管理人2号 たて史管理人2号
たて史

こんにちは、積立ビルダーズ管理人2号「たて史」です。

iDeCo(イデコ)体験談の3回目は、iDeCoの始め方について紹介します。

iDeCoで積み立てをスタートするには、金融機関を1つだけ選んでiDeCo専用口座を開設する必要があります。

たて史は、金融機関の中から楽天証券を選びました。

私が楽天証券を選んだ理由は、iDeCoで作る自分年金 体験談その2「iDeCoは楽天証券がオススメ」で紹介しています。

それでは、楽天証券を使ったiDeCoの始め方の手順を紹介しましょう。

楽天証券のiDeCo(イデコ)の特長

楽天証券でiDeCoの運用を行った場合、様々な特長・メリットがあります。

1.楽天証券は運営管理手数料が無条件で0円

iDeCo加入時と加入中に掛かる手数料を整理してみましょう。

① iDeCo加入時に掛かる手数料

iDeCoへ加入する場合、もしくは企業型確定拠出年金からiDeCoへ年金資産を移す場合、国民年金基金連合会へ支払う手数料として2,777円(税込)が掛かります。

この手数料は初回掛け金引落時に引落金額から自動的に差し引かれるため、納付の手間は掛かりません。

加入時に掛かる手数料は、どの金融機関を選んだ場合でも金額は同じです。

② iDeCo加入中に掛かる手数料

iDeCo加入中は、いくつかの手数料が掛かります。

・国民年金基金連合会への収納手数料

iDeCoは掛け金引落の際に国民年金基金連合会への手数料として全金融機関一律で月額103円(税込)掛かります。

・資産管理機関への事務手数料

iDeCoは引落後の資産管理機関への手数料として最低でも月額64円(税込)程度掛かります。

なお、この事務手数料は金融機関によって異なり高い場合には数百円程度掛かる場合があるため、運営管理金融機関を選ぶ際には必ず確認しましょう。

なお、楽天証券は資産管理を信託銀行が行っており、手数料は最安水準の月額64円(税込)となっています。

・運営管理機関への口座管理料

iDeCoは運営管理機関への口座管理料が掛かる場合があり、金額は0円から数百円と機関によって異なります。

また、口座管理料が0円となっていても、iDeCo残高が〇〇円以上、積み立て期間が〇カ月以上など場合によって条件が付けられていることもあります。

この点、楽天証券は無条件に0円となっているため、利用者負担はありません。

iDeCoは長くて数十年利用する制度のため、1カ月数百円の手数料も長期的に見れば大きな負担となりますので、運用管理金融機関を選ぶ場合には必ず手数料金額は確認するようにしましょう。

楽天証券は加入中に掛かる手数料は業界でも最安水準に抑えることができますのでおすすめです。

2.楽天証券はiDeCoの取り扱いラインナップの豊富

楽天証券ではiDeCoの取り扱いラインナップが2019年6月時点で32本提供されています。

内訳は元本確保型が定期預金の1本、投資信託が31本となっており、投資信託は国内株式、国内債券、国内REIT、海外株式、海外債券、海外REIT、国内外株式、コモディティ、バランス型と広いジャンルをカバーしたラインナップとなっているほか、2030年、2040年、2050年を退職目標年に設定し、そこへ向けてファンド内の国内外株式および債券の組み入れ比率を調整するターゲットイヤーという名前の投資信託まで取り揃えられています。

このくらいの商品ラインナップ充実度があれば十分に資産運用先を選ぶことができます。

3.楽天証券の投資信託は低コストのファンド中心

先ほども触れましたがiDeCoは長期的に利用することを前提とした制度です。

そのため、一見わずかなコストであっても長期的には大きな負担になる可能性があるため特にコストへは注目を払いましょう。

投資信託を選ぶ場合、注意しなければならないコストは信託報酬と呼ばれる運用管理費用です。

・信託報酬とは

信託報酬とは投資信託保有中に発生するコストで、保有している残高の対してファンドごとに決まった料率が徴収されます。

そのため、積み立て額が増えて保有残高が増えると負担する信託報酬額も雪だるま式に増えることになります。

投資家から徴収された信託報酬は投資信託を販売する販売会社、管理する信託銀行、運用指図する運用会社で分配されます。

信託報酬は低ければ低いほど投資家にとっては有利で、報酬率は銘柄によってまちまちですが、一般的にはインデックスファンドは安く、アクティブファンドは高い傾向にあります。

これはアクティブファンドの方が市場平均よりも高い利回りを目指すため運用コストが掛かると言われているためです。

それでは楽天証券が取扱う投資信託の信託報酬を見てみましょう。

楽天証券のiDeCo取り扱い商品(2019年7月時点)

ジャンルファンド名ファンド管理費用
(信託報酬と税込)
国内株式三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド0.1728%
たわらノーロード 日経2250.1836%
iTrust日本株式0.9612%
MHAM日本成長株ファンド<DC年金>1.6740%
フィデリティ・日本成長株・ファンド1.6524%
コモンズ30ファンド1.0584%
国内債券たわらノーロード国内債券0.1512%
明治安田DC日本債券オープン0.6480%
国内REIT三井住友・DC日本リートインデックスファンド0.2700%
野村J-REIT ファンド(確定拠出年金向け)1.0260%
海外株式たわらノーロード先進国株式0.2160%
インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式0.5940%
ラッセル・インベストメント外国株式ファンド(DC向け)1.4364%
iTrust 世界株式0.9612%
楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))0.1696%
海外債券たわらノーロード先進国債券0.1836%
たわらノーロード先進国債券(為替ヘッジあり)0.2160%
インデックスファンド海外新興国(エマージング)債券(1年決算型)0.5616%
みずほUSハイイールドファンド<DC年金>1.5120%
海外REIT三井住友・DC外国リートインデックスファンド0.2916%
国内外株式セゾン資産形成の達人ファンド1.5500%
楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))0.2196%
コモディティステートストリート・ゴールドファンド(為替ヘッジあり)0.8860%
バランス型三井住友・DC世界バランスファンド(動的配分型)1.2856%
三菱UFJ DCバランス・イノベーション(KAKUSHIN)0.6480%
投資のソムリエ<DC年金>1.1880%
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド0.6200%
楽天・インデックス・バランス(DC年金)0.2078%
ターゲットイヤー型楽天ターゲットイヤー20300.8970%
楽天ターゲットイヤー20400.9170%
楽天ターゲットイヤー20500.9170%
定期預金みずほDC定期預金

楽天証券では全体的に信託報酬が安い投資信託の取り扱いが多く、例えば国内株式型の三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンドの信託報酬は0.1728%となっています。。

また、いずれのカテゴリーにおいても0.1~0.2%台の信託報酬が安い投資信託がそろっています。

運用管理機関によっては信託報酬が高い投資信託しか取り扱っていない、信託報酬が低い銘柄の取り扱いはあるもののカテゴリーが偏っている等の場合がありますが、楽天証券はそういったことがないため安心して商品を選ぶことができます。

なお、投資信託の選択に迷った際には信託報酬が安いものと優先的に見るとよいでしょう。

4.楽天証券は管理画面が見やすく使いやすい

楽天証券は管理画面が見やすいことが特徴です。

具体的に見てみましょう。

楽天証券 管理画面

楽天証券のiDeCo画面を見るためには総合口座へログインし、webサイト上部の「確定拠出年金(iDeCo)」の部分をクリックするとたどり着くことができます。

iDeCoトップページには保有資産の時価評価額、投資累計額、評価損益、運用利回り、資産タイプ別の資産状況を一目で確認することができます。

つぎに資産の推移を見てみましょう。

楽天証券 資産の推移

資産状況は保有資産タイプ別に色分けされた棒グラフとなっており、自身の資産配分はもとよりカーソルを合せると詳細な金額もみることができます。

最後に商品選択箇所を見てみましょう。

楽天証券 商品選択

楽天証券はどの投資信託を選んでよいか分からない方向けに「バランス型ファンドから選ぶ」、「リスク・リターンかを自分で考えてポートフォリオから選ぶ」の2パターンを選択肢として提示しています。

例えばバランス型ファンドを選択してみましょう。

楽天証券 バランス型ファンド

バランス型ファンドに該当する投資信託が表示され、6カ月、1年、3年のリターン状況、信託報酬も表示されています。

各投資信託の実績や信託報酬を見てじっくり比較しながら商品の選択、資産配分比率を設定することができるため特に投資初心者の方にはおすすめです。

5.楽天証券はサポートが充実

楽天証券はiDeCo専用の電話問合せ窓口を用意しています。

楽天証券 iDeCo専用ダイアル

すでにiDeCo加入中の方だけでなく現在iDeCo加入を検討中の方でも電話をすることができます。

<楽天証券iDeCo専用ダイヤル>

固定電話:0120-545-401

携帯・PHS・IP電話:03-6739-1363/050-000-401

受付時間:平日午前10時~午後19時(※祝日除く)、土曜日午前9時~午後17時

 

平日以外にも土曜日も電話受付をしているため、平日日中が忙しい会社員や主婦の方でも質問しやすくなっています。

加えてコミュニケーションアプリ『LINE』を使用した問合せにも対応しています。

楽天証券 LINEトーク

LINEトークでは「友だち追加」を行ってiDeCoに関する疑問を投げかけると基本的な質問はAIが即座に回答してくれますので、電話での問い合わせにハードルを感じる方はまずはLINEでの問い合わせからはじめてみるとよいでしょう。

以上が楽天証券のiDeCoの特長となります。

それでは、つぎに楽天証券でのiDeCoの始め方の手順を紹介しましょう。

楽天証券 iDeCo申込みから加入までの流れ

iDeCo(イデコ)を始めるためにはまず口座開設

iDeCo(イデコ)を始めるためには、金融機関に口座を開設する必要があります。

まずは楽天証券の口座開設方法を紹介します。

1.楽天証券の公式サイトへアクセス

楽天証券のWEBサイトへアクセスします。

公式サイトはこちら、楽天証券のiDeCo(イデコ)公式サイト

楽天証券 今すぐ口座開設

 

2.楽天会員かそうでないかの選択

楽天会員

楽天会員かそうでないかを選択します。

なお、「楽天会員の方」を選択すると楽天ログイン画面へ移動し、ログインすると自身の会員情報があらかじめ入力された口座開設申込フォームが表示されるため、個人情報入力の手間が省けます。

楽天会員の方は、あらかじめ会員のユーザIDとパスワードを手元に用意しておくと良いでしょう。

3.申込情報の入力

お客様情報の入力をしていきます。

お客様情報の入力1

お客様情報の入力2

メール受信有無を選択します。

お客様情報の入力3

メール受信を希望すると、楽天証券からニュース情報を受け取ることができます。

<楽天証券からメールで配信される情報例>

・各金融商品に関する投資情報

・新サービス、新製品に関する情報

・楽天グループ企業からのお知らせ

・IR情報

メールは無料で受け取ることができます。
安全な資産運用のためには、投資情報を知っておくことが大切ですので、受信することをおすすめします。

納税方法の選択

納税方法を選択します。

<納税方法の選択>

・特定口座開設する/源泉徴収あり

・特例口座開設する/源泉徴収なし

・特定口座開設しない/源泉徴収なし

特定口座とは、利用者が納税しやすいように証券会社が年間収益を取りまとめる口座です。

源泉徴収ありは、利用者に代わって証券会社が納税を行う形式です。

楽天証券の総合口座が「特定口座(源泉徴収あり)」であっても、「特定口座(源泉徴収なし)」であっても、総合口座とiDeCo口座は別物であり、iDeCoの運用益はそのまま非課税扱いになります。

「iDeCoが目的で楽天証券総合口座へ開設」して、今後「個別株を取引きしたいとなった場合」には総合口座を利用する必要があります。

サラリーマンの場合、総合口座で20万円以上の利益を見込める場合には、源泉徴収ありの方が手間がかかりませんが、20万円未満の利益見込みの場合には、源泉徴収なしの方がおトクとなります。

しかし、確定申告等の手間を考慮すると「特定口座開設する/源泉徴収あり」にしておいた方が手間が少なく済むでしょう。

NISA(ニーサ)口座の選択

NISA口座を選択します。

iDeCoをメインで運用する場合、まずは「開設を希望しない。あとで登録する。」でよいでしょう。

NISA・つみたてNISAについてはこちらのページで紹介しています。

参考記事:NISA(ニーサ)の基礎知識

参考記事:つみたてNISA(ニーサ)の基礎知識

iDeCo(イデコ)口座を申し込む

楽天銀行口座の申込みは「申込む」を選択しましょう。

確定型拠出年金(iDeCo)の申込みも「申込む」を選択しましょう。

楽天FX、信用取引口座の申し込みについて

楽天FX口座信用取引口座の申込は、今後取引する可能性があれば、申し込んでおきましょう。

最後に「内容確認へ」をクリックすると申込みが完了します。

たて史が楽天証券へ口座開設申込みを行った際は、おおよそ2~3分程度で申込みを完了することができました。

4.口座開設申込その後

楽天証券からiDeCoの申込書を請求

楽天証券へ口座開設申込みを行うと審査が行われ、数日程度で登録住所へ、「申込書類」「ガイドブック」が届きます。

iDeCo(イデコ)の申込書を返送

送付資料に含まれている「事業所登録申請書 兼 第2号加入者に係る事業主の証明書」の記入を進めます。

この書類は、記入欄の一部を事業主(※勤務先企業)に依頼する必要があります。

記載箇所をひとつずつ見てみましょう。

① 名前と基礎年金番号、希望する掛金支払方法(事業主払込か個人払込)を選択し、捺印します。(※加入者本人対応)

② 掛金毎月定額の選択、毎月の掛金金額を記載します。(※加入者本人対応)

③ 事業主の署名と押印(※事業主対応)

④ ⑨のフローチャートに従って導き出された回答番号の記入(※事業主対応)

⑤ 厚生年金適用事業所の記入(※事業主対応)

⑥ 該当する箇所へチェック(※事業主対応)

⑦ 該当する箇所へチェック(※事業主対応)

⑧ 申込者が現時点で資格を有する場合にチェック(※事業主対応)

加入者のみ対応が必要となります。
① ② 以外は、勤務企業の総務部等へ記載の依頼を行いましょう。

なお、基礎年金番号は普段馴染みが薄いため、「なにを見たら番号がわかるの?」という方もいると思います。

基礎年金番号は、年金手帳で確認できます。

1997年1月以降に被保険者資格の取得手続きをした場合には青い表紙、それ以前であればオレンジか水色の表紙です。

手続完了・各種書類到着

必要書類を返送した後は、各種書類の到着を待ちます。

<書類>

・個人型確定拠出年金確認通知書(送付元は国民年金連合会)

・口座開設のお知らせ(送付元はJIS&T社)

楽天証券のiDeCoの始め方 まとめ

楽天証券の公式サイトへのアクセスと必要事項の入力。申込書類の記入方法と郵送までを紹介しました。

手続き完了の書類が手元に届くまで1カ月~2か月程度掛かりますので、iDeCoを検討の際には手順冒頭の金融機関の口座開設を早めに着手しておくと良いでしょう。

以上、「iDeCoで作る自分年金 体験談その3「楽天証券のiDeCoの始め方」」でした。

iDeCo体験談 第4回は「iDeCoで運用する金融商品の選び方」について解説します。

たて史がiDeCoで利用している楽天証券の詳細はコチラ

楽天証券で取引するメリット

楽天証券の資料請求は無料で行うことができます

楽天証券

iDeCo(イデコ)に向いた証券会社の選び方は下記のページが参考になります

iDeCo(イデコ)の金融機関の選び方

iDeCo(イデコ)おすすめ金融機関ランキング[2019年]