PBRとは

株式を購入するときの方法として、株価の動きに注目するトレンドと財務諸表などのIR情報に注目するファンダメンタルがあります。このファンダメンタルで使われる指標の一つがPBRです。

PBRとはPrice Book-value Ratioの略で、日本語では株価純資産倍率と呼ばれます。

文字通り、株価を(1株あたりの)純資産で割ったときの値がPBRです。目安として、株式市場が安定しているときはPBRが1よりも大きいか小さいかで割安・割高を判断します。割安感を計る指標の中では使いやすく、理解しやすいものがPBRです。

では、PBRを実際に求めてみましょう。

PBR(倍)=株価/BPS(1株あたりの純資産)です。

同じ分野の企業が2社(A社・B社)あったとします。条件を揃えるために、景気など外部からの影響を覗きます。

A社・B社の株価はどちらも1,000円だとし、A社のBPSが1,000円、B社のBPSが1,250円だったとしましょう。A社のPBRは1,000/1,000=1ですので、PBR=1となります。同様にB社のPBRを計算すると、1,000/1,250=0.8ですので、PBR=0.8となります。

A社のPBRは1、B社のPBRは0.8ですので、PBRが1よりも小さいB社の方がより割安な株価であると判断できます。

BPSとは

株価の割安感を判断する指標として使用頻度の高いものの一つがBPSです。PBRと共に覚えておきたい基本的な指標と言えます。

BPSはBook-vatlue Per Shareの略で、1株あたりの純資産のことです。PBRが株価の割安感を求めるために使われるのに対し、BPSは企業の安定性を判断する指標です。目安として、BPSが株価よりも高いとき、その企業は安定であると考えられます。

実際にBPSを求めてみましょう。

BPS(円)=純資産/発行済株式数です。

具体例を示します。C社は株価:1,000円、純資産:10億円、発行済株式:100万株とします。D社は株価:1,000円、純資産:10億円、発行済株式:80万株です。どちらが安定した企業でしょう?

C社のBPSは10億円/100万株=1,000円です。対してD社のBPSは10億円/80万株=1,250円でした。C社もD社も株価は1,000円ですので、C社は株価=BPS、D社は株価<BPSです。つまり、BPSが株価より大きいD社の方が、C社よりも安定性が高い企業であると判断できます。

PBRの読み方

実際の取引では、同じ企業でも株価は値上がりしたり値下がりしたりと変動します。
買おうと思った企業の業績と株価を見比べて、割安で購入できるタイミングを探ってみましょう。

PBRの説明で具体例として出てきたA社は、株価が1,000円、BPSも1,000円でPBR=1でした。この時点では割安でも割高でもありません。

一ヶ月後、株価は2,000円まで上昇したとします。BPSは1,000円のままですので、PBR=2となります。PBRが1よりもかなり大きいので、A社は割高だと言えます。

さらに一ヶ月後、株価が500円になったとします。BPSは1,000円のままです。PBR=0.5となり、1よりもかなり小さくなっています。A社の株価は割安であると判断できます。

ここで気をつけなければいけないのは、PBRが小さいのが割安でお買い得なのか、A社の業績が悪化していて株価が下がっているのかを確認する必要があることです。

PBRだけを見てPBRの小さい企業に飛びついてしまうと、思わぬところで損をしてしまうことがあります。PBRの小さい企業の株式を交友する前に、BPSも確認する癖をつけると、こういったミスを防ぐことができます。

あなたのお金の貯め方・増やし方は?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も