2018年に「つみたてNISA」がスタートして、改めて脚光を浴びているのが、少額投資非課税制度である「NISA(ニーサ)」です。

(引用:SBI証券)

いざNISA口座を開設して、いざ投資を始めようと思ってみても、実際にどんな金融商品を購入したらいいのかで悩む方が多いようです。

このページでは、投資初心者の方でも、NISA口座を有効活用できる金融商品の選び方やおすすめの銘柄を紹介しています。

NISA(ニーサ)の仕組み

1.利益が非課税

株式や投資信託などに投資して、配当金や売却した利益を受けとる場合、20.315%の税金がかかり、残った分が利益になります。

10万円が利益として発生した場合、利益が非課税になるNISA口座であれば10万円すべてもらえますが、一般口座で【源泉徴収ありの特定口座】の場合は、20,315円が税金で引かれてしまうので、79,685円しかもらえません。

せっかくの利益が減ってしまうのはもったいありません。

証券口座の税制について

①源泉徴収ありの特定口座の場合

・確定申告が不要

・利益が出た瞬間に証券会社が税金(株なら利益の20%)を差し引くため、利益10万円に対して課税される

②源泉徴収なしの特定口座、または一般口座の場合

・確定申告が必要

・ただし、年収が2,000万円以下で、かつ、株や投資信託などの利益が20万円以下の方』は確定申告不要。つまり税金が掛かりません。

2.少額からスタートできる

投資は多くの資金が必要と思っている方も多いと思います。

しかし、株式の場合は数万円、投資信託の場合は金融機関によって数百円からの投資が可能です。

3.分散投資でリスクを低くできる

投資信託などは、投資金額が少なくて済むので、色々な種類の銘柄に分散して運用を行うことができます。

一つの銘柄のみ購入した場合は、その銘柄が下がってしまった場合は、資産のすべてが減ってしまいます。

複数の銘柄に分散しておくことで、下落してしまった銘柄があっても、他の上昇した銘柄でカバーすることが可能です。

NISAを活用する商品選びポイント

一般NISAで購入できる金融商品は大きく分けて4種類です。

株式

大きな値上がり益を期待できるメリットがあります。

また、配当金や株主優待を得ることができます。

投資信託

投資のプロにおまかせした運用が可能です。

少額の資金から投資ができるので、NISAの枠を有効活用できます。

ETF

株価指数に連動しながら運用される上場投資信託です。

投資信託よりも手数料の信託報酬が割安です。

REIT

不動産を運用する投資法人に投資して、賃料の一部を受け取ります。

分配金利回りの高さや安定した分配金がメリットになります。

どの商品がNISAでおすすめ?

株式やETF、REITは、購入単価が高い銘柄が多く、120万円の非課税枠をきっちりと使い切ることが難しい商品です。

投資初心者の方が、値上がりしそうな株式の個別銘柄を自分で探して購入するのは、なかなか難しいものがあります。
また、NISAは非課税の期間が5年と決まっているので、その間に利益を確定しなければなりません。

そんな方におすすめするのが、投資のプロに資金を預けて運用してもらう投資信託です。

NISAで投資信託をおすすめする理由

投資信託のメリット

1.少額からの購入が可能

2.投資信託は複数の商品に投資されるのでリスク分散になる

3.自動的に毎月購入などの積み立てができるので時間の分散にもなる

つみたてNISAは非課税期間が長いメリットがありますが、購入できる投資信託の商品が限られています。

しかし、一般NISAでは投資信託の種類が豊富で、利益が期待できるアクティブ型の投資信託も幅広く取り扱われています。

また、投資信託は購入金額低いので非課税枠を使いきりやすいメリットがあります。

120万円を株式のみで使い切ろうとした場合、株は最低購入単位がだいたい数万円規模からが多いため、株式の組み合わせで120万円をきっちり使い切るのは至難の業です。また、複数選んだ銘柄がすべて上がるとは限りません。

投資信託は数百円から購入可能なため、「120万円フルで使い切りたい」という几帳面な方におすすめです。

おすすめの投資信託の種類

NISAは非課税期間が5年と決まっています。ロールオーバーという非課税期間の延長を行っても最大で10年間です。ですので、この非課税期間にちゃんと利益をだせる商品を選ばなければなりません。

NISAで購入可能な投資信託には「アクティブ型」「インデックス型」「バランス型」などの種類があります。

「アクティブ型」は、運用のベンチマークになる指数の値動きを上回る成果を目指して運用されます。

「インデックス型」は、指数の値動きに連動した運用が行われます。

「バランス型」は、1本の銘柄で複数の資産へ分散投資して、リスクをなるべく抑えながら安全にゆっくりと値上がりを待つ運用が行われます。

NISA口座で、投資信託を運用する場合は、「アクティブ型」や「インデックス型」の投資信託を組み合わせて分散投資を行い、ミドルリスク・ミドルリターンを狙うスタイルがおすすめです。

注意するポイントと対策

投資信託で気をつけてほしいのが毎月分配型の商品です。

毎月分配型の投資信託とは、月に一度決済されて、毎月分配金が入ってくる投資信託の事です。

投資信託の分配金には「普通分配金」「元本払戻金」の2種類があります。

運用の結果、投資信託の購入時の額を上回る部分から支払われるのが「普通分配金」で、投資した元本の一部を削って払い戻されるのが「元本払戻金」です。

「普通分配金」は課税対象ですが、「元本払戻金」はもとから非課税の扱いで、分配金のうち「元本払戻金」の割合が大きい場合には非課税のメリットが少なくなってしまいます。

また、毎月返ってきた分配金を再投資に回すと、その都度NISA枠を使ってしまうことになります。
毎月分配型の投資信託でNISAを活用するのは難しいので、投資信託を選ぶ際には注意しましょう。

金融機関別のNISA(ニーサ)おすすめ投資信託・ファンドランキング

No.1 楽天証券

・楽天スーパーポイントで買い付け可能

・口座管理手数料は無料

・NISA専用のコールセンターでサポート

・トップクラスの商品取り扱い数

・投信残高ごとにポイントが貯まる

楽天証券 公式サイトへ

国内 株式買付

無料

国内 株式売却

無料

IPO対応

×

IPO2017年実績

6

ミニ株

×

投資信託(NISA対応)

1196本

住民票無料代行

楽天証券で人気のファンド

楽天・全世界株式インデックス・ファンドは、全世界株式インデックス型投資信託の中でも最も割安な信託報酬が設定されています。先進国から新興国まで47カ国 約8,000銘柄に投資可能な超分散型の商品になっています。

分類

商品名

信託報酬

運用会社

1

インデックス

楽天・全米株式インデックス・ファンド

0.1696%程度

楽天投信投資顧問

2

インデックスMAXIS Slim 先進国株式インデックス0.11772%以内三菱UFJ国際投信

3

インデックス

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

0.11772%以内

ニッセイ・アセットマネジメント

4

インデックス

全世界株式インデックス・ファンド

0.27%

楽天投信投資顧問

5

アクティブひふみプラス0.8424%レオス・キャピタルワークス

(2018年9月20日現在:楽天証券より引用)

楽天証券 公式サイトへ

No.2 SBI証券

・取扱商品数が金融機関で最多

・口座管理手数料が無料

・投信のライナップが豊富

・投信残高でSBIポイントが貯まる

・投資情報が充実

SBI証券公式サイトへ

国内 株式買付

無料

国内 株式売却

無料

IPO対応

IPO2017年実績

85

ミニ株

S株

投資信託(NISA対応)

2489本

住民票無料代行

SBI証券で人気のファンド

「ひふみプラス」は毎年継続して高いリターンを上げている人気の投資信託です。

テレビ番組の「カンブリア宮殿」で、「ひふみプラスに数年間投資していたら、資産が2倍になった。」といった投資家の声が取り上げられ、さらに人気となっています。

分類

商品名

信託報酬(年率)

運用会社

1

アクティブ

ひふみプラス

0.8424%

レオス・キャピタルワークス

2

インデックス

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

0.11772%以内

ニッセイ・アセットマネジメント

3

インデックス

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

0.11772%以内

三菱UFJ国際投信

4

インデックス

ニッセイ日経225インデックスファンド

0.27%

ニッセイ・アセットマネジメント

5

インデックス

楽天・全米株式インデックス・ファンド0.1696%程度

楽天投信投資顧問

(2018年9月20日現在:SBI証券より引用)

SBI証券公式サイトへ

 

No.3 マネックス証券

マネックス証券

・厳選されたのラインナップ

・口座管理手数料は無料

・iDeCo専用ロボアドバイザー

・お問い合わせは土曜日もサポート

・安心のマネックスグループ

マネックス証券 公式サイトへ

国内 株式買付

無料

国内 株式売却

無料

IPO対応

IPO2017年実績

47

ミニ株

ワン株

投資信託(NISA対応)

1077本

住民票無料代行

マネックス証券で人気のファンド

マネックス・日本成長株ファンドは、日本の株式の中から「インターネット関連企業の株式」を中心に投資を行っているファンドで、「ファンドに組み入れるひとつひとつの銘柄の選択」を重視した運用を行っています。
純資産総額の30%の範囲内で、外貨建資産への投資を行うことがあり、機動的な為替ヘッジにより、為替変動リスクの低減に努めています。。

分類

商品名

信託報酬

運用会社

1

インデックス

マネックス・日本成長株ファンド
(愛称:ザ・ファンド@マネックス)

 1.5876%

アセットマネジメントOne

2

インデックス

<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

0.11772%以内

ニッセイ・アセットマネジメント

3

アクティブ

ひふみプラス

0.8424%

レオス・キャピタルワークス

4

インデックス

楽天日本株4.3倍ブル

1.2204%

楽天投信投資顧問

5

インデックス

楽天・全世界株式インデックス・ファンド

0.27%

楽天投信投資顧問

(2018年9月20日現在:マネックス証券より引用)

マネックス証券 公式サイトへ

NISA(ニーサ)おすすめ投資信託・ファンドランキング[2019年] まとめ

NISA口座の運用として人気がある証券会社3社で、売れているファンドをリストアップして紹介しました。

証券会社によって、取り扱っているファンドが異なってるので注意が必要です。

先に証券会社を選んでしまうと、購入しようと考えたファンドの取り扱いがない可能性もあります。

まずは、購入するファンドを決めて、そのファンドを取り扱っている証券会社をピックアップしてから、手数料やサービスを比較して口座開設しましょう。