2014年にスタートした投資優遇制度の「NISA(ニーサ)」は、NISA口座で投資した株式や投資信託などから得た、売却益配当金分配金にかかる税金が非課税になるお得な制度です。

投資で資産運用を行いたい方や、まだNISAを活用していない方は、無駄な税金を抑えて利益を増やすために、しっかりと活用しましょう。

株式投資や投資信託を購入して、年に数回もらえる配当金や売却した際に得られる利益は、そのまま手元に入るわけではありません。

投資で得た利益には、通常20.315%の税金がかかり、それを差し引いた残りが利益となります。

NISAで運用した利益には、この税金が発生せずに、利益すべてが手元に入るしくみです。

NISA(ニーサ)の特徴

1.年間120万円の限度額で、非課税期間は5年間

NISA口座で投資をはじめた年から最大で5年間年間120万円分の投資に対する利益や配当金などにかかる税金を非課税で受けることができます。

(引用:https://www.rheos.jp/ )

2.日本に住んでいる満20歳以上が対象

NISAの対象者は、日本に住んでいて口座を開設する年の1月1日時点で満20歳以上の方となっています。

未成年の方には、ジュニアNISAが用意されています。

3.金融機関はネット証券が有利

NISAを活用した投資をするには、銀行や証券会社などの金融機関にNISA口座を作成する必要があります。

ネット証券は、取り扱い金融商品数も豊富で、取引手数料も割安な設定になっています。キャンペーンでキャッシュバックがあったり、スマホでも取引できたりと、多くのメリットがあります。

窓口職員に手伝ってもらいたい方は、店舗型証券会社か銀行を利用しましょう。
ただし、職員は投資のプロではありません。特定の銘柄などをおすすめされた場合は、参考までにした方が懸命です。

金融機関取扱金融商品手数料窓口対応
株式投資投資信託ETFREIT
ネット証券
店舗証券
銀行

NISA口座は、1人1口座しか開設できませんので注意してください。

NISA(ニーサ)口座の証券会社を選ぶポイント

1.取扱商品の数

2.販売手数料

3.IPO対応

4.優遇サービス・キャンペーン

1.取扱商品の数

NISA口座を選ぶ上での1番のポイントは、自分が投資・運用したいと思っている商品を証券会社が取り扱っているかです。

取扱商品の数も必要ですが、国内株、海外株、投資信託あるいはIPO株などラインアップの豊富さも重要な要素です。

証券会社

国内株式・ETF・REIT 

投資信託外国株式海外ETF
SBI証券
楽天証券
マネックス証券×
カブドットコム証券××
松井証券××
GMOクリック証券××

2.売買手数料

売買手数料は、各証券会社によって異なります。

NISA口座を開設すると、売買手数料が無料になる証券会社も多いので、必ず確認しましょう。

証券会社株式売買手数料
SBI証券売買無料
楽天証券売買無料
マネックス証券売買無料
カブドットコム証券買い無料
松井証券売買無料
GMOクリック証券売買無料

3.IPO対応

IPOは投資の知識が少なくても、利益を挙げられる確率の高い商品として人気があります。

NISA口座でIPOの取引を行うことも可能です。

IPOに当選して高値で売却できた場合の税金を、非課税に出来るのことは大きなポイントになります。

証券会社2017年2016年
幹事主幹事合計幹事主幹事合計
SBI証券75883621375
SMBC日興証券601171511364
マネックス証券4814946046
岡三オンライン証券23023606
ライブスター証券707000
カブドットコム証券2702719019
DMM株000000

4.優遇サービスやキャンペーン

各証券会社では、NISA口座を開設することで、現金のキャッシュバックなど様々なお得なサービスを行っています。
賢く利用しましょう。

NISAのおすすめ証券会社ランキング

1.楽天証券

・NISA口座の国内株式の売買手数料0円

・取引手数料無料(ノーロード)の投資信託は1,000本以上

・楽天グループのポイントプログラムがお得

楽天証券 公式サイトへ

取扱商品の数

販売手数料

IPO対応

x

優遇サービス

情報・サービス

信頼性 口座数

楽天証券 おすすめポイント

楽天証券はNISA口座を使った取引では、国内株式の売買手数料が0円。また、海外ETFの買付手数料が全額キャッシュバックなど、手数料関連がお得に設定されています。

また、積立投資の対象となるノーロード(取引手数料無料)の投資信託が1,000本以上のラインナップと多くの商品の中から選ぶことができます。月々100円からとコツコツ積み立て向きの投信積立や1,000円からの純金積み立てなど、積み立て系の商品も充実しています。

楽天証券 公式サイトへ

2.SBI証券

・ネット証券ダントツの100万口座

・投資信託本数が2,440本以上の取扱

・少額の100円から積立可能

・国内株式の売買手数料が0円

SBI証券 公式サイトへ

取扱商品の数

販売手数料

IPO対応

優遇サービス

情報・サービス

信頼性 口座数

SBI証券 おすすめポイント

SBI証券は、ネット証券ではトップのNISA口座開設数があり、100万口座を超えるユーザーに利用されています。

国内4つの取引所の銘柄、海外株も9カ国の取引が可能です。

また、NISAで取引されることが多い、投資信託の取扱本数が2,440本以上と豊富なラインナップ。IPOや外国株式の取扱も多く、さまざまな取引スタイルのユーザーに人気があるネット証券です。

NISAの口座で投資信託を持っているだけでもポイントが貯まる「投信マイレージ」サービスがあり、獲得したSBIポイントは色々な商品やサービスに振替ることができます。

SBI証券 公式サイトへ

 

3.カブドットコム証券

・NISAでの現物株式買付手数料は0円

・NISA割で現物株式の取引手数料が最大5%割引

・IPOの取扱も豊富

カブドットコム証券 公式サイトへ

取扱商品の数

販売手数料

IPO対応

優遇サービス

情報・サービス

信頼性 口座数

カブドットコム証券 おすすめポイント

NISA口座での国内株式(現物株式、ETF・ETN・REITなど)の買付手数料がすべて無料。

また、通常の現物株式の取引手数料が最大5%割引となる「NISA割」が自動的に適用されます。
ただし、プチ株、プレミアム積立(プチ株)は対象外なので注意しましょう。

カブドットコム証券 公式サイトへ

4.GMOクリック証券

・NISA口座の取引は、買付時も売却時も手数料が無料

・スマホアプリや各種ツール、投資情報も充実

・株、FX、CFDなど全ての取引をひとつのID・パスワードで取引可能

GMOクリック証券 公式サイトへ

取扱商品の数

販売手数料

IPO対応

優遇サービス

情報・サービス

信頼性 口座数

GMOクリック証券 おすすめポイント

GMOクリック証券では、NISA口座の売買手数料が0円。買付時も売却時も手数料が恒久無料となっています。
対象となる商品は、上場株式(株式・ETF・REIT・ETNなど)、投資信託です。海外のETFは対象外になっていますので注意しましょう。

GMOクリック証券 公式サイトへ

5.マネックス証券

マネックス証券

・NISA口座での国内株式の売買手数料は恒久的に0円

・投信つみたてなら、申込手数料は実質ノーロード(0円)

・マネックス証券の投資信託は100円から購入可能

マネックス証券 公式サイトへ

取扱商品の数

販売手数料

IPO対応

優遇サービス

情報・サービス

信頼性 口座数

マネックス証券 おすすめポイント

マネックス証券のNISA口座は、国内株式の売買手数料に加えて、米国や中国などの外国株式の買付時国内取引手数料が恒久実質無料。
ジュニアNISA口座も、国内株式が売買手数料無料で取引できます。

マネックス証券はIPOの取扱銘柄も豊富。
全証券会社でトップ5の取扱実績があり、完全平等で抽選されるので、多くの人にチャンスがあります。

マネックス証券 公式サイトへ

6.松井証券

松井証券 口座開設申込

・NISA口座は現制度が続く限り、手数料が無料

・第三者評価機関から高い評価を得ているサポート体制

・初心者でも手軽に使えるスマホアプリも機能充実のツールも無料

松井証券 公式サイトへ

取扱商品の数

販売手数料

IPO対応

優遇サービス

情報・サービス

信頼性 口座数

松井証券 おすすめポイント

松井証券のNISA口座は現在のニーサ制度が続く限り、手数料が恒久的に無料。ジュニアNISAも無料で売買が可能です。
初心者の方では制度や操作など、何かと迷うことも多いでしょう。第三者評価機関から高い評価を得ているサポート体制で、電話やインターネットでもすぐに相談できます。

松井証券 公式サイトへ

7.岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

・投資信託220本以上の販売手数料をキャッシュバック

・株式投資情報局によるレポートやスポット情報が人気

・投資情報が充実しているスマホアプリ

岡三オンライン証券 公式サイトへ

取扱商品の数

販売手数料

IPO対応

優遇サービス

情報・サービス

信頼性 口座数

岡三オンライン証券 おすすめポイント

岡三オンライン証券は、大正12年創業の株式会社岡三証券グループ傘下のインターネット専業証券会社です。トレードツールの岡三ネットトレーダーシリーズは優れた操作性、豊富な情報量とリアルタイム更新されるニューズ情報などが評価されています。株式投資SNSサイトみんなの株式の「みんかぶ取引ツール部門」4年連続で第1位に選ばれています。

岡三オンライン証券 公式サイトへ

8.ライブスター証券

ライブスター証券

・無料の取引ツール「livestarR」が高機能

・顧客満足度調査の「ネット証券 手数料部門」で1位を獲得

・NISA以外でも日本株現物取引手数料がすべての価格帯で最安値

ライブスター証券 公式サイトへ

取扱商品の数

販売手数料

IPO対応

優遇サービス

情報・サービス

信頼性 口座数

ライブスター証券 おすすめポイント

ライブスター証券のNISA口座での非課税対象商品は、株・ETF・REIT・投資信託となっています。投資信託の場合は定時定額購入も可能です。

ライブスター証券 公式サイトへ

NISA(ニーサ)おすすめ証券会社 まとめ

ネット証券では、幅広い金融商品を取り揃えています。

株式投資の売買手数料が無料、手数料無料のノーロード投資信託の数が豊富で、海外株式や海外ETFも取り扱っている「SBI証券」が大きく一歩リードしているのが現状です。

その他では、ポイントで投資信託が購入できる「楽天証券」も使い方によっては候補になるでしょう。

証券会社キャンペーン
楽天証券

・ポイント積立サービス開始記念!NISA口座開設キャンペーン
2018年以降、つみたてNISA、一般NISA口座いずれかを新規で口座開設した方のうち、抽選で2,000名様に2,000ポイントプレゼント。
期間:2019年1月4日(金)~2019年3月29日(金))

証券会社別 NISAスペック一覧

証券会社国内株式
手数料
投資信託本数
(ノーロード)
IPO数
2017年
外国株式海外ETF
SBI証券売買無料2500本以上
(1200本以上)
83
楽天証券売買無料2500本以上
(1200本以上)
0
マネックス証券売買無料1100本以上
(650本以上)
49
カブドットコム証券買無料1000本以上
(500本以上)
27
松井証券売買無料400本以上
(400本以上)
14
GMOクリック証券売買無料90本以上
(90本以上)
0