MSV LIFEマネックス証券で利用ができる、ロボ・アドバイザーを活用した新しい資産運用・管理サービスで、愛称「マネラップ」とも呼ばれています。

マネラップ(MSV LIFE)の運営会社

マネックスグループ株式会社、株式会社クレディセゾン、バンガード・グループの出資を受け2015年8月に設立された資産運用会社、「マネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社(MSV)」が提供しています。

「MSV」は、マネックス、セゾン、バンガードの頭文字をとられた略称です。

マネックス証券

マネックス証券、松本 大氏がCEOを務めるマネックスグループ株式会社の子会社で、日本でも有数の人気を誇るネット専業証券会社です。

クレディセゾン

永久不滅ポイントのクレジットカードでおなじみのセゾンカードを提供している、国内最大手の信販会社です。

バンガード・グループ

運用資産が400兆円を超える米国でも大手の投資運用会社です。2015年に、米国の企業年金や非営利機関投資家を対象に行なわれた調査で「一部の運用資金を任せたいと考える資産運用会社」の第1位にあげられた会社でもあります。

マネラップ(MSV LIFE)商品概要

ラップ口座とは

ラップ口座とは、証券会社や銀行などの金融機関が、顧客と契約を行い、資産運用や管理、投資アドバイスなどを包括的に行う金融商品です。

投資の知識がなくても、金融機関にお任せで投資を行うことが出来るので、近年は人気の商品です。ただし、ラップ口座は、最低投資資金が数百万、さらに手数料が非常に高く設定されていてあまりおすすめできない商品でした。

マネラップの場合、最先端の金融理論と高度な情報技術を活用することで、一部の富裕層や機関投資家しか利用できなかった、「資産計画づくりから目標達成までサポートする資産運用サービス」の小口化と低コスト化を実現しました。

つまり、ロボ・アドバイザーというAIの技術を投資に活用することで、運用手数料などのコストを引き下げ、最低投資金額が「1,000円」からという、初心者にも敷居の低い投資商品となっているのです。

ゴールベースアプローチ

「ゴールベースアプローチ」を採用していて、資産運用のあたりまえである、「計画づくり→アフターフォロー→目標達成」という一連の流れの自動化を実現しています。

一人ひとりの人生の目標を達成するために、「資産計画作りから、ゴール達成までのアフターフォローを行う」充実したサポートが特徴です。結婚、出産、進学、住宅購入、退職など、さまざまなライフイベントの目標に必要な資産の達成を支援するツールになっています。

マネラップ(MSV LIFE) 3つの特徴

1.ファイナンシャルプランニング

ユーザーの目的に対応する3つの計画タイプが用意されています。

毎月の積立や取り崩しながらの運用も可能です。「目標達成確率」を日々計算し、必要に応じて資産計画の見直しを提案するアフターフォローサービスを行います。

2.小口・低コストで分散投資

千円以上千円単位という少額からの投資が可能。

国内外のETFに投資することで、低コストでグローバル分散投資を実現しています。実質コストの合計は税込み1%未満。

3.バンガードの知見とノウハウの活用

バンガードは、1976年に世界初の個人投資家向けインデックスファンドを開発し、インデックス運用のパイオニア的存在です。

世界公募投資信託(オープンエンドファンド)純資産総額ランキングで世界No.1(351兆円、2016年6月末時点)となっています。

このバンガードの運用哲学の共有や投資運用委員会への人材派遣など、投資運用面でも知見を活用されています。

マネラップ 公式サイトへ

マネラップ(MSV LIFE)にかかるコスト

マネラップ(MSV LIFE)は、投資対象を低コストのETFに絞っています。

運営管理費用である実質コストは、年間1%未満を目指すように設定されています。

最低投資金額

マネラップは最低投資金額を1,000円からはじめることができます。

毎月コツコツと、1,000円以上1,000円単位という少額からでも積立をはじめることが出来るので、投資が未経験の方でもリスクが少ない金額で運用が可能です。

自動積立にも対応

資金は、マネックス証券総合取引口座から引落しで積み立てが行われます。

銀行からの自動引落が利用できないので、毎月自分でマネックス証券総合取引口座から引落しに入金する必要があります。

他のロボ・アドバイザーでは自動積立が出来る会社も多いので、この点はデメリットになっています。

投資対象

マネラップ(MSV LIFE)は、国内外のETFを投資対象としています。

国内ETFのみ、海外ETFのみが投資対象というロボ・アドバイザーが多い中、国内外両方のETFが対象というのは、分散投資を考える上で、選択肢が広がります。

投資対象となる資産クラスは、国内外の株式・債券・REITになっています。

また、ポートフォリオは、最新の金融工学と長年の金融業界での経験をもとに構築されたアルゴリズムが使用されています。

マネラップ 公式サイトへ

資産運用計画

運用方針は、米国バンガード グループと運用哲学を共有していて、「明確な計画の策定」、「最適な資産配分の構築」、「徹底したコスト管理」、「長期的な一貫性の保持」の原則に基づいて運用されます。

大きな資産運用のタイプとして3つのパターンが用意されています。

「ためるタイプ」「そなえるタイプ」「たのしむタイプ」の3つのタイプから運用計画をつくってくれます。

1.ためる

資産形成をサポート。まとまった資産を作りたい方向け。

2.そなえる

資産形成から活用までをサポート。「ためる」と「たのしむ」の2タイプを組み合わせて、トータルサポートを実現。

3.たのしむ

資産の有効活用をサポート。今ある資産を有効活用したい方向け。

また、マネラップは、下落相場に強いアルゴリズムが組まれています。その為に相対的に債権への割合が高く、株式相場が好調な場合にはパフォーマンスが相対的に低くなる傾向が見られます。

リバランス

ポートフォリオの見直しであるリバランスは、四半期に1回の予定で実行されています。

安全性

マネックス・セゾン・バンガード投資顧問株式会社(MSV)は、マネックスグループ株式会社、株式会社クレディセゾン、バンガード・グループの出資を受け2015年8月に設立された資産運用会社です。

税金対応

マネラップ(MSV LIFE)は一般口座で運用となるので、運用益が出た場合には、自分で確定申告を行う必要があります。また、現状ではNISAやつみたてNISAにも非対応となっています。

MSV LIFE(マネラップ)まとめ

MSV LIFE(マネラップ)は、目標達成確率が80%以上にならないと運用を開始できない仕組みになっています。

慎重に資産を運用したい方、将来のライフイベントの目標額を達成率を高めたい方に向いたロボ・アドババイザーといえます。

以上、「マネラップ (MSV LIFE)の運用実績や評判、デメリット」でした。

マネラップ 公式サイトへ

あなたのお金の貯め方・増やし方は?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も