株の取引時間

株の取引時間

株の取引時間一部の国内市場を除き平日の9時~11時30分と12時30分~15時となっています。

午前中の取引時間を「前場(ぜんば)」、午後の取引時間を「後場(ごば)」と言い、これら株取引が可能な時間帯を立会(たちあい)時間と言います。
基本的に立会時間以外での株売買はできません。

前場で最初に成立した取引を「寄付(よりつき)」と言います。また、前場の開始時間帯そのものを寄付ということもあります。

後場で最初に成立した取引や、後場の開始時間帯のことを「後場寄り(ごばより)」と言います。

前場が終わる時間帯や前場最後の取引を「引け」といい、後場が終わる時間帯や後場最後の取引を「大引け」と呼び、寄り付きから引けの間の取引時間を総じて「サラ場」と言います。

証券取引所は土日・祝日と大晦日および正月三が日は休みです。また、祝日と日曜日がかぶってしまったことによる振替休日も休みとなり、取引を行うことができません。なお、夏季休業は存在しないので一般の人がお盆休みのときでも取引所は開いており、取引が可能です。

注文できる時間

株取引ができる時間帯は、取引所が開いている時間帯に限られます。
しかし、注文自体は、メンテナンス時間を除きネット証券を使うことで24時間365日可能です。

例えば月曜朝の7時に注文を出せば、取引所が開く同日朝の9時に取引が行われます。
月曜の取引時間が終わった15時過ぎに注文をすると、翌日火曜日の朝9時に取引が行われます。

休みを挟んだ場合も同様で、12月30日の15時過ぎに注文をすると、大晦日と三が日の終わった最初の平日の朝9時に取引が行われます。

実際の取引が処理されるのはあくまで取引時間中ですが、取引時間外であっても取引予約を行うようにいつでも注文をすることができるのです。

取引時間帯による取引数の違い

株取引を行える時間帯は、前場と後場を合わせても1日でわずか5時間しかありません。しかしこの短い時間の中でも、時間帯によって取引数が違います。

かつては寄付後1時間と大引け前1時間が「ゴールデンタイム」として、取引が活発な時間とされてきました。しかしこれをさらに分析した結果、寄付から15分と大引け前15分の時間帯に特に取引が集中しているという大和総研の研究データがあります。

(※大和総研『取引時間拡大で市場の厚みは増すか』5項より引用)

大和総研のレポートによる東京証券取引所の時間帯別売買高分布を見ると、2014年4月の市場稼動日における15分ごとの取引量分布を分析したところ、1日の株売買数量のうち14.2%が前場冒頭15分間で売買され、14.5%が後場大引け前15分間に売買されたという傾向があり、同様の売買傾向がアメリカのニューヨーク市場にも見られています。

寄付直後の取引数量の増加は、前日の大引け後に発表された国内外ニュースの影響を受けた早朝注文や、前営業日の大引け後に行われた予約注文が実行されることが原因です。。

一方大引け前の取引数量の増加は、利益確定や損切りによる手仕舞いが増えることが原因です。なかでも金曜の大引け前は、週末前に手仕舞いをする投資家がいる影響でさらに取引数量が増えます。

国内の証券取引所

東京証券取引所

いわゆる「東証」です。日本最大の取引所であり、ニューヨーク証券取引所・ロンドン証券取引所とともに世界三大取引所として扱われています。

倒産リスクの低い優良企業のみが上場できる東証一部、一部に続く企業が軒を連ねる東証二部の他、新興企業向けに以下のような市場があります。

マザーズ…情報通信業とサービス業が過半数です。一部や二部よりも高い情報公開義務が企業に課せられています。

JASDAQスタンダード…企業規模や実績が上場要件の市場です。

JASDAQグロース…赤字であっても将来性次第で上場可能な市場です。

TOKYO  Pro Market…プロ投資家を対象にした市場です。

大阪取引所

かつては大阪証券取引所、略して「大証」と呼ばれていました。現在では「証券」の単語が消えて大阪取引所となったため、OSE(Osaka Exchange Inc.)と略されています。

東京証券取引所は現物市場ですが、大阪取引所はデリバティブ専門の市場です。日経225先物・オプション、TOPIX先物・オプション、海外指数先物、国債先物・オプション、OSE-FXを扱っています。

取引時間は8時45分~15時15分の日中立会と、16時30分~翌朝5時30分のナイト・セッションに分かれています。

名古屋証券取引所

名古屋証券取引所は、かつて東京証券取引所と大阪証券取引所とともに「日本3大市場」と並び称された取引所です。現在は東京証券取引所に企業や取引が集中したこともあり、売買高の国内でシェアはわずか0.02%に過ぎません。

1部と2部市場に加え、新興企業向けのセントレックス市場があります。

株式の他に債券の扱いが多く、公社債・外国債・新株予約権付社債券(転換社債)・新株引受権付社債券(ワラント債)・新株予約権証券などの市場が存在します。

規模自体は地方取引所の一つといった大きさですが決して衰退の一途を辿っているわけではなく、売買高は2015年まで4年連続で上昇していました。

取引時間は後場が15時30分までとなっており、他取引所よりも30分長く設定されていることが特徴です。

札幌証券取引所

日本で最も小さい取引所です。主に北海道の企業が上場しており、「札証(さっしょう)」と略されます。

ベンチャー向けにアンビシャス市場を運営していますが、それを合わせても規模は小さく、東京証券取引所に統合されるという話題が持ち上がることがあります。

新規に上場する企業が年に1~2社程度であり、全く新規上場がない年もあります。

一部のネット証券では札幌証券取引所の銘柄を取り扱いすることができません。札証でのみ扱われている銘柄で取引を行いたい場合は、口座開設の際に札証に対応している業者を選ぶ必要があります。

福岡証券取引所

「福証」と呼ばれる、福岡の地方取引所です。

ベンチャー向けにQ-Boardという市場があり、ここで新規公開される地元企業の株が主な取引銘柄となっています。

毎年上場廃止申請をする企業数が新規上場数よりも多い状態が長きにわたって続いており、解散して東証に吸収合併される話も持ち上がりました。地元の行政と経済が協力して設置した「福岡証券取引所活性化推進協議会」の努力によって延命が図られています。

札証同様、福証の銘柄をネット取引の対象から外している証券会社もあります。

主要ネット証券会社ごとの取引可能な取引所(※2019年11月時点)

東証

JASDAQ

マザーズ

明証

セントレックス

札証

アンビシャス

福証

Qboard

SBI証券

楽天証券

マネックス証券

カブドットコム証券

松井証券

GMOクリック証券

岡三オンライン証券

ライブスター証券

東証1部・2部、JASDAQ、マザーズといった主要取引所上場銘柄は大手ネット証券会社であればどこでも株式取引が可能ですが、明証(セントレックス含む)、札証(アンビシャス含む)、福証(Q-Board含む)の単独上場銘柄の株式取引が可能な証券会社は限定されています。

2019年時点で地方証券取引所の単独上場人気銘柄としては札証・アンビシャスへ単独上場しているRIZAPグループ株式会社(証券コード:2928)がありますが、このような株式銘柄の売買を希望する場合には札証・アンビシャス取引可能なネット証券会社の口座を開設しておくようにしましょう。

なお、企業によっては地方証券取引所と東証など複数市場へ重複上場している場合がありますが、その場合は地方市場を取り扱っていないネット証券であっても株式取引は可能です。

SBI証券の場合

証券会社での株式取引が可能な時間帯について見てみましょう。

SBI証券は、8時20分から16時の間と、17時から23時59分の間にも株取引が可能です。

前場の40分前と後場の直後1時間、および夜間帯の取引を行うことができるため、取引時間帯に市場に参加できない人でも株取引が可能です。

また、前場と後場の立会時間外に株価を変動させ得る情報開示が合った場合でも時間外取引の仕組みを利用することで収益を上げる可能性を増やすことができます。

この仕組みをPTSと言います。PTSについては次節以降で説明します。

PTSとは

PTSとは、Proprietary Trading Systemの略です。私設取引システムと訳されます。

取引所を介さず証券会社から私設取引システムへ注文が取り次がれることで取引所が稼働していない時間帯でも株取引を行うことができます。

2019年時点で日本国内にはジャパンネクストPTS(JNX)とチャイエックスPTS(Chi-X)という2つのPTSが存在し、PTSを提供している証券会社は双方、もしくはいずれかのPTSサービスへ接続することで時間外の株取引を可能としています。

・ジャパンネクストPTS(JNX)

ジャパンネクストPTSは2006年に誕生したSBIジャパンネクスト証券が運営する国内最初のPTSです。取引可能時間はデイタイム・セッションが8時20分から16時、ナイトタイム・セッションが16時30分から23時59分となっています。

・チャイエックスPTS(Chi-X)

チャイエックスPTSはヨーロッパでPTS運営実績を持つ旧チャイエックス・ヨーロッパが日本進出して立ち上げたチャイエックス・ジャパンが運営するPTSです。取引可能時間はデイタイム・セッションのみの8時から16時となっており、ジャパンネクストPTSより取引時間は限定的ですが20分早くから早朝取引が可能という特徴を持っています。

 

なお、PTSはすべての証券会社が提供しているサービスではなく、また接続するPTSによっては取引可能時間が異なります。

時間外取引を利用する可能性がある場合には口座を開設する段階でPTSが提供されているのか、PTS取引が可能な時間帯は何時かをあらかじめ調べておくと良いでしょう。

PTSを提供する証券会社

ジャパンネクストPTS

チャイエックスPTS

PTS取引可能時間帯

デイタイム

ナイトタイム

SBI証券

×

8:20 ~ 16:00

17:00 ~ 23:59

楽天証券

8:00 ~ 16:00

17:00 ~ 23:59

松井証券

×

8:20 ~ 15:30

17:30 ~ 23:59

マネックス証券

×

9:00 ~ 15:00

PTSのメリット

PTSのメリットは何と言っても取引可能時間帯が増えることです。多くの企業では株価への影響を抑えるために取引時間外である16時くらいに決算などの重大発表を行います。

PTSによって、重大ニュースが発表された直後に株取引を行い、他の投資家の先手を取ることができるのです。加えて、証券会社によっては8時や8時20分といった早朝取引が可能なため、日本の深夜にあたる海外での市場動向を見た上で素早く取引を開始することができます。

また、PTSは取引所を介さないため、手数料が安いというメリットもあります。SBI証券の場合、通常の取引に比べてPTSの方が5%程度手数料を安くできます。

PTSのデメリット

一見非の打ち所のないシステムに見えるPTSですが、デメリットもあります。

PTSはあくまで私設のシステムであるため、取引所に比べて参加している人数が少なくなります。取引所ほど活発に取引が行われず、売り注文をしても買手がつかないリスクもあります。

また、取引所で扱っている全銘柄を扱えるわけではありません。証券会社が決めた銘柄のみ扱うことができます。SBI証券の場合は、2017年4月の時点で約3700銘柄がPTSの対象となっています。

なお、2017年4月の時点で、PTS市場での信用取引は認められていません。信用取引を行いたい人はPTS以外の市場で行わざるを得ないので注意してください。

海外の取引所の取引時間

証券取引所は世界各国にあり、時差の関係でそれぞれ取引時間が違います。国によってはサマータイムが導入されているため、該当する期間は1時間前倒しになります。

現地時間

日本時間
(現地がサマータイムのとき)

日本時間

ニューヨーク市場

NASDAQ

9:30~16:00

22:30~5:00

23:30~6:00

ロンドン市場

8:30~16:30

16:30~0:30

17:30~1:30

フランクフルト市場

ミラノ市場

9:30~17:30

16:30~0:30

17:30~1:30

シンガポール市場

9:00~17:00

10:00~18:00

(サマータイムなし)

香港市場

10:00~16:00

11:00~17:00

(サマータイムなし)

上海市場

9:30~15:30

10:30~18:30

(サマータイムなし)

アメリカでは3月第2日曜日の午前2時から11月第1日曜日の午前2時までがサマータイムです。

ヨーロッパでは3月の最終日曜日午前1時から10月の最終日曜日午前1時までがサマータイムとなります。

また、国によって祝日も違うため、その期間は休場となります。西洋圏ではクリスマスの12月25日が必ず休みとなりますし、イースター(春分後の満月後の月曜日)やサンクスギビング(11月第4木曜日)のように毎年日付が変わる祝日もあります。

外国の市場に参加する場合には、現地の取引時間や祝日にも注意しましょう。

あなたのお金の貯め方・増やし方は?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も