株の取引時間

株取引は、平日の9時~11時30分と12時30分~15時に行われます。

前者を前場(ぜんば)、後者を(ごば)と言います。基本的にこれ以外の時間帯は取引ができません。

前場で最初に成立した取引を「寄付(よりつき)」と言います。また、前場の開始時間帯そのものを寄付ということもあります。

後場で最初に成立した取引や、後場の開始時間帯のことを「後場寄り(ごばより)」と言います。

前場が終わる時間帯や前場最後の取引を「引け」といい、後場が終わる時間帯や後場最後の取引を「大引け」と呼びます。

証券取引所は土日・祝日と大晦日および正月三が日は休みです。また、祝日と日曜日がかぶってしまったことによる振替休日も休みとなり、取引を行うことができません。なお、夏季休業は存在しないので一般の人がお盆休みのときでも取引所は開いており、取引が可能です。

注文できる時間

株取引をできる時間帯は、取引所が開いている時間帯に限られます。

しかし、注文を出す事自体は、ネット証券を使えば24時間365日可能なのです。

例えば月曜朝の7時に注文を出せば、取引所が開く同日朝の9時に取引が行われます。

月曜の取引時間が終わった15時過ぎに注文をすると、翌日火曜日の朝9時に取引が行われます。

休みを挟んだ場合も同様で、12月30日の15時過ぎに注文をすると、大晦日と三が日の終わった最初の平日の朝9時に取引が行われます。

実際の取引が処理されるのはあくまで取引時間中ですが、まるで予約を行うようにいつでも注文をすることができるのです。

取引時間帯による取引数の違い

株取引を行える時間帯は、前場と後場を合わせても1日でわずか5時間しかありません。しかしこの短い時間の中でも、時間帯によって取引数が違います。

かつては寄付後1時間と大引け前1時間が「ゴールデンタイム」として、取引が活発な時間とされてきました。しかしこれをさらに分析した結果、寄付から15分と大引け前15分の時間帯に特に取引が集中しているというデータがあります。

寄付の直後は、前日の大引け後に発表されたニュースなどの影響があることと、大引け後に行われた注文を実行するために取引が活発になります。特に日本の夜間に海外で大きな動きがあると、寄付直後の取引が多くなります。

一方大引け前は、利益確定や損切りによる手仕舞いが増えるので取引量が多くなります。特に金曜の大引け前は、週末前に手仕舞いをする投資家がいる影響でさらに取引数が増えます。

なお、取引時間の最初と最後に取引が活発になる傾向は日本以外の市場でも変わりません。

国内の証券取引所

東京証券取引所

いわゆる「東証」です。日本最大の取引所であり、ニューヨーク証券取引所・ロンドン証券取引所とともに世界三大取引所として扱われています。

倒産リスクの低い優良企業のみが上場できる東証一部、一部に続く企業が軒を連ねる東証二部の他、新興企業向けに以下のような市場があります。

マザーズ…情報通信業とサービス業が過半数です。一部や二部よりも高い情報公開義務が企業に課せられています。

JASDAQスタンダード…企業規模や実績が上場要件の市場です。

JASDAQグロース…赤字であっても将来性次第で上場可能な市場です。

TOKYO Market Pro…プロ投資家を対象にした市場です。

大阪取引所

かつては大阪証券取引所、略して「大証」と呼ばれていました。現在では「証券」の単語が消えて大阪取引所となったため、OSE(Osaka Exchange Inc.)と略されています。

東京証券取引所は現物市場ですが、大阪取引所はデリバティブ専門の市場です。日経225先物・オプション、TOPIX先物・オプション、海外指数先物、国債先物・オプション、OSE-FXを扱っています。

取引時間は8時45分~15時15分の日中立会と、16時30分~翌朝5時30分のナイト・セッションに分かれています。

名古屋証券取引所

名古屋証券取引所は、かつて東京証券取引所と大阪証券取引所とともに「日本3大市場」と並び称された取引所です。現在は東京証券取引所に企業や取引が集中したこともあり、売買高の国内でシェアはわずか0.02%に過ぎません。

1部と2部市場に加え、新興企業向けのセントレックス市場があります。

株式の他に債券の扱いが多く、公社債・外国債・新株予約権付社債券(転換社債)・新株引受権付社債券(ワラント債)・新株予約権証券などの市場が存在します。

規模自体は地方取引所の一つといった大きさですが決して衰退の一途を辿っているわけではなく、売買高は2015年まで4年連続で上昇していました。

取引時間は東京証券取引所と同一です。

札幌証券取引所

日本で最も小さい取引所です。主に北海道の企業が上場しており、「札証(さっしょう)」と略されます。

ベンチャー向けにアンビシャス市場を運営していますが、それを合わせても規模は小さく、東京証券取引所に統合されるという話題が持ち上がることがあります。

新規に上場する企業が年に1~2社程度であり、全く新規上場がない年もあります。

一部のネット証券では札幌証券取引所の銘柄を取り扱いすることができません。札証でのみ扱われている銘柄で取引を行いたい場合は、口座開設の際に札証に対応している業者を選ぶ必要があります。

福岡証券取引所

「福証」と呼ばれる、福岡の地方取引所です。

ベンチャー向けにQ-Boardという市場があり、ここで新規公開される地元企業の株が主な取引銘柄となっています。

毎年上場廃止申請をする企業数が新規上場数よりも多い状態が長きにわたって続いており、解散して東証に吸収合併される話も持ち上がりました。地元の行政と経済が協力して設置した「福岡証券取引所活性化推進協議会」の努力によって延命が図られています。

札証同様、福証の銘柄をネット取引の対象から外している証券会社もあります。

SBI証券の場合

SBI証券では、取引時間において一線を画したサービスを行っています。

8時40分から16時の間と、18時から23時59分の間にも株取引を行えるのです。当然、株価も変動します。

前場の20分前と後場の直後1時間、および夜間帯の取引を行うことができるため、取引時間帯に市場に参加できない人でも株取引が可能です。

この仕組みをPTSと言います。PTSについては次節以降で説明します。

PTSとは

PTSとは、Proprietary Trading Systemの略です。私設取引システムと訳されます。

取引所を介さず、証券会社内で株の売買を行うことで、取引所が開かれている時間帯にとらわれずに実際の株取引を行うことができます。

PTSのメリットは何と言っても取引可能時間帯が増えることです。多くの企業では株価への影響を抑えるために取引時間外である16時くらいに決算などの重大発表を行います。しかしPTSによって、重大ニュースが発表された直後に株取引を行い、他の投資家の先手を取ることができるのです。8時40分の取引時間開始によるメリットも多く、日本の深夜にあたる海外での市場動向を分析することで、日本時間の朝一番に取引に取り掛かれます。

また、PTSは取引所を介さないため、手数料が安いというメリットもあります。SBI証券の場合、通常の取引に比べてPTSの方が5%程度手数料を安くできます。

PTSのデメリット

一見非の打ち所のないシステムに見えるPTSですが、デメリットもあります。

PTSはあくまで私設のシステムであるため、取引所に比べて参加している人数が少なくなります。取引所ほど活発に取引が行われず、売り注文をしても買手がつかないリスクもあります。

また、取引所で扱っている全銘柄を扱えるわけではありません。証券会社が決めた銘柄のみ扱うことができます。SBI証券の場合は、2017年4月の時点で約3700銘柄がPTSの対象となっています。

なお、2017年4月の時点で、PTS市場での信用取引は認められていません。信用取引を行いたい人はPTS以外の市場で行わざるを得ないので注意してください。

海外の取引所の取引時間

証券取引所は世界各国にあり、時差の関係でそれぞれ取引時間が違います。国によってはサマータイムが導入されているため、該当する期間は1時間前倒しになります。

現地時間

日本時間
(現地がサマータイムのとき)

日本時間

ニューヨーク市場

NASDAQ

9:30~16:00

22:30~5:00

23:30~6:00

ロンドン市場

8:30~16:30

16:30~0:30

17:30~1:30

フランクフルト市場

ミラノ市場

9:30~17:30

16:30~0:30

17:30~1:30

シンガポール市場

9:00~17:00

10:00~18:00

(サマータイムなし)

香港市場

10:00~16:00

11:00~17:00

(サマータイムなし)

上海市場

9:30~15:30

10:30~18:30

(サマータイムなし)

アメリカでは3月第2日曜日の午前2時から11月第1日曜日の午前2時までがサマータイムです。

ヨーロッパでは3月の最終日曜日午前1時から10月の最終日曜日午前1時までがサマータイムとなります。

また、国によって祝日も違うため、その期間は休場となります。西洋圏ではクリスマスの12月25日が必ず休みとなりますし、イースター(春分後の満月後の月曜日)やサンクスギビング(11月第4木曜日)のように毎年日付が変わる祝日もあります。

外国の市場に参加する場合には、現地の取引時間や祝日にも注意しましょう。

あなたのお金の貯め方・増やし方は?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も