2018年にスタートして、投資家に人気となっているのが少額投資非課税制度である「つみたてNISA(ニーサ)」です。

日本では貯金をしている人の割合が多く、投資は一部の人しか利用していない状態が続いています。
しかし、超高齢化社会に進みながら人口も減少傾向になり、年金などの不安も広がりつつあり、若年層の将来への不安も高まっています。

そこで政府が、初心者でも安心して資産運用や投資ができるように「厳選した投資信託」を活用して、資産形成を行えるように税制優遇制度を整えたものが「つみたてNISA」です。

つみたてNISAの口座を開設して、いざ積み立て投資を始めようと思っていても、実際にどんな投資信託を購入したらいいのかで悩む方が多いようです。

このページでは、投資初心者の方でも、つみたてNISA口座を有効活用できる金融商品の選び方を紹介し、それぞれの投資スタイルに合わせたおすすめ銘柄・ファンドを紹介しています。

つみたてNISA(ニーサ)の特徴

1.利益が非課税

通常、貯金や投資で得た利益には、20.315%税金が発生します。

例えば、1年で10万円の利益が出た場合、税金で20,315円がひかれ、手元に残るのは79,685円となります。

つみたてNISAの口座で利益が出た場合、この税金が引かれませんので、10万円がそのまま利益として手元に残るのです。

2.少額から積立投資できる

NISA口座では投資金額の上限が決まっていますが、必ず使わなければならない訳ではありません。

証券会社によっては、最低の積立金額が「100円」からでも購入が可能です。

証券会社

最低投資金額

SBI証券

100円

楽天証券

100円

マネックス証券

100円

3.分散投資でリスクを低くできる

株式投資の場合は、1銘柄の購入単価が最低でも数万円以上と高くなっているので、ひとつの銘柄に投資資金が集中してしまいます。
すると、購入した銘柄の価格が下落した場合は、資産全体が値下がりすることになります。

投資信託は、複数の銘柄に分散した商品なので、下落してしまった銘柄があっても、他の上昇した銘柄で損失をカバーすることができます。

また、複数の資産や複数の国に投資することで、リスクを軽減できる効果があります。

(引用:あおぞら銀行

つみたてNISAと一般NISAの違い

つみたてNISANISA
投資金額上限(年間)40万円120万円
非課税運用期間20年間5年間
制度終了予定2037年2023年
投資対象一部の投資信託・ETF株・投資信託・ETF・REIT
購入方法継続的な積み立て一括購入
資産の引き出し自由自由

つみたてNISAを活用する商品選びポイント

つみたてNISAは、金融庁の厳しい審査基準をクリアした、長期的な資産運用に適した投資信託とETFのみが投資の対象となっています。

1.投資対象と運用手法

市場平均を目標とするインデックスファンドと、市場平均を上回る事を目標とするアクティブファンドから、自分が取れるリスクと希望するリターンを考えながらファンドを選びましょう。

インデックスファンドの特徴

・TOPIXや日経225など、指数に連動するような動きになるようにプログラムが投資先を決定します。

・投資対象となる商品は分散されて、市場全体の値動きに連動します。

・販売手数料が無料のノーロードが利用できる。

アクティブファンドの特徴

・投資先はファンドマネージャーが決めて運用します。

・ファンドマネージャーの能力によって成績が変わります。

・ファンドマネージャーの手数料がかかるのでコストが高い。

インデックスファンドとアクティブファンド

インデックスファンドとアクティブファンドのどちらが成績が良いのでしょうか?

株価等の値動きを予測することはプロでも至難の業です。スタンダード・アンド・プアーズ・グローバル社の調査で「2001年~2016年では、アクティブ運用の約92%がインデックス運用に負けている」というデータが発表されています。

「アメリカ大型株に投資するアメリカ国内のアクティブファンド」と、アメリカの大型株の「インデックス S&P500」を比較した場合は、以下のようになっています。

運用期間負けたアクティブファンドの割合
5年88.30%
10年84.60%
15年92.15%

(参考:SPIVA®Japan Scorecard(2016)

コストが高く、さらに運用成績も負けているアクティブファンドですが、一部には高いリターンを生み出しているアクティブファンドも存在します。

アクティブファンドで運用する場合には、商品の選択を慎重に行いましょう。

2.手数料、コストの考え方

つみたてNISAで購入できる投資信託は、購入手数料が無料のノーロードのファンドが厳選されています。
また、毎月発生する信託報酬も、低水準のファンドが選ばれています。

しかし、最長20年に渡って運用する商品に発生する手数料なので、少しでも安い手数料のファンドを選びましょう。

(引用:金融庁「つみたてNISA早わかりガイドブック」)

上記の場合、100万円の資金を1.5%と2.5%の「1%」違う信託報酬で20年運用したケースでは、約33万円の違いが発生しています。
信託報酬はなるべく安価なファンドを選びましょう。

つみたてNISAおすすめの銘柄・ファンドランキング

運用スタイル別に、コスト、純資産総額やトータルリターンを考慮したおすすめランキングを紹介します。

【インデックス型】おすすめランキング

1.eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

ファンド名運用会社モーニングスターカテゴリ
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス三菱UFJ国際投信国際株式・グローバル・除く日本(F)

(引用:住信SBI証券)

純資産信託報酬基準価額
155億円0.11826%以内11,525円

トータルリターン

1年3年設定来
9.05%-%13.75%

基準価額騰落率

1年3年設定来
+9.31%-%+16.25%

2.ニッセイ外国株式インデックスファンド

ファンド名運用会社モーニングスターカテゴリ
<購入・換金手数料なし>
ニッセイ外国株式インデックスファンド
ニッセイ・アセットマネジメント国際株式・グローバル・除く日本(F)

(引用:住信SBI証券)

純資産信託報酬基準価額
918億円0.20412%以内15,254円

トータルリターン

1年3年設定来
8.94%4.67%50.56%

基準価額騰落率

1年3年設定来
+9.19%+16.07%+51.75%

3.楽天・全米株式インデックス・ファンド

ファンド名(愛称)運用会社モーニングスターカテゴリ
楽天・全米株式インデックス・ファンド
(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))
楽天投信投資顧問国際株式・北米(F)

(引用:住信SBI証券)

純資産信託報酬基準価額
141億円0.1696%程度10,773円

トータルリターン

6ヶ月-年設定来
0.23%-%6.59%

基準価額騰落率

6ヶ月-年設定来
+0.16%-%+7.73%

インデックスファンドまとめ

順位ファンド名
信託報酬純資産
1eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
0.11826%以内155億円
2<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
0.20412%以内918億円
3楽天・全米株式インデックス・ファンド
(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))
0.1696%程度141億円

【バランス型】おすすめランキング

1.三菱UFJ国際-eMAXSIS Slimバランス(8資産均等型)

ファンド名運用会社モーニングスターカテゴリ
三菱UFJ国際-eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)三菱UFJ国際投信バランス

(引用:住信SBI証券)

純資産信託報酬基準価額
132億円0.1728%以内10,521円

トータルリターン

6ヶ月1年設定来
-2.93%3.74%4.64%

基準価額騰落率

6ヶ月1年設定来
-3.49%+4.07%+5.01%

2.大和-iFree 8資産バランス

ファンド名運用会社モーニングスターカテゴリ
iFree 8資産バランス大和投信バランス

(引用:住信SBI証券)

純資産信託報酬基準価額
82億円0.2376%11,522

トータルリターン

6ヶ月1年設定来
-2.89%3.53%14.54%

基準価額騰落率

6ヶ月1年設定来
-3.43%3.88%+15.17%

3.<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスF 4資産均等型

ファンド名(愛称)運用会社モーニングスターカテゴリ
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスF 4資産均等型ニッセイ・アセットマネジメントバランス

(引用:住信SBI証券)

純資産信託報酬基準価額
23億円0.23652%以内11,254円

トータルリターン

6ヶ月1年設定来
-2.44%4.58%12.47%

基準価額騰落率

6ヶ月1年設定来
-3.62%4.29%+11.45%

バランスファンドまとめ

順位ファンド名
信託報酬純資産
1三菱UFJ国際-eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)
0.1728%以内132億円
2iFree 8資産バランス
0.2376%82億円
3<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスF 4資産均等型
0.23652%以内23億円

【アクティブ型】おすすめランキング

1.ひふみプラス

ファンド名運用会社モーニングスターカテゴリ
ひふみプラスレオス・キャピタルワークス国内小型グロース

(引用:住信SBI証券)

純資産信託報酬基準価額
5,965億円1.0584%40,910円

トータルリターン

3年5年設定来
16.58%22.83%323.67%

基準価額騰落率

3年5年設定来
+52.20%+155.13%+309.10%

2.年金積立Jグロース

ファンド名(愛称)運用会社モーニングスターカテゴリ
年金積立 Jグロース(つみたてJグロース)日興アセットマネジメント国内大型グロース

(引用:住信SBI証券)

純資産信託報酬 (税込)/年基準価額
279億円0.8856%24,666円

トータルリターン

3年5年設定来
7.44%15.02%156.48%

基準価額騰落率

3年5年設定来
+20.82%+83.88%+147.60%

3.大和住銀DC国内株式ファンド

ファンド名運用会社モーニングスターカテゴリ
大和住銀DC国内株式ファンド大和住銀投信投資顧問国内大型バリュー

(引用:住信SBI証券)

純資産信託報酬 (税込)/年基準価額
135億円1.03%12,979円

トータルリターン

3年5年設定来
3.27%9.84%32.66%

基準価額騰落率

3年5年設定来
+8.75%-%+29.79%

アクティブファンドまとめ

順位ファンド名
信託報酬純資産
1ひふみプラス
1.0584%5,965億円
2つみたてJグロース
0.8856%279億円
3大和住銀DC国内株式ファンド
1.03%135億円

つみたてNISAを行うならネット証券がベスト

つみたてNISAは、店舗型の証券会社、銀行やネット銀行などの金融機関で始めることができます。

中でも取扱商品数や積立方法が豊富で投資信託の最低投資額が低いネット証券がオススメです。

ネット証券でもそれぞれ取扱商品やサービス内容が違いますので、違いを確かめて自分にあった証券会社を選びましょう。

楽天証券SBI証券マネックス証券松井証券
インデックス型投信137本137本133本133本
アクティブ型投信13本13本12本13本
ETF0本0本0本0本
ポイントサービス
アドバイスツール
最小積立金額100円100円100円100円
積立設定毎日、毎月毎日、毎週、毎月毎月毎月