Zaif(ザイフ)について

・トークンエコノミーを豊富に取り扱い

・Zaifコイン積立でコツコツ積み立て

・仮想・暗号通貨同士のトレードが可能

・ビットコインAirFXはレバレッジが最大25倍

・CEOの朝山氏はNEM.io財団評議員

Zaif 公式サイトへ

Zaifの魅力は取引手数料が-0.01%。ビットコインを取引するごとに、価格の0.01%がボーナスとしてもらえるのです。また、ビットコインを積み立てで購入できるのも評判です。

Zaifを運営しているテックビューロ株式会社は、大阪に本社を構えていてZaifの運営やプライベート・ブロックチェーン製品mijin、トークンの発行販売、COSMAという独自のICOプラットフォームの展開*など、仮想通貨を支えているブロックチェーンを活用したシステム開発などを展開しています。

Zaif 公式サイトへ

運営会社
テックビューロ株式会社
仮想通貨交換業者登録
近畿財務局長第00002号
設立2014年6月16日
資本金8億3,013万円
株主

朝山貴生、朝山道央、日本テクノロジーベンチャーパートナーズCC投資事業組合(略称NTVP)

参加団体一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会(JCBA) ブロックチェーン推進協会(BCCC)
事業形態取引所かつ販売所
レバレッジ取引最大25倍

Zaif(ザイフ)の取り扱い仮想通貨

取り扱っている仮想通貨は5種類

Zaifでは下記のコインを仮想通貨の現物取引として利用できます。
Zaifで使える法定通貨は日本円のみ。 ドルやユーロの対応は行なっていません。

取引所(現物取引)

買いたい人と売りたい人をオンライン上で繋げて売買を行う方法です。株やFXと同様に買いたい人と売りたい人同士で、通貨の交換を行います。

取引方法取扱仮想通貨
ビットコイン取引所ビットコイン(BTC)
アルトコイン取引所イーサリアム(ETH)
モナコイン(MONA)
ネム(NEM)
ビットコインキャッシュ(BCH)
取引所の手数料

仮想通貨

手数料

ビットコイン

-0.05%~-0.01%

アルトコイン

0% ~0.3%

販売所

Zaif(ザイフ)が仕入れて保持している仮想通貨を、提示されたレートで購入することができます。

取引方法取扱仮想通貨
ビットコイン販売所ビットコイン(BTC)
アルトコイン販売所モナコイン(MONA)
販売所の手数料

仮想通貨

手数料

ビットコイン

無料

アルトコイン

無料

 

Zaif(ザイフ)で取り扱っているトークン

取り扱っているトークンは10種類

Zaifの大きな特徴としてトークン(代替通貨)の取扱があることです。トークンとは、価値をデジタルに記録して、モノやサービスと交換される代用貨幣・証券のようなものです。
ゲームで使う通貨、株式の配当金の代わり、トレーディングカードの売買用など、用途はさまざまです。

オリジナルのZaifトークンやペペキャッシュなど10種類を揃えているのはZaifだけです。さらに多様化が期待されるトークン。先行投資の意味でも要チェックしておきたいところです。

ZAIF(ザイフ)、CounterParty(カウンターパーティー)、BitCrystals(ビットクリスタル)、Storj(ストレージ)、FiscoCoin(フィスココイン)、PepeCash(ペペキャッシュ)、CAICA(カイカ)、ネクスコイン、ZEN(JPYZ)

Zaif(ザイフ)のレバレッジ取引

レバレッジをかけることで、手持ちの資金よりも大きな金額で取引ができます。Zaif(ザイフ)のレバレッジは最大で25倍となっています。

AirFXとは?

ビットコインAirFXは、実際には現物取引ではありませんが、現物のように高いレバレッジで取引ができるため、「AirFight(空中戦) Exchange」の意味をこめて名付けられたサービスです。

取引方法取扱仮想通貨
Air FXビットコイン(BTC)
レバレッジ取引の手数料

Air FX

無料

日次手数料

一日あたり建玉金額の0.039%
※2時間毎に1日分の手数料率の1/12ずつ発生
※日次手数料=手数料徴収時点での価格レート×総発注量×手数料率

スワップ手数料

現物価格からAirFXの価格が乖離するとスワップ手数料が発生

COSMAという独自のICOプラットフォーム

ICOとはイニシャルコインオファリングス、仮想通貨発行による資金の調達のことです。
従来、起業するために資金調達するときは、株式の発行や銀行、ベンチャーキャピタルによる融資が主なものでした。場合によっては資金調達が得られないこともあります。ところがICOによりビットコインなど仮想通貨を利用している個人からの資金調達を可能に。新規事業を立ち上げる人の新たな追い風を目指しています。

Zaif(ザイフ)の安全性・セキュリティ

Zaif はセキュリティ対策としてコールドウォレット、二段階認証の導入などを採用しています。

コールドウォレット

顧客資産のオフライン保存

二段階認証の導入

従来のIDとパスワードに加え、認証コードを追加で求めることでセキュリティを強化

マルチシグネチャウォレット

ビットコイン送付にダブルチェックを導入するシステム

補償契約

不正出金など万一の際に、顧客資産を保険会社に保証してもらう契約

×

分別管理補償

資産を信託会社に信託するという形式で、分別管理を補償すること

×

取り扱い手数料

Zaifの各種手数料をまとめました。

口座に関する手数料

Zaif(ザイフ)では、口座開設やアカウント作成、口座の維持には手数料がかかりません。

口座作成手数料

無料

口座維持手数料

無料

日本円の入金・出金手数料

Zaif(ザイフ)への入金方法は3つあります。

なお、入金できる法定通貨は日本円のみで、米ドルやユーロには対応していません。

・銀行振込

指定された銀行口座に、日本円を振り込みます。振込手数料は個人負担です。

・コンビニ入金

コンビニでの支払いで入金を行います。

・Pay-easy(ペイジー)入金

ペイジーを利用して入金します。

入金方法

手数料

銀行振込

各銀行の振込手数料を個人負担

コンビニ入金

3万円未満の入金:486円
3万円以上の入金:594円

ペイジー入金

3万円未満の入金:486円
3万円以上の入金:594円

銀行への出金

50万円未満の出金:350円
50万円以上の出金:756円

・仮想通貨入金(預入)

Zaif(ザイフ)で取り扱っている仮想通貨を、他の仮想通貨ウォレットなどから入金することが可能です。

仮想通貨の入金

無料

仮想通貨を送金する方法

購入した仮想通貨は、資産としてウォレットに保管されます。
ウォレットにある仮想通貨は、それぞれ対応している他のウォレットへ送金することができます。
それぞれの通貨は、送金を完了するためにマイナーに一定額の手数料を払う必要があります。

 

送金対象仮想通貨

送金手数料

ビットコイン(BTC)0.0001BTC以上選択可
(0.0010BTC以上推奨)
イーサリアム(ETH)0.01ETH~
モナコイン(MONA)0.001MONA
ネム(NEM)2XEM〜
ビットコインキャッシュ(BCH)0.001BCH

仮想通貨の購入方法

Zaif(ザイフ)で仮想通貨を購入する方法は、3通りあります。

・取引所で購入

・販売所で購入

取引所や販売所で購入する場合には、あらかじめZaif(ザイフ)に入金しておく必要があります。

・クレジットカードでの購入

2018年2月9日(金)17:00から、クレジットカードでの仮想通貨購入が停止となっています。

取引量

Zaifの取引規模を1日のビットコインの取引量であらわしました。国内では3位、世界26位の取引量があります。

Zaif 取引量 約0.85万BTC(世界26位)

2018 年1月現在

参考元:https://www.coinhills.com/market/exchange/

使いやすさ

高機能チャートツールTradingViewを採用

100種類以上の分析機能を搭載しているTradingViewを採用。

10の足種、76のテクニカル指標、描画機能も備えています。便利なSNS連携機能もあるのでチャートなどをTwitterに投稿することも可能です。わかりやすさに徹した画面構成になっていますのでビギナーの方でも迷うことなく取引を行うことができます。

TradingView iPhoneAndroidのスマホアプリに完全対応

多機能なチャートツールTradingViewはPCのみならずiPhoneとAndroidのスマートフォンにも完全対応。

5種類のコインの送受信、コインの売買、チャート閲覧ができます。FX取引にも可能です。外出先などでも注文状況をすばやく表示、チャート分析が行えるので参考にしながらの注文が行えます。

独自サービス

ZaifではZaifコイン積立やマネパカード提携など魅力的な独自のサービスを行っています。

Zaifコイン積立

ビットコインには興味がある。将来に備えてビットコインを保有したい。

でも、取引所の利用や売買のタイミングなどはわからない。
そんなビギナーのために開発されたのがZaifのコイン積立です。

毎月自動でビットコインを買い付けして積立。ドル・コスト平均法によりリスクをヘッジしながら、長期的に資産を増やせるサービスです。

マネパカード(プリペイドカード)と提携

マネパカードとは、米ドルやユーロなどの海外通貨をチャージしておいて、海外での買い物に使える便利なプリペイドカードです。

Zaifはマネパカードを運営しているマネーパートナーズと連携し、マネパカードにビットコインを日本円としてチャージできるサービスがスタートしました。

Zaifでビットコインを持っていてもビットコインで支払いができるお店はきわめて少数です。マネパカードにビットコインをチャージすると自動的に円換算され日本円をチャージすることと同じになるので、支払いできる店が飛躍的に広がります。
マネパカードは、国内で利用すると最大2%のキャッシュバックが毎月入るお得なプリペイドカードで、うれしいことにチャージ手数料は無料です。

Zaif まとめ

これからますます仮想通貨交換業者が増加することは必至と思われます。

取引所を選ぶポイントは、財産的基盤、セキュリティ、使いやすさです。口座を開設するときには、この3点を踏まえて選択するようにしましょう。

Zaifは金融庁から認可されている安心度の高い取引所です。仮想通貨のみならずオリジナルのZaifトークンなど多彩なトークン(代替通貨)を扱っているのも大きな特徴の一つです。将来の値上がりを見越して購入するのもよいでしょう。

初心者の方にはビットコインが自動的に積み立てられる「Zaifコイン積立」から始められてはいかがでしょうか。

Zaif 公式サイトへ