマホの充電が切れると使用出来ない
・事前にお金のチャージが必要なサービスもある
・セキュリティが弱い
・利用可能店舗数が少ない

2.非接触型IC

日本では「おサイフケータイ」として一般的に使われており、支払い方法としてSuicaや楽天Edyなどの電子マネーや、ドコモのiDで決済が行われていました。

スマホではアップルのApple Pay、グーグルのGoogle Payが利用でき、電子マネーやクレジットカードを登録して、スマホアプリで決済が行えます。

サービス名

Apple Pay

Apple Payはサービス自体が決済を行うものではなく、登録したクレジットカードや電子マネーで決済を行うアプリです。
日本で発行されているクレジットカードの多くが登録可能です。

【対応 電子マネー】

Suica、iD、QUICPay

Google Pay

Google Payは、Apple Payと同様に登録したクレジットカードや電子マネーで決済を行うアプリです。
対応電子マネーの種類が多く、Apple Payでは使えないQUICPayにも対応しています。

【対応 電子マネー】

楽天Edy、nanaco、Suica、WAON、QUICPay

メリット

・支払いがタッチするだけで素早く簡単
・電子マネーやクレジットカードなど、利用可能な決済方法が多い
・利用可能店舗数が多い
・セキュリティが高い

デメリット

・事前にお金のチャージが必要なサービスもある
・スマホの充電が切れると使用が出来ない

スマホ決済の選び方

1.ポイント還元

クレジットカードが普及した要因の一つに「ポイント制度」があります。
これは、利用した代金の数%がポイントとして貯まり、商品券や飛行機のチケットなどに利用できるサービスです。

スマホ決済でも、似たようなポイント還元が行われており、ポイントがキャッシュバックされた場合には、そのまま支払いに利用ができたり、送金ができたりします。

還元率が一時的に大きくなるキャンペーンなども行われていますので、お得に有効活用しましょう。

また、チャージをクレジットカードで行うことでポイントの2重取りも可能です。

サービス名ポイント還元率
LINE Pay0.5~5%
PayPay0.5%
楽天ペイ0.5%
d払い0.5%
Origami Pay店舗によって異なる即時割引
Amazon Pay利用クレジットカードのみの還元

2.利用可能店舗やサービスの数

どんなに便利でお得な支払いサービスでも、利用できる店舗が少ない場合は利用する機会がありません。

自分が日常的に多く利用している、コンビニや飲食店。買い物で利用する店舗などで、利用可能なサービスを選びましょう。

サービス名利用加盟店舗数
LINE Pay9万4千ヶ所(18年7月現在)
PayPay非公表
楽天ペイ120万ヶ所(18年11月現在)
d払い1万7千ヶ所(18年9月現在)
Origami Pay非公表
Amazon Pay非公表

3.決済以外で使える便利機能

同じサービスを利用している友だち同士なら、送金、送金依頼、割り勘が簡単にできるなどの付加サービスを利用することができます。

サービス名その他のサービス
LINE Pay送金、送金依頼、割り勘 機能
PayPayPayPay残高の個人間送金
楽天ペイ
d払い
Origami Pay割引クーポン配布
Amazon Pay

スマホ決済おすすめランキング[2019年]

QRコード決済アプリをランキング形式で紹介します。

1.LINE Pay

LINE PAY

・ポイント還元は最大で5%
・クレジットカードがなくても利用可能
・LINE Pay カードはJCB加盟3,300万店以上で使える
・個人間送金ができて便利

LINE Pay

支払いのタイミング前払い
利用可能店舗数

9万4千ヶ所
ローソン、ロフト、サンドラッグなど

支払い方法銀行からチャージ
LINE PAYカード
QUICKPay
ポイント還元0.5~5%

LINE Payは、LINEユーザーならアプリからすぐに利用ができるサービスです。

アカウントを開設すると、すぐにコード支払いや請求書支払いが利用できるようになります。

銀行口座やLINE Payカードから事前にお金をチャージするプリペイド式の決済です。

「送金、送金依頼、割り勘」という、個人間でのお金のやり取りができる便利な機能がついています。

マイカラーというランクに応じて、0.5~2%の還元率でLINEポイントが付与されます。
2019年8月まで、コード支払いを行った場合に、マイカラーのポイントに3%が上乗せされてポイントが付与されます。

【LINE Payにおすすめのネット銀行】

LINE Payにチャージするなら「イオン銀行」がオススメです。
「イオン銀行Myステージ」のランクが上がると、普通預金の金利が最高0.12%になります。
メガバンクの金利が0.001%なので、約120倍の金利です。
年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」を持つことで、金利アップの他にも、ATM出金手数料が無料、振込手数料が無料になる特典があります。

2.PayPay

PayPay

・新規登録で残高に500円プレゼント
・支払いで0.5%還元
・利用手数料は無料
・クレジットカードの複数設定が可能

PayPay

PayPay Android用

PayPay iOS用

支払いのタイミング前払い
後払い
利用可能店舗数

支払い方法銀行からチャージ
クレジットカード
ポイント還元0.5%

PayPayは、ソフトバンクとヤフーが株主のモバイルペイメント会社が提供するサービスです。

2018年12月には「100億円あげちゃうキャンペーン」で話題となりました。

QRコードを店舗が提示する方法と、消費者側が提示する方法の2種類の決済方法があります。

現金のチャージは銀行口座かYahoo!マネーから行うことが出来ます。

クレジットカードでのチャージは、Yahoo! JAPANカードのみがチャージすることが可能です。
今後も様々なキャンペーンが行われることが予想されます。お得にPayPayを利用するために準備しておきましょう。

PayPay Android用

PayPay iOS用

 

3.楽天ペイ

楽天ペイ

・ポイント還元は0.5%
・楽天スーパーポイントが使えて貯まる
・利用可能店舗が豊富
・利用手数料は無料

 

支払いのタイミング後払い
利用可能店舗数

120万ヶ所
楽天カード、楽天Edyなどが使える店舗

支払い方法クレジットカード
デビットカード
ポイント還元0.5%

楽天ペイ

楽天ペイ200円利用ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント付与されます。

楽天カードや楽天Edyが利用可能な店舗でも楽天Payが利用でき、コンビニやタクシーなど利用対象店舗が多いのが特徴的です。

さまざまジャンルの店舗でポイントバックが行われています。

2018年2月28日(木)まで、コンビニの初利用で最大400ポイントがプレゼントされるキャンペーンが行われています。

楽天Payを利用するなら楽天カードが必須です。
楽天Payの支払いで0.5%、楽天カードの支払いで1%の楽天スーパーポイントが貯められるので、合計1.5%の還元率となります。

4.d払い

d払い

・ポイント還元は0.5%
・携帯電話料金と合算して支払いが可能
・貯めたdポイントで支払いが可能
・クレジットカードの登録不要

d払い

支払いのタイミング後払い
利用可能店舗数

約1万7千ヶ所
ローソン、ツルハ、高島屋など

支払い方法クレジットカード
携帯電話料金に合算
dポイントで支払い
ドコモ口座残高を支払いに充当
ポイント還元0.5%

dアカウントがあれば、ドコモ回線の契約がなくても利用が可能。

200円の利用につき1ポイントのdポイントを還元。

QRコードは店舗には表示されず、自分のスマホ端末のコードを読み取る方式のみになっています。

ドコモの回線を契約していれば、毎月の電話料金と合算して支払いが可能です。

d払い決済での還元率は0.5%ですが、dポイントカードを提示すると100円ごとに1ポイントが付与されて、あわせて1.5%の還元率になります。

5.Origami Pay

origami pay

・各店舗で独自の即時割引
・割引クーポンの利用が可能
・複数のクレジットカードが登録可能

Origami

支払いのタイミング即時払い
後払い
利用可能店舗数

約2万ヶ所
ローソン、日本交通、ケンタッキーなど

支払い方法クレジットカード
銀行口座からの即時引き落とし
ポイント還元即時割引

Origami Payは、ポイントのキャッシュバックはありませんが、即時割引というサービスが特徴です。

店舗によって、初回は10%で通常は2%オフなど、それぞれの店舗で独自の割引を行っています。
現金で値引きされるのは大きなメリットです。

Visa、Mastercard、JCB、アメックス、ダイナースクラブ、Discoverという国際ブランドに対応している点もメリットといえるでしょう。

6.Amazon Pay

amazon pay

・Amazon Mastercardなら 1%還元
・Amazonアカウントがあればすぐに利用可能
・ネットショピングでも利用可能

amazon pay

支払いのタイミング後払い
利用可能店舗数

数十店舗

支払い方法クレジットカード
ポイント還元Amazon Mastercardの場合 1%

Amazon Payは日常的にamazonを利用している方ならすぐに利用が可能なサービスです。

他のスマホ決済サービスと同様にQRコードでの決済が可能ですが、ポイントのキャッシュバックがありません。
使用されたクレジットカードの還元だけがポイントとして貯められます。

Amazon Payは、他のネットショッピングサイトで会員登録をしなくても、amazonのIDでそのまま決済が行うことができるのがメリットです。

スマホ決済おすすめランキング まとめ

どのスマホ決済を選べばよいのかは、自分の生活スタイルをチェックする事が大切です。

日常生活を振り返ってみて、どんな店舗やサービスを利用しているかを考えてみましょう。

現金で支払ってもポイントなどのキャッシュバックをもらえることはありません。

今まで何となくクレジットカードを使いたくなかったという方でも、銀行口座からのチャージなどでスマホ決済を利用することができます。

還元率アップなどのキャンペーンも行われていますので、お得に活用しましょう。

サービス名ポイント還元率付帯サービス支払い方法支払いタイミング
LINE PAY0.5~5%個人間送金銀行口座からチャージ
LINE Payカード
QUICPay
前払い
PayPay0.5%なし銀行からチャージ
クレジットカード
前払い
後払い
楽天ペイ0.5%なしクレジットカード
デビットカード
後払い
d払い0.5%なしクレジットカード
携帯電話料金に合算
dポイントで支払い
ドコモ口座残高を支払いに充当
後払い
origami pay店舗ごとで即時割引割引クーポン配信銀行口座からの即時引き落とし
クレジットカード
即時払い
後払い
amazon payAmazon Mastercardの場合 1%なしクレジットカード後払い