国や企業が、投資家からお金を調達する際に発行するのが「債券」です。

債券の一種で、安全性の高い金融商品の一つに「国債」があります。

リスクはゼロではありませんが、国によって元本と金利が保証されているので、元本保証に近い性質があります。

国債は定期預金などと同様に、着実な資産形成を行いたいという人に人気があります。

国債には、長・中期国債、変動利付国債、個人向け国債などの種類がありますが、このページでは「個人向け国債」の特徴を解説しながら、買うならどの金融機関がおすすめなのかを紹介します。

個人向け国債とは?

政府が個人でも購入しやすいように設定にした国債が「個人向け国債」です。

個人向け国債は「変動10年」「固定5年」「固定3年」という3種類が用意されています。

「固定5年」「固定3年」は、発行されたときの利率が満期の償還時まで適用され、「変動10年」は実勢の金利に応じて半年ごとに適用される金利が変わります。

一般の国債は、最低5万円から5万円単位でしか購入できませんが、個人向け国債は最低1万円から購入できるので、資金が少なくても利用しやすい金額設定になっています。

満期の償還前に解約したい場合は、購入から1年経過すると、1万円単位で換金することが可能です。

商品

満期10年5年3年
金利タイプ変動金利固定金利固定金利
金利設定
方法
基準金利×0.66基準金利-0.05%基準金利-0.03%
金利の下限0.05%(年率)
利子の
受け取り
半年毎に年2回
購入単価(販売価格)最低1万円から1万円単位(額面金額100円につき100円)
償還金額額面金額100円につき100円(中途換金時も同じ)
中途換金発行後1年経過すれば、いつでも中途換金が可能直前2回分の各利子(税引前)相当額×0.79685が差し引かれます。
発行月(発行頻度)毎月(年12回)

「変動10年」を購入するメリット

現在の日本は超低金利で、今後上がる可能性があっても、これ以上は下がる可能性はほぼ考えられません。

「変動10年」の金利は、最低でも年率0.05%と決められているので、今後、どんなに金融市場の金利である実勢金利が下がっても、0.05%の金利が適用されることになっています。

購入した時点で金利が固定される「固定3年」「固定5年」の国債よりも、実勢金利が上昇した場合に合わせて金利がアップする「変動10年」がおすすめです。

(引用:財務省)

金利は実勢金利の変動に合わせて、半年ごとに適用利率が変わります。

日本の景気が良くなって、長期金利が高くなれば、自動的に「変動10年」の金利も高い金利に変更されるので、購入して放っておいても大丈夫というメリットがあります。

償還までの期間は10年ですが、1年経過後は元本が保証されたままで解約できるので、換金性もよい商品です。

また、年に12回、毎月募集されているので、積み立て投資としても利用することが可能です。

「変動10年」のデメリット

個人向け国債「変動10年」のデメリットは、購入から1年は途中解約が出来ないことです。

定期預金などは1ヶ月や半年と行った短期間でも利用できますが、個人向け国債「変動10年」の場合、最低1年は保有していることが条件となります。

1年以降に中途解約した場合でも、市場価格で売買損益の出る一般の国債と違って、個人向け国債は国が買い取ってくれるので、売買による損失がありません。

直前2回分の税引き後の利子が、中途換金調整額として差し引かれる部分がマイナスとなります。

また、可能性は低いですが、日本の国が破綻すると国債の価値がなくなってしまうことになります。
完全に元本が保証されている訳ではないので、注意しましょう。

金融機関を選ぶポイント

低リスクで資産運用できる商品として人気がある「個人向け国債」は、取り扱われている商品は、どの金融機関でも同じ商品なので、どこで購入しても手数料や金利に差はありません。

インターネットで個人向け国債を購入できる金融機関は、「証券会社」「都市銀行」「地方銀行」などで取り扱っています。

どの金融機関でも同じ「個人向け国債」を購入できますが、それぞれの金融機関が独自でキャッシュバックなどのキャンペーンを行っています。

それぞれの金融機関のキャンペーン、サービスや利便性といった面で選ぶと良いでしょう。

個人向け国債おすすめ金融機関ランキング

(2019年9月2日 現在)

1.楽天証券

・個人向け国債は1万円から購入可能

・日経テレコンも会社四季報も無料で読める

・買付けから売却までネットで完結

・投資デビューキャンペーンを実施中

楽天証券 公式サイトへ

口座開設数2位
個人向け国債
社債(円建て)
外国債券

楽天証券 おすすめポイント紹介

楽天証券では、日本円の新発債、米ドル建て、先進国通貨建て、新興国通貨建てなどの既発債を取り扱っています。
また、一般的な債券にデリバティブを組み込んだ「仕組債」も取り扱いしています。

また、楽天証券と楽天銀行をマネーブリッジで連携させると、普通預金の金利が0.1%にアップするという大きな特典もあります。

楽天証券 公式サイトへ

2.SBI証券

・個人向け国債キャンペーン実施中!

・人気のSBI債(社債)を取り扱い

ネット証券の開設口座数No.1

・オリコン2019年度顧客満足度ランキング「ネット証券」1位

・取扱商品が多数で色々な投資ができる

SBI証券 公式サイトへ

口座開設数1位
個人向け国債
社債(円建て)
外国債券

SBI証券 おすすめポイント

SBI証券は、円貨建債券の新発債券、個人向け国債、利付国債、既発債券や、外貨建債券の新発債券、既発債券を取り扱っています。

個人向け国債では、合計購入金額に合わせたキャシュバックキャンペーンを実施しています。
「変動10年」「固定5年」「固定3年」がすべて対象となっています。

また、「SBI債」と呼ばれるSBIホールディングス社債を定期的発売しています。
SBI債は定期預金などに比べて金利が高めで、1年~2年と比較的に短期で償還されるなどのポイントがあり、個人投資家に人気のある社債です。

SBI証券 公式サイトへ

3.マネックス証券

マネックス証券

・個人向け国債口座管理料や購入手数料は不要

・投資に役立つ情報や分析ツールが充実

・パソコンの技術的な質問を専用ダイヤルでサポート

マネックス証券 公式サイトへ

口座開設数3位
個人向け国債
社債(円建て
外国債券

マネックス証券 おすすめポイント

米ドル、豪ドル、NZドルなどのの先進国通貨や、南アフリカランドやトルコリラ、人民元等の新興国通貨など、幅広い通貨の債券を取扱っています。

また、ゼロクーポン債やステップアップ債など多彩な債券もラインナップ。

マネックス証券 公式サイトへ

4.SMBC日興証券

・安心の三井住友フィナンシャルグループ

・IPOの取り扱いが業界トップクラス

・ネット取引なら手数料が割安

・信用取引の手数料が無料

SMBC日興証券 公式サイトへ

SMBC日興証券 おすすめポイント

SMBC日興証券では円建ての新発債件、既発債券、個人向け国債、外貨建ての既発債券などを取り扱っています。

債券のネットセミナーなども公開されているので、国債を分かりやすく学ぶことができます。

SMBC日興証券 公式サイトへ

個人向け国債 まとめ

ネット証券を活用して「個人向け国債」を購入するのであれば、キャッシュバックキャンペーンを行っている、「SBI証券」か「SMBC日興証券」がおすすめになります。

キャッシュバック金額

購入合計金額SBI証券SMBC日興証券
50万円以上100万円未満500円
100万円以上200万円未満1,000円2,000円
200万円以上300万円未満2,000円4,000円
300万円以上400万円未満3,000円6,000円
400万円以上500万円未満4,000円8,000円
500万円以上600万円未満5,000円15,000円