ミニ株とは?

株式は通常「単元株」という単位で取引されています。

100株を1単元としている企業もあれば、1000株を1単元としている企業もあります。
こういった株式は、基本的に3株や7株といった中途半端な数で取引することができません。

たとえば単元株が100株の企業の株を買いたい場合、株価が1000円であれば、最低でも100株×1000円=10万円が必要です。

初心者の方で株式投資に参入するには、金銭的にも心理的にもハードルが高いと感じる方もいるでしょう。

しかし、「ミニ株」「単元未満株」と呼ばれる投資を対象にすると、少額から投資をすることが可能です。

ミニ株は、単元株の10分の1の単位で取引される株です。単元株が10株ならばミニ株は1株になり、単元株が100株であればミニ株は10株になります。

ミニ株の最大のメリットは、投資額が少なくても購入が可能な点です。通常の10分の1の金額で済むことから、初心者でも比較的気軽に投資に参加できます。

単元未満株とは?

単元未満株は、その名の通り単元に満たない株です。ミニ株は単元数の10分の1と決められていますが、単元数未満株にはこの制限がありません。1株単位で取引ができます。

単元未満株のメリットは、ミニ株と同じように投資金額の抑制化です。単元株の制約を受けないため、少額から投資をすることができます。

デメリットも基本的にミニ株と同じです。銘柄や証券会社が限られており、手数料も高めです。株主としての議決権もありません。

ミニ株のデメリット

少額の金額で投資ができるミニ株ですが、デメリットもあります。

ミニ株は証券会社独自のサービスであるため、銘柄によってはミニ株に対応していないものがあります。
ミニ株を始めたい場合は、取引したい銘柄をミニ株として扱っている証券会社を選択しなければなりません。

手数料も通常の単元株の比べると高く、比較するとミニ株取引の手数料の方が高めになることが多くなります。

取引方法も特殊で、基本的には「注文日の翌日の市場開始時点の株価(寄付き)」で取引を行います。
1日1回しか取引を行えない上に、指値注文や成行注文はできません。

株主としての権利にも差があり、配当を受け取る権利や企業倒産時の残余財産分配権は、ミニ株オーナーにも存在する一方で、株主としての議決権はありません。

なお、ミニ株を買い増した結果、単元株数以上のミニ株を保有することになった場合、通常の株式を保有しているものとして扱われます。

例えば単元株が100株の銘柄の場合、ミニ株は10株となります。このミニ株を10回買えば合計で100株を保有することになり、単元株と同じ数になるので通常の株主と同等の権利を得ることになります。

ミニ株と単元未満株の比較

ミニ株と単元未満株はよく似ていますが、比較すると細かいところで違いがあります。

ミニ株は単元数の10分の1の単位で取引を行います。それに対して単元未満株は1株からでも2株からでも取引ができます。単元未満株の方が、ミニ株よりもフレキシブルな形で投資をしやすい場合が多いでしょう。

取引のタイミングも違います。ミニ株は注文日の翌日の寄付きが基準ですが、単元未満株は注文した次の前場または後場の寄付きが取引タイミングとなります。単元未満株は売買のタイミングがミニ株の2倍あることになります。

株主優待の受け取り方も、ミニ株と単元未満株では違います。

ミニ株の場合、株主優待の品物が換金可能なものであれば、証券会社が換金してミニ株の保有者に分配します。換金性のないものであれば抽選等でミニ株の保有者の誰かに送られることが多いようです。一方、単元未満株の場合、株主優待は企業から直接単元未満株を保有する投資家へと送られてきます。

単元株
(通常取引)
単元未満株取引
(S株・ワン株・プチ株)
株式ミニ投資
(ミニ株)
取引単位単元株単位1株単位単元株の1/10
取引タイミングザラ場中いつでも取引可能1日2回(前場・後場の寄付き価格)翌日の寄付価格で約定
株主優待・配当金会社から受け取る会社から受け取る証券会社経由で受け取る

SBI証券(S株)の特徴

S株は、SBI証券が行っている単元未満株取引サービスです。

特定口座やNISA口座でも扱うことが可能です。NISA口座の場合はNISA投資可能枠の範囲内でS株の購入が可能です。

口座の種類に応じて税制上の優遇措置などがあるため、投資に伴う税金や確定申告が気になる人は検討してみるといいでしょう。

マネックス証券(ワン株)の特徴

公式サイトで堂々と「手数料は業界最低水準の約定代金の0.5%(最低手数料48円)(税抜)」と謳っており、手数料の安さに自信を持っている単元未満株取扱サービスです。

議決権のない単元未満株は、発行会社に買い取ってくれように請求することができます。この手続は本来やや複雑なのですが、ワン株が不要になった場合には所定の書類をマネックス証券に提出することで、容易に買取請求権を行使することができます。

カブドットコム証券(プチ株)

単元未満株であるプチ株を、月々500円から積立できる「プレミアム積立サービス」を行っています。毎月500円以上1円単位で積立ができるので、投資家の希望に合わせて幅広いプランを組むことができます。

買付代金は、カブドットコム証券に開設した口座からの引落か、銀行預貯金口座からの自動引落(口座振替)で行えるので便利です。

株式分割などで発生した単元未満株の売却も可能で、使い勝手のいい証券会社です。

カブドットコム証券のプレミアム積立®(プチ株®)

投資初心者の方は少額投資で勉強してみましょう

ミニ株や単元未満株を活用すれば、少ない資金で株式投資の経験を積むことができます。チャートの見方などは本を読むことでも身につきますが、資産を増やす喜びや損失を被る怖さなどは、体験しなければなかなか実感できません。

本格的な投資を始める前に、ミニ株や単元未満株を利用して投資のいろはを覚えておくと良いでしょう。

ミニ株で積立投資に向いた銘柄の選び方

ミニ株のポイントと金融機関の選び方

あなたの積み立てのお悩みは?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も