普段なにげなく使っている銀行の普通預金ですが、よく使うサービスだからこそ、その仕組みを理解しておくことが大切です。

普通預金はどんな特徴があるのか、金利はどのくらいなのか、入出金の方法や手数料など、メリットやデメリットも含めてあらためて紹介します。

初めてだとわかりにくい口座開設の方法も紹介していますので、これから普通預金口座を開設しようと考えている方にも参考になるかと思います。

普通預金のしくみ

普通預金は口座を開設しておけば、その口座に自由にお金を預けたり、引き出せたりできます。

銀行での預金方法には定期預金などもありますが、定期預金は自由な預入や払戻ができませんので、大きな違いです。

一般的にはお金を預けるために使われることの多い普通預金ですが、同時に公共料金の支払いなどにも使われます。口座振替と呼ばれる支払いの方法で、普通預金に預入されているお金の中から、特定の料金を支払えるようになっています。

また、給料などの受取口座としても活用されています。

金利が低いこともあり、普段の生活で一時的にお金を預けておく口座、料金支払のための口座、といった意味合いが強くなります。長期間の貯蓄のためではなく、短期間の貯蓄のために利用するといった捉え方になります。

普通預金の特徴

普通預金の口座を作ると、通帳とATMで使用できるキャッシュカードが発行されます。

通帳とカードの2つを使うことで、店頭窓口やATMでも自由にお金を預入、払戻できるようになっています。

預入できる最高額には原則として制限はなく、いくらでも預けることが可能です。
逆に最低預入額は銀行によって違い、0円でも口座開設できる銀行もあれば、1円以上の預入がないと口座開設できない銀行もあります。

口座開設にあたっての対象者にも特に制限はありませんが、未成年の場合は銀行によっては親の同意が必要となるケースがあります。
成人している方なら誰でも口座開設が可能です。

一般的な銀行の口座開設は無料で、一部の銀行のみ口座を維持するための手数料がかかる場合もあります。

金利の低い普通預金口座でも税金がかかります。
預金の利息に対して税金が発生しますが、税金は銀行側であらかじめ差し引いてくれていますので、自分で納税する必要はありません。

総合口座とは

「総合口座」は、日常的に出し入れする「普通預金」にプラスして、以下のような機能を持った口座です。

・定期預金の口座

・国債等の公共債の保護預かり

・預金を担保とした自動融資

普通預金の残高を超えた払い戻しや、公共料金などの引き落としがあった場合、不足額をあらかじめ設定した借越限度額まで自動で融資する機能を持っています。

普通預金の金利

普通預金にお金を預けていると、金利に応じた利息が入金されます。

利息の計算方法

利息がつく最低残高・最低単位は1円以上です。
毎日の残高を、1年を365日とする日割り計算で行って、毎日の利息額が計算されます。

2018年現在の普通預金の金利は、メガバンクで0.001%と低水準になっており、ネットバンクなどの金利が高めの銀行でも0.1%程度になっています。
ですので、利息を利用した資産運用として普通預金口座を利用することはあまりおすすめしません。

利息が入金されるタイミングは銀行によって違いますが、大半の銀行は毎月の入金、もしくは年2回の入金となっています。税金が差し引かれた状態で入金され、通帳で具体的な金額を確認できます。

取扱金融機関

銀行であればどこでも普通預金口座を開設できます。
口座開設にあたっては身分証明証と印鑑が必要です。

口座開設の際に1円以上の入金をしなければならない銀行の場合、最初に預けるための現金も必要です。

手続きは窓口で行い、普通預金口座を作りたいことを伝え、必要な書類に必要事項を記入していきます。

銀行によっては、口座開設の目的や職業も聞かれる場合があります。
目的はなんでもかまいませんので、貯金するから、口座振替用など、自分の目的をそのまま答えしょう。

ネット銀行で口座開設する場合もほぼ同じ流れで、ホームページ上で必要事項を入力、送信する形です。

スマホなどを活用して、証明書類をアップロードすると、郵送での手続きも必要がないので簡単に口座開設が出来ます。

入金・出金方法

普通預金口座で入金、出金する方法は2つあります。

1つは「店頭窓口」で行う方法、もう1つは「ATM」を利用する方法です。

店頭窓口の場合、入金する時は入金伝票に記入し、通帳と併せて窓口の職員に渡します。
出金の場合も出金伝票に記入し、銀行印を押します。

ATMを利用する場合は簡単で、カードをATMに挿入し、入金か出金かを選択、暗証番号を入力した後、希望する金額を入力します。

通帳もATMに挿入しておけば、一緒に記帳も行われます。

ATMを利用することで銀行に直接行かなくても、提携ATMなどを使って入金や出金ができるようになり、入金、出金方法は手軽で非常に優れています。

ATM手数料

ATMを利用して入出金を行う場合、ATM手数料がかかることがあります。

どのような条件で、手数料がいくらかかるのか、銀行ごとに違いますので普通預金口座を作る時は、ATM手数料についても確認しておくようにしましょう。

手数料は100円から400円ほどと、高い金額ではありませんが、ATMを頻繁に使う場合は大きな出費になり得ます。

普通預金口座を利用した場合の出費を最小限に抑えるなら、できるだけATM手数料のかからない銀行を選ぶのもおすすめです。

平日と土日祝日では手数料が変わることもあり、一般的に平日の営業時間内の方がお得になっています。

普通預金のメリット

普通預金にお金を預けるメリット、それはやはり自由に入金、出金が可能ということでしょう。

店頭窓口はもちろん、ATMを使って自分の好きな時にお金を引き出したりできるので、とても便利です。

口座振替によって公共料金などの支払いもできるため、お金の管理がしやすいのもメリットでしょう。

定期預金口座などでは普通預金の使い方はできませんので、メリットを活かせる使い方をするのがポイントです。

普通預金のデメリット

普通預金のデメリットとしては金利の低さが挙げられます。

現状、普通預金の金利は非常に低く、多少の利息が入ってくるとはいえ、お金を増やすといった使い方はほぼできません。

銀行が倒産したような場合には、普通預金口座のお金はこの制度をペイオフといいます。

つまり1,000万円以上の預金がある方の場合、銀行が倒産するといくらか損をしてしまう可能性があります。

少なくとも1,000万円の保障があるためメリットとも言えますが、人によってはデメリットにもなります。

1,000万円以上のお金を普通預金口座に預ける場合は、複数の銀行に口座を開設し、1,000万円ずつ預けておく対策が必要です。

付随サービス

銀行によっては普通預金に付随サービスを付けている銀行もあります。

金利の面で優遇されるといった内容ですが、すべての銀行が付随サービスを付けているわけではありません。

あくまでも一部の銀行がサービスとして行っているものなので、基本的には特別なサービスのない普通預金が多くなります。

普通預金をよりお得に使いたいと感じるのであれば、付随サービスのある銀行を探し、普通預金口座を開設するのもいいでしょう。

預金を守る保険制度

ペイオフは銀行などの金融機関が倒産しても、元本1,000万円とその利息までの預貯金は戻ってくるという預金制度です。

裏を返すと、1つの金融機関の普通預金や定期預金の合計が1,000万円以上だった場合、声得る部分については保証されないということです。

2010年9月には日本振興銀行が経営破綻し、日本で初めてペイオフが発動されました。

銀行に預けた預金の安全性についても知っておきましょう。

ペイオフとは?銀行に預けた預金を守る保険制度の仕組み

普通預金まとめ

普通預金は誰でも口座を開設でき、自由に入出金ができることから非常に便利なサービスです。

利用する機会も多くなるので、どんな活用ができるのか、金利はどのくらいかなどを把握し、メリットとデメリットを踏まえたうえで利用しましょう。

普通預金を使いこなせるようになり、今まで以上に有効に活用できます。

普通預金のポイントと金融機関の選び方

あなたの積み立てのお悩みは?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も