バリュー投資(割安株投資)とは?

成長株投資と同じファンダメンタル分析を用いた中長期的な投資スタイルの1つに、割安株(バリュー)投資があります。

株の価値と株価はイコールではありません。

投資家全体の意識を反映して株価が決定される要素があるからです。

このため、場合によっては大した銘柄でもないのに過剰に高く評価されて高い株価をつけられたり、業績は堅調なのに不当に低い株価をつけられたりします。

割安株投資は、業績に対して低い株価の銘柄に優先的に投資するスタイルです。

そういった株はいずれ株価が業績に見合った価格まで上がってくる可能性が高いと考えられています。株価が安い時に買っておき、やがて株価が業績に追いついた時に売却して利益を得るのが割安株投資です。

銘柄が持つ本当の価値(バリュー)を重視した投資スタイルなので、バリュー投資とも呼ばれます。

なお、対象となる銘柄のことを、実際の価値よりも割安な株価をつけられていることから「割安株」と言います。

バリュー投資(割安株投資)のメリット

バリュー投資は実績のある投資スタイルです。伝説の投資家と言われるウォーレン・バフェットもこのスタイルで多くの利益を上げています。

安定的に勝てることが魅力で、銘柄選びさえ間違えなければ一定の確率で利益を得られます。

銘柄選びの際は下調べに時間をかけてもいいので、デイトレードなどと違って時間にゆとりのあるのが割安株投資の魅力です。昼間に仕事を持っている人に向いたスタイルと言えます。

銘柄の選定には一定の努力が必要ですが、努力が結果に結びつきやすいのも大きなメリットです。ポイントを押さえれば理解できる部分が大きいので、コストに見合ったリターンを得られやすい投資方法です。

バリュー投資に関する書籍は数多く発行されているため、勉強しやすいのもメリットと言えます。

また、取引の回数が少ないので取引手数料が安いメリットや、長期間株を保有するので配当や株主優待を得られるメリットもあります。

バリュー投資(割安株投資)のデメリット

バリュー投資のデメリットは、結果が出るまでに時間がかかることです。
成長株投資並のスパンが必要なこともあるので、短期的な利益を上げるには向いていません。

銘柄選びに多くの時間を割かねばならず、気付いたら狙った銘柄の株価が思ったよりも上昇していて買えなかった…といったケースもあります。

いざ銘柄を選んでも、企業の価値に株価がついていかないことがあります。

投資家が注目して投資しなければ株価に反映されないので、注目を浴びない限り企業の価値にマッチしない株価の状態が長期間続く可能性があります。

そもそも投資家が注目していないから割安な値がつけられているのが割安株なので、投資家達が着目するかまである程度機会を伺う必要があります。

この期間を「放ったらかしで気楽な期間」と考えるか、「じっくり忍耐する期間」と考えるかは投資家によって意見が分かれるところです。忍耐が苦手な人にはデメリットに感じる投資スタイルかもしれません。

割安株を選ぶための指標

割安株を見極めるためには、株価と銘柄の実際の価値が乖離しているかを知らなければいけません。それを示す指標のうち、有名なものが「PER」「PBR」です。

まずPERは企業の「利益」に着目した指標です。以下の計算式で算出できます。

・株価÷1株あたりの利益

なお、「1株あたりの利益」は企業の純利益を発行済株式数で割れば簡単に求められます。

PERを求めた結果、仮に1株あたりの利益が10円で、実際の株価が200円であれば、この株は利益に比べて20倍割高ということになります。これは、20年同じ株を保有し続けてようやく元が取れると言った意味になります。

一方、1株あたりの利益が100円で株価が50円であれば、50円分割安な銘柄ということになり、バリュー投資の対象になります。

PERの値が低いほどバリュー投資には向いています。10以下のものが狙い目ですが、20以下で割安と考える投資家もいます。

次にPBRは「純資産」に着目した指標です。以下の計算式で算出できます。

・株価÷1株あたりの純資産

「1株あたりの純資産」は企業の純資産を発行済株式数で割れば簡単に求めることが可能です。

PBRが1未満の値であれば割安であると判断できます。仮にPBRが0.8だとすると、実際の価値の8割でしか評価されておらず、残り2割分の株価上昇余地があると考えられます。

ちなみにPERは「price earnings ratio(株価収益率)」といい、アメリカではP/EまたはPEと表記されます。他方PBRは「price book-value ratio(株価純資産倍率)」のことで、アメリカではP/Bと略されます。海外株に投資する際は注意しておきましょう。

もうひとつ、割安株投資をするのであれば「配当利回り」も確認しておきましょう。割安株投資では株を長期間保有するため配当も重要となりますし、配当が長期に渡って継続的に行われる銘柄は業績が安定して優良だと判断できます。

配当利回りは以下の計算式で算出できます。

・1株あたりの配当金÷株価

配当利回りが高いほど割安感も増しますし、配当目当ての買いが入るため株価が大きく下がる可能性も低くなります。

割安株投資では最低限「PER」「PBR」「配当利回り」を確認し、他の各種指標も参考にしながら銘柄を選んでください。

あなたのお金の貯め方・増やし方は?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も