GMOコインは東証一部上場企業のグループ会社

GMOコイン

・GMOインターネット株式会社のグループ会社

・ビットコインの売買が分かりすくて快適

・アルトコインのレバレッジ取引ができる

・仮想通貨FXのレバレッジは最大「5倍」

・仮想通貨交換業者の認可済

GMOコイン 公式サイトへ

GMOコインは2016年10月に設立され、仮想通貨FXや売買サービスを行っています。

GMOコインを運営するGMOコイン株式会社は、FX取引でシェアNo.1の東証一部上場会社であるGMOインターネット株式会社のグループ会社です。

GMOインターネットグループで蓄積された金融サービス提供のノウハウを活かして、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、安心してビットコインの取引がでる環境を提供しています。

GMOコイン 公式サイトへ

GMOコインの取り扱い仮想通貨と取引方法

GMOコインは仮想通貨の「取引所」「販売所」を扱っています。

取引所

「取引所」は通貨のトレード相手が第三者になります。

不特定多数の人と取引所を介して売買を行います。ユーザーが買いたい額・売りたい額の希望金額を指定してマッチングしたら売買取引が成立します。
価格は流動的なので、売りに出されている最も安い金額を見て成行で注文しても、実際に約定した際に想定した価格よりも高くなってしまう事があります。

取引方法取扱仮想通貨
現物取引ビットコイン(BTC)
取引所の手数料

仮想通貨

手数料

ビットコイン

Maker:0%
Taker:0.01%

レバレッジ取引

レバレッジをかけることで、手持ちの資金よりも大きな金額で取引ができます。

レバレッジは最大で10倍です。

取引方法取扱仮想通貨
レバレッジ取引ビットコイン(BTC)
手数料

仮想通貨

手数料

ビットコイン

無料

現物取引(販売所)

「販売所」は、ユーザーとGMOコインの間で売買取引が行われます。
10万円でも100万円でも、提示されている価格で売買が成立します。価格が固定されているので指定した数量分の売買が成立します。手数料は取引所と比較すると割高になる場合もありますが、GMOコインは他の販売所と比較しても手数料が割安に設定されています。

仮想通貨の現物を売買する取引です。GMOコインに預け入れている資金の範囲内で売買の取引を行うことができます。

GMOコインの現物取引では下記の仮想通貨を取り扱っています。

サービス取扱仮想通貨
仮想通貨現物売買ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
仮想通貨現物売買の手数料

仮想通貨

手数料

ビットコイン

無料

アルトコイン

無料

証拠金取引

GMOコインの証拠金取引は「仮想通貨FX」で、ビットコイン/円(BTC/JPY)の売買取引を行う事ができます。

仮想通貨FXは、自己資金に対して最大5倍のレバレッジをかけて取引を行います。
仮に、20万円の元手に対してレバレッジ5倍で購入すると、100万円分のビットコイン(BTC)を売買することができます。

取引方法取扱仮想通貨ペア
仮想通貨FXビットコイン/円(BTC/JPY)
証拠金取引の手数料
サービス

レバレッジ手数料

仮想通貨FX

建玉ごとに0.04% / 日

取引手数料は無料
買い・売りの新規注文、売買の決済注文、ロスカットなど、すべての取引手数料が無料と、無駄なコストがかかりません。

24時間365日取引可能
通常のFXでは、土曜の朝から月曜の朝までなど、取引ができない時間帯がありますが、仮想通貨FXの場合、土日祝日など曜日や時間帯を気にすることなく取引ができます。急な価格変動にもすぐに対応して取引ができます。

(引用:GMOコイン公式サイト)

2wayプライス
注文価格は「Bid(売り)」と「Ask(買い)」の2wayプライスの表示になっているので、分かりやすい設定になっています。GMOコインは販売所形式なので、取引価格が分かりやすく表示されていて、自分が買いたい金額そのままで売買が可能です。

追加証拠金制度なし
GMOコインでは「ロスカットルール」を採用しています。
レバレッジを最大5倍、資金が10万円の場合50万円までの取引ができます。利益が出ると通常の5倍分が手に入りますが、逆は場合は損失も5倍になります。口座の証拠金維持率が75%を下回ると、保有建玉が強制的に決済される自動ロスカットが行われます。急な相場の変動でも、資金以上に損失が拡大しないように自動で決済が行われます。
「追加証拠金なし」という設定になっているので、損失が大きくなったとしても自分で入金した資金以上の損失が膨らまない設計になっています。
ただし、公式サイトには以下の説明書きも掲載れているので、「不足金」という名前の請求がある可能性もあるようです。

※仮想通貨FXでは、各お客様の証拠金維持率を巡回しながら監視しており、ロスカットの執行にはある程度の時間を要します。そのため、お客様の証拠金維持率が基準値を下回ったとしても、必ずしも直ちにお客様の建玉が決済されるわけではありません。したがって、相場が急激に変動した場合には証拠金の額を上回る損失が生じることもあり、その超過額は「不足金」としてお支払いただきます。

GMOコイン 公式サイトへ

GMOコインの安全性・セキュリティ

GMOコインはセキュリティ対策としてコールドウォレット、2段階認証の導入、マルチシグネチャウォレットなどを導入しています。

セキュリティ

セキュリティ内容

対応

コールドウォレット

顧客資産のオフライン保存

2段階認証の導入

従来のIDとパスワードに加え、認証コードを追加で求めることでセキュリティを強化

マルチシグネチャウォレット

ビットコイン送付にダブルチェックを導入するシステム

補償契約

不正出金など万一の際に、顧客資産を保険会社に保証してもらう契約

×

分別管理補償

資産を信託会社に信託するという形式で、分別管理を補償すること

2段階認証

2段階認証は、口座開設者本人だけに通知する1回限り有効なワンタイムパスワードで認証をすることで、セキュリティを強化する仕組みです。認証アプリ、SMS、電話での認証方法が用意されています。

(引用:GMOコイン公式サイト)

資金の分別管理

金銭の分別管理

ユーザーから預託を受けた金銭は、GMOコインの自己資金とは別口座で管理されています。

仮想通貨の分別管理

仮想通貨の保管場所は、GMOコイン保有分とユーザー保有分で物理的に分離されています。

仮想通貨の盗難対策

ハッキング対策として、仮想通貨の秘密鍵は、即時送付に必要な分以外のすべてをインターネットから隔離された「コールドストレージ」で保存されています。即時送付に必要な分も、一つのアドレスに複数の秘密鍵を割り当てる「マルチシグネチャアドレス」を採用してリスクを抑えています。

GMOコインの各種手数料

仮想通貨を取引する際に気になるのがコストであるさまざまな手数料です。GMOコインの各種手数料をまとめました。

口座に関する手数料

口座開設やアカウント作成、口座の維持には手数料はかかりません。

口座作成手数料

無料

口座維持手数料

無料

日本円の入金・出金手数料

GMOコインへの入金方法は2つ用意されています。

銀行振込

GMOコインの指定銀行口座に、日本円を振り込みます。振込手数料は個人負担となっています。

即時入金

ネットバンクからの振込で、24 時間 365 日、日本円を入金することができます。

入金方法

手数料

銀行振込

各銀行の振込手数料は個人負担

即時入金

無料

銀行への出金

無料

GMOコインの取扱ツール

仮想通貨現物売買

公式のWEBサイト上でビットコイン(BTC)やアルトコインの購入や売却ができます。
日本円で10万円など、金額を指定して「購入」または「売却」ボタンを押すだけで簡単に売買取引ができる、シンプルで分かりやすい設計になっています。

(引用:GMOコイン公式サイト)

仮想通貨現物売買の「レート確保時間」

仮想通貨の価格は値動きが激しい特徴があります。現物売買では、購入・売却ボタンをクリックした時の「注文レート」と注文がシステムに到達した時のレート「約定レート」)が変わっている可能性があります。

注文したレートが、システムに反映されるまでのタイムラグの間に、価格が大きく変動してしまった場合に損をしてしまう事があるのです。

そのため、GMOコインではユーザーがクリックした注文レートで約定できるよう、売買内容の確認画面で「6秒間注文レートを確保する」という機能を搭載しています。そうする事で意図しなかったレートで約定して、損をしないように配慮されています。

なお、6秒を超えると注文レートが無効となるので、再度注文する必要があります。

仮想通貨FX専用アプリ「ビットレ君」

GMOコインでは仮想通貨FX専用アプリの「ビットレ君」が利用できます。
ビットコインをはじめとする仮想通貨FX取引に最適化された、さまざまな機能を使うことができます。

見やすいチャート

見やすさを重視したビットレ君のチャート画面では、全9種類のテクニカル指標が利用できます。

チャートエリア単純移動平均線
指数平滑移動平均線
ボリンジャーバンド
一目均衡表
平均足
テクニカルMACD
RSI
DMI/ADX
RCI

豊富な情報を参考にしながらトレードができる

FXトレードに参考となる、下記の情報がスマホアプリで見やすく表示させることができます。

・リアルタイムのレート
・建玉サマリー
・建玉一覧
・注文一覧
・約定履歴

1タップのスピード注文

相場変動のタイミングを逃さない「スピード注文」1タップで即時発注できる注文方法です。
新規・決済・ドテン・同一銘柄の注文も、1タップで操作が可能です。

GMOコイン 公式サイトへ

運営会社GMOコイン株式会社
仮想通貨交換業者登録関東財務局長 第00006号
設立2016年10月
資本金17.58億円(準備金含む)
主要株主

GMOインターネット株式会社
GMOフィナンシャルホールディングス株式会社
GMOグローバルサイン株式会社 
Fitech Source,Inc.
高島 秀行

参加団体日本資金決済業協会
日本仮想通貨事業者協会 
日本ブロックチェーン協会
事業内容仮想通貨交換業