投資を始めるには、元手となる資金が必要です。

将来のための資産形成として、貯金だけではなく投資を行った方がいいとは思っていても、投資したお金が減ってしまうのがもったいないと考えて、なかなか一歩を踏み出せない方も多くいます。

元金融マンである管理人1号のお客さんにも、定期預金に預けたり国債を購入したりするけど、投資はよく分からないし、損したくないという理由で何もしないという方がたくさんいました。

そんな投資に苦手意識のある方でも、資金を必要とせず、損失を抑えながら投資を体験できるサービスが「ポイント投資」です。

スマホの普及で、だれもが簡単に投資できる環境が広がり、フィンテック技術の発展効果によって、さまざまなスタイルの投資が誕生しています。

このページはそのフィンテックサービスの一つである「ポイント投資」を解説し、おすすめのサービスをランキング形式で紹介します。

ポイント投資とは?

「ポイント投資」は、その名の通り、ポイントを利用して投資を行うサービスです。

この投資で使われる資金となるポイントは、お店などで買い物をした際に会員証を提示して貯めることが出来る、ポイントカードのポイントです。

つまり、自分のお金を使うことなく、貯まっているポイントを利用して投資を行うことができるのです。

サービスの多くが、クレジットカードを利用した際に発生するポイントを利用して、投資を行う方法が多くなっています。

自分のお金で投資して、損したら嫌だなと考えている方も、貯めているポイントであれば、少し気が楽なのではないでしょうか。

クレジットカードのポイントは、さまざまなサービスに利用したり、現金に換金したりできますが、そのままでは増えることはありません。
また、有効期限があるポイントなどは、失効してもったいない思いをしたことあるかと思います。

ポイント投資を行うことで、元手が不要で投資ができ、会社によっては投資の運用管理までも行ってくれるサービスもあります。

ポイント投資の運用先

投資には、さまざまな種類の投資商品がありますが、ポイント投資では、主に投資信託ETFなどでの運用が行われます。

株式投資の場合、一つだけの銘柄に投資すると、その銘柄の価格が下落していまうと損失が出てしまいます。

しかし、投資信託は、株式や債券など色々な種類の商品や、世界中の会社に分散して投資を行い、リスクが少ない方法で運用する事ができます。

ポイント投資のメリット

1.資金が不要

自動的に貯められたポイントで投資を行うので、現金の資金が不要です。
投資はしてみたいけど、損をしたくないという方にも自己資金を減らすことなく投資する事ができます。

また、ポイントは最小で100円から開始することができます。

2.投資の運用も自動化出来る

貯めたポイントの運用方法には、2種類のパターンがあります。

貯められたポイントをサービスが自動で運用してくれるパターンと、ポイントを使って自分で投資信託を選んで購入するパターンです。

すでに投資に関して知識がある方や、自分で勉強しながら投資したいという方は、自分で投資するサービス。

全部おまかせでという方は、自動運用のサービスを利用すると良いでしょう。

3.サービスによっては証券口座が不要

投資を行うためには、通常は証券会社に専用の口座を開設する必要があります。

「ポイント投資」のサービスの中には、証券口座の開設を行うことなく、申込み後にアプリの操作で設定するだけで、投資を開始することが可能となっています。

ポイント投資のデメリット

1.現金が増えないサービスもある

ポイント投資は、ポイントを利用してポイントを増やす投資方法です。ですので、基本的には現金が増えるわけではありません。

インヴァスト証券のマネーハッチの場合は、貯まったポイントを現金として運用します。

楽天証券の場合は、貯まった楽天ポイントを現金と同じように使って投資信託を購入することができます。

現金で増やしたい方は、インヴァスト証券や楽天証券を活用しましょう。

2.投資なので元本保証がない

ポイント投資は、貯金のように貯めていくサービスではなく、投資で運用が行われます。
つまり、増える可能性もあれば、減る可能性もあるのです。

また、ポイント運用なので、万が一、会社が倒産してしまった場合の投資資金のような保護制度がない点も注意して下さい。

3.万が一の時に相続できないサービスもある

通常、銀行口座や証券口座で運用されている資金は、口座の所有者が亡くなった場合には、相続されて遺族に資金が渡ります。
一方、ポイントでの運用は本人しか利用できないサービスなので、万一の際はすべて失ってしまう事になります。

ポイント投資を選ぶポイント

1.カードのポイント還元率

2.運用方法は自動か手動か

3.投資対象

4.現金とポイントのどちらが増えるのか

1.カードのポイント還元率

クレジットカード選びの大切な点でもあるのが、ポイントの還元率です。
サービスや商品をクレジットカードで購入した際、その金額に応じた%分のポイントがいくらなのかを表しているのが還元率です。

近年は0.5%などのカードが多くなっていますが、1.0%~2.0%というお得な還元率のクレジットカードもありますので、チェックしましょう。

サービス名運営会社還元率
マネーハッチインヴァスト証券1.0%
dポイントNTTドコモ1.0%
楽天ポイント楽天証券1.0%~
永久不滅ポイントクレディセゾン約0.5%
ストックポイントStockPoint

2.運用方法は自動か手動か

ポイント投資には、自分で投資信託を購入するパターンと、自動で投資信託などを運用してくれるパターンの2種類があります。

投資信託選びや運用が面倒だと感じる方は、まずは自動運用のサービスを利用してみましょう。

サービス名運営会社運用方法
マネーハッチインヴァスト証券自動
dポイントNTTドコモ自動
楽天ポイント楽天証券手動
永久不滅ポイントクレディセゾン自動
ストックポイントStockPoint自動

3.投資対象

ポイント投資のサービスが、どんな金融商品で運用しているかをチェックしておきましょう。

サービス名運営会社投資対象
マネーハッチインヴァスト証券・海外ETF
dポイントNTTドコモ・アクティブコース(国内外の株式中心)
・バランスコース(国内外の債券中心)

楽天ポイント楽天証券・投資信託
永久不滅ポイントクレディセゾン・日本株(TOPIX)コース
・アメリカ株(VOO)コース
・アクティブコース(外国株式・外国債券中心)
・バランスコース(国内債券中心)
ストックポイントStockPoint・国内株式
・米国株指数
・上海株式指数

4.現金とポイントのどちらが増えるのか

ポイント投資は、貯めたポイントをポイントのまま運用する方法と、ポイントを現金に換金して運用する方法の2種類があります。

サービス名運営会社運用種類
マネーハッチインヴァスト証券現金
dポイントNTTドコモポイント
楽天ポイント楽天証券現金
永久不滅ポイントクレディセゾンポイント
ストックポイントStockPointポイント

ポイント投資おすすめランキング

1.インヴァストカード・マネーハッチ

・インヴァストカードの還元率は1.0%

・世界の投資信託に自動で分散投資

・ポイント以外の積み立てにも対応

・利用手数料は無料

・利用者数は1万人を突破

マネーハッチ 公式サイトへ

カードのポイント還元率

1.0%

最小運用ポイント数

100円

運用方法

自動投資

投資対象

海外ETF

証券口座

必要

運用種類

現金

マネーハッチ おすすめポイント

マネーハッチの運営元はインヴァスト証券で、FXやくりっく365を取り扱っている、JASDAQ上場済の証券会社です。
東京金融取引所のくりっく365の取扱業者で、口座数・預かり資産の最大手でもあります。

インヴァストカードのポイントやFXトレードのプレゼントなどを利用して、マネーハッチというサービスを利用して積立投資を行います。

マネーハッチは、インヴァスト証券のトライオートETFを利用して資産運用を行います。

利用手数料は無料です。

マネーハッチ 公式サイトへ

2.楽天証券・楽天ポイント

・楽天サービス利用でどんどんポイントが貯まる

・貯まったポイントで投資信託が買える

・投資信託は100円から購入可能

・ほぼ全ての取扱投資信託が対象

・口座連携で預金金利がアップ

楽天証券 公式サイトへ

カードのポイント還元率

1.0%

最小運用ポイント数

100円

運用方法

自分で買付け

投資対象

ほぼ全ての取扱投資信託

証券口座

必要

運用種類

現金

楽天証券 おすすめポイント

一般の株式投資や投資信託などの、投資口座としても人気の楽天証券。

大きなメリットは、投資信託の買付代金の一部またはすべてに、楽天スーパーポイント、楽天証券ポイントが利用できます。

楽天市場での買い物や楽天カードでの決済で貯まった楽天スーパーポイントを、100円以上1円単位で投資信託を購入が可能です。

楽天証券 公式サイトへ

3.dポイント・NTTドコモ

・dポイントで投資体験ができる

・100ポイントから運用可能

・利用手数料が無料でOK

・dカードはポイント還元率1.0%

・増えた分はdポイントとして利用可能

dカード 公式サイトへ

カードのポイント還元率

1.0%

最小運用ポイント数

100ポイント

運用方法

自動投資

投資対象

・アクティブコース(国内外の株式中心)
・バランスコース(国内外の債券中心)

証券口座

不要

運用種類

ポイント

dポイント おすすめポイント

NTTドコモのポイント投資は、dポイントを運用ポイントへ移行して投資体験ができる新しいサービスです。

ポイントは投資信託の基準価格に連動して、毎日変動します。
投資信託は、ロボアドバイザー「THEO」を提供している「お金のデザイン社」のファンドが利用されます。

投資コースは、積極的なリターンを求める「アクティブコース」と、安定的に運用する「バランスコース」の2パターンが用意。

ポイントは、100ポイントから利用できて、利用手数料は無料となっています。

運用したポイントは、dポイントとして利用することが可能です。

dカード 公式サイトへ

4.永久不滅ポイント クレディセゾン

・ポイント還元率は0.5%

・ポイント運用で投資を疑似体験

・運用コースは4種類から選べる

・証券口座開設が不要

・ポイントはいつでも引き出し可能

 

カードのポイント還元率

0.5%

最小運用ポイント数

100ポイント

運用方法

自動投資

投資対象

・日本株(TOPIX)コース
・アメリカ株(VOO)コース
・アクティブコース(外国株式・外国債券中心)
・バランスコース(国内債券中心)

証券口座

不要

運用種類

ポイント

永久不滅ポイント おすすめポイント

クレディセゾンが提供しているのが、永久不滅ポイント「ポイント運用サービス」。
ポイントを使って投資を疑似体験できる、新しいサービスです。

ポイント還元率は0.5%と、他の還元率1.0%のクレジットカードと比べると還元率が低めですが、ポイントに有効期限がないので、忘れていても失効してしまうことがありません。

運用コースは「TOPIX(日本株)」「VOO(アメリカ株)」「アクティブ」「バランス」の4つのコースから選ぶことができます。

また、定期的にポイント獲得がある方は、つみたて買付け機能を活用する事ができます。

増やした永久不滅ポイントは、商品券やギフト券など豊富なアイテムに交換することができます。

5.ストックポイント

・ドットマネーのポイントを活用して疑似投資

・貯めたポイントは現物の株式へ交換可能

・永久不滅ポイントも利用可能

・投資対象は5タイプ12銘柄

・証券会社がなくてもポイント投資が可能

 

カードのポイント還元率

-%

最小運用ポイント数

100マネー

運用方法

自動投資

投資対象

・日本株
・海外ETF

証券口座

不要

運用種類

ポイント

ストックポイント おすすめポイント

STOCK POINTは、「ドットマネー」というサイトで貯めている「マネー」を活用してポイント投資を行います。

クレジットカードやポイントサイトに貯めているポイントを「ドットマネー」に交換。
そして、100マネー分から、アプリを活用して無料でストックポイント(SP)に交換することが可能です。

投資対象は、5タイプ12銘柄となっていて、ソフトバンクやサイバーエージェント、イオンなどの有名企業の株が、投資対象として用意されています。
ストックポイントが1株以上になれば、本物の株式と交換することが可能になります。

ポイント投資おすすめランキング まとめ

ポイント投資は、ポイントのまま投資するサービスと、ポイントを現金化して投資するサービスの2種類があります。

ポイントをそのまま投資するサービスは、証券口座を開設する手間がないので、簡単に利用することができます。

NTTドコモのdポイントは、docomoユーザーではなくても利用できますし、運用をロボアドバイザーで有名なTHEOを運営する「お金のデザイン」が設定・運用する投資信託でポイントを運用することができます。

現金に変えて運用するサービスは、口座開設の手間がかかりますが、そのまま現金として引き出しやすいメリットがあります。

インヴァストカードの還元率1.0%を、そのままETFで運用してくれるマネーハッチであれば、自動でポイントを現金にして運用してくれるので、ほったらかしでお金が増えるのを待つだけです。

若年層や女性に人気が広がっている「ポイント投資」を活用してみてください。

ポイント投資 サービス会社一覧

サービス名
運営会社
還元率運用種類運用方法証券口座
マネーハッチ
インヴァスト証券
1.0%現金自動必要
dポイント
NTTドコモ
1.0%ポイント自動不要
楽天ポイント
楽天証券
1.0%現金手動必要
永久不滅ポイント
クレディセゾン
約0.5%ポイント自動不要
ストックポイント
StockPoint
ポイント自動不要