株式投資を始める場合、購入資金として最低でも数万円ほどが必要になります。
有名で人気があって、株価の高い企業の場合には100万円以上もの資金が必要な場合もあります。

大金を投資して株価が下がった場合の損失を考えてしまって、なかなか投資には手を出せない方も多いと思います。

そんな投資初心者の方におすすめな株式投資が「ミニ株」「単元未満株」です。

ミニ株は、一般的な株式を少ない株数でも購入できる仕組みです。
少ない株数で購入できるということは、少額からの投資が可能という事です。

有名な会社の株式が、1万円以下の金額で購入できる場合もありますので、元手の少ない方や失敗して大きな損失を出したくない方にもおすすめです。

ミニ株・単元未満株・るいとうの違い

通常よりも少ない株式数で取引出来る方法には、「単元未満株取引」「ミニ株(株式ミニ投資)」「るいとう(株式累積投資)」の種類があります。

単元未満株取引ミニ株
(株式ミニ投資)
るいとう
(株式累積投資)
最少売買単位1株単元株数の10分の1金額に応じた単位(1万円から)
株式の名義自分証券会社証券会社
取り扱い銘柄数市場のほぼすべての銘柄(約3,000銘柄)証券会社が指定した銘柄(約2,000銘柄)証券会社が指定した銘柄(約2,000銘柄)
売買タイミング1日1~2回(午前、午後の始値)1日1回(午前の始値)月1回、あらかじめ決められた日
配当金もらえるもらえるもらえるが、再投資資金になる
株主優待企業によってもらえる可能性があるもらえないもらえない

ミニ株で証券会社を選ぶポイント

ミニ株や単元未満株の購入で、証券会社を選ぶポイントは下記になります。

1.売買単位

2.売買手数料

3.取扱銘柄数

4.配当金や株主優待の扱い

1.売買単位

通常の株式の売買では、100株などの決められた単位で売買が行われますが、ミニ株であれば「1株」からでも購入することが可能です。

スマホ証券のOne Tap BUY(ワンタップバイ)は、正確な分類ではミニ株ではありませんが、最小投資金額はミニ株よりもさらに小さく「1,000円」から、有名企業に投資を行うことが可能です。

証券会社名サービス名最小売買単位
One Tap BUY
(ワンタップバイ)
One Tap BUY1,000円
SBI証券S株1株
マネックス証券ワン株1株
カブドットコム証券プチ株1株
岡三オンライン証券単元未満株1株
SMBC日興証券キンカブ500円

(2019年11月4日 現在)

2.売買手数料

株式を購入するためには、証券会社に売買手数料を支払わなければなりません。

積立の場合は、購入するたびに手数料がかかります。無駄なコストを減らすために、手数料の安い証券会社を選ぶとよいでしょう。

証券会社サービス名取引手数料(税込)
One Tap BUY
(ワンタップバイ)
One Tap BUY約定代金×0.5~0.7%
SBI証券S株約定代金×0.55%(最低手数料55円)
マネックス証券ワン株約定代金×0.55%(最低手数料は55円)
カブドットコム証券プチ株約定代金×0.5%(最低手数料は48円)
岡三オンライン証券単元未満株約定代金が2万円まで220円、3万円まで330円、10万円まで660円、以降10万円ごとに増加で660円ずつ加算。
SMBC日興証券キンカブ・100万円以下
買付0.0%、売却0.5%
・100万円超
買付1.0%、売却1.0%

(2019年11月4日 現在)

3.取扱銘柄数

証券会社によって、取り扱っている銘柄が異なります。

自分が買いたいと思っている企業の株式が、その証券会社で取り扱っているか確認しましょう。

証券会社サービス名東証名証福証札証外国株
One Tap BUY
(ワンタップバイ)
One Tap BUY厳選130社×××厳選30社
SBI証券S株×
マネックス証券ワン株×××
カブドットコム証券プチ株×
岡三オンライン証券単元未満株×
SMBC日興証券キンカブ××××

◎:売付・買付可能 ○:売却のみ可 ×:不可

4.配当金・株主優待

購入する株式の銘柄によって、配当金や株主優待の取り扱い方法や分配方法が異なるので要注意です。

また、証券会社によっても、分配の仕組みが違いますので確認しておきましょう。

証券会社サービス名株主優待配当金議決権
One Tap BUY
(ワンタップバイ)
One Tap BUYなし
SBI証券S株なし
マネックス証券ワン株なし
カブドットコム証券プチ株なし
岡三オンライン証券単元未満株なし
SMBC日興証券キンカブなし

ミニ株おすすめ証券会社ランキング

(2019年11月4日 現在)

1.One Tap BUY(ワンタップバイ)

1,000円から有名企業に投資ができる

・スマホアプリを3クリックで購入可能

積み株で積立投資も可能

ワンタップバイ  公式サイトへ

最小売買単位

1,000円

手数料 約定1万円

50円

取扱銘柄数

日本130銘柄
米国30銘柄
ETF6銘柄

配当金

あり

株主優待

あり

取引回数

24時間

自動売買

One Tap BUY(ワンタップバイ) おすすめポイント

One Tap BUY(ワンタップバイ)は、スマートフォン専業の証券会社です。

従来の株式投資では10株、100株といった決められた株数単位で株式を購入していましたが、One Tap BUYでは、1,000円や10,000円という金額単位での購入ができます。

取扱銘柄は、AGFA(Apple, Google, Facebook, Amazon)やDisney、VISA、Microsoftといった米国の有名な企業や、トヨタ、任天堂、楽天など日本の有名な企業などが厳選されています。

また、マーケットにまるごと投資する「ETF」の購入も可能です。

株の自動積み立てアプリ「積み株」を活用して、コツコツと「長期・分散・積立」の資産運用を行うことができます。

paypayキャンペーン

ワンタップバイ 日本株 iOSアプリ

ワンタップバイ 日本株 Androidアプリ

ワンタップバイ アメリカ株 iOSアプリ

ワンタップバイ アメリカ株 Androidアプリ

2.SBI証券 S株

・1日2度の取引チャンス

・旬なテーマに投資ができる「S株Now!」

・口座開設数No.1の人気と実績

SBI証券 公式サイトへ

最小売買単位

1株

手数料 約定1万円

55円

取扱銘柄数

約3200銘柄

配当金

あり

株主優待

あり

取引回数

1日2回

自動売買

×

SBI証券 S株 おすすめポイント

S株は、単元株数に関らず「1株」から取引可能です。

「ミニ株」は単元株数の1/10単位での取引となりますが、単元未満株(S株)なら1/100、1/1,000単位など取引できるので、低い資金でもスタートできます。

通常の株式を同じく株主権があるので、配当の配分や株式分割の割当も保有株数に応じて配分されます。

SBI証券 公式サイトへ

3.SMBC日興証券 キンカブ

・東証1部・2部・JASDAQの上場銘柄を幅広くカバー

・1銘柄500円から売買可能

・大手、三井住友フィナンシャルグループ

SMBC日興証券 公式サイトへ

最小売買単位

500円

手数料

100万円以下
買付0.0%

取扱銘柄数

約3.700銘柄

配当金

あり

株主優待

あり

取引回数

自動売買

×

SMBC日興証券 株式ミニ投資 おすすめポイント

SMBC日興証券のキンカブは500円以上500円単位と少額からの購入が可能で、株価を気にせずに株式投資を行うことができます。

投資対象となる銘柄数は約3,700社。東証1部・2部・JASDAQ、マザーズの上場銘柄を幅広くカバーしています。

買い付けた株式が単元株以上になった場合、単元株振替機能を使ってキンカブ口座から保護預り口座へ振り替えることで株主優待の権利を得ることができます。

SMBC日興証券 公式サイトへ

4.マネックス証券 ワン株

マネックス証券

・手数料は業界最低水準の約定代金の0.5%

・1株からの購入が可能

・ワン株取引ランキングで人気の銘柄をチェック

マネックス証券 公式サイトへ

最小売買単位

1株

手数料 約定1万円

55円

取扱銘柄数

約3200銘柄

配当金

あり

株主優待

あり

取引回数

1日1回

自動売買

×

マネックス証券 ワン株 おすすめポイント

ワン株は1株からの取引が可能です。

銘柄によっては1万円などの価格から購入することができます。
任天堂やソフトバンク、オリエンタルランドなども取扱があり、通常では大きな資金が必要な会社も1株から購入することが可能です。

手数料は業界最低水準の約定代金の0.5%(最低手数料48円)(税抜)。

保有株数に応じて、配当金や株式分割、株主優待を受けることができます。

マネックス証券 公式サイトへ

5.カブドットコム証券 プチ株

・プチ株の手数料は最大50%の割引価格

・自動引落が可能で手間いらず

・スマホやタブレットでも積立が可能

カブドットコム証券 公式サイトへ

最小売買単位

1株

手数料 約定1万円

48円

取扱銘柄数

約3200銘柄

配当金

あり

株主優待

あり

取引回数

1日1回

自動売買

カブドットコム証券 プチ株 おすすめポイント

カブドットコム証券のプチ株®は、上場株式の単元未満株を売買できるサービスです。

単元未満株式取引は、単元が100株や1,000株の株式でも1株から売買できるので、少ない資金から投資を始めることができます。

プレミアム積立®(プチ株®)では、毎月500円以上1円単位でコツコツと積み立てができます。少額から取引できるので、幅広い積立プランを立ててポートフォリオを構築することができます。

プチ株®で株式を購入した場合でも、本人名義の正規の株主となるので、配当や株式分割の割り当ても株数に応じて配分されます。

カブドットコム証券 公式サイトへ

 

ミニ株おすすめ証券会社 まとめ

単元未満株・ミニ株は、資金が多くない方や、損失を大きくしたくないと考えている方に向いた投資です。

通常の株式と比べると売買単位が小さく購入価格も安く済みますが、取引手数料が高くなる可能性がありますので注意して下さい。

なかでもイチオシな証券会社がOne Tap BUY(ワンタップバイ)です。

最低1,000円からという金額指定で有名企業に投資ができ、取引もスマホのアプリだけで3ステップで購入が可能です。
利用者の7割が投資の未経験者と公式で発表されており、今後も注目のサービスです。

証券会社名取引手数料(税込)最小売買単位1万円購入の手数料
One Tap BUY
(ワンタップバイ)
約定代金×0.50%1,000円50円
SBI証券
S株
約定代金×0.55%
最低手数料55円
1株55円
マネックス証券
ワン株
約定代金×0.55%
最低手数料は55円
1株55円
カブドットコム証券
プチ株
約定代金×0.5%(最低手数料は48円)1株50円
岡三オンライン証券
単元未満株
約定代金2万円まで220円
3万円まで330円
10万円まで660円
以降10万円ごと660円ずつ加算
1株220円
SMBC日興証券
キンカブ
・100万円以下
買付0.0%、売却0.5%
・100万円超
買付1.0%、売却1.0%
500円0円