IPOとは?

IPOとは、Initial Public Offeringの略称で、新規公開株、新規上場株式と言う意味です。

会社が作られたときに発行され、少数の株主が持っていた未公開株は、自由な売買に制約があります。

その未公開株を株式市場でより多くの投資家に持ってもらい、自由に売買できるようにする。証券市場に上場することがIPOなのです。

IPOのメリット、デメリットは次のようなものが挙げられます。

企業が新規上場するメリット

〇資金調達の幅が広がる

〇社会的信用度が増し、知名度が上がる

〇知名度がアップして優秀な人材が集まる、高いリクルート効果が得られる

〇社員の士気向上

企業が新規上場するデメリット

〇株式公開準備が煩わしい

〇株式公開準備コストの負担増

〇上場維持費用の負担

〇株主に対して業績や事業展開などで透明性の高い情報開示が求められ、管理コストの増加

IPOは儲かるのか?

IPOと言いますと、創業者が上場して巨額の利益を得る。あるいは投資家が上場前の株を購入して上場後の高騰した初値を売却して差額で大きく儲ける。そんなイメージが強いのですが、すべてのIPO株がそうとは限りません。ハイリスク・ハイリターン、儲かるときもあればそうでないときもあります。改めてIPOのメリット、デメリットを検討してみましょう。

IPOで投資するメリット

〇IPOでは、上場前の株を抽選により事前に購入することができます。人気案件に当選すると、数倍になることもあります。

〇抽選に外れたら資金が返却されるので、その資金で新たなIPO株に挑戦できます。

IPOで投資するデメリット

〇抽選なので運が左右します。

〇公募割れリスクがある。公募割れとは上場日の公開価格より、初値が安く始まることを言います。運良くIPO銘柄を手に入れても、すべてが上場後に値上がりするわけではありません。

IPOの流れ

上場承認から上場までは、下図のような流れで展開します。

新規上場をするにはまず証券取引所などへ経営内容や情報公開などが要求されます。それがクリアとなると、上場承認となります。

企業が上場するには幾社かの証券会社のサポートが不可欠です。メインとなる証券会社を主幹事証券会社と呼び、売り出しの価格帯などを算定、仮条件が決まります。

次にブックビルディングへと進みます。これは、IPO株を発行する時の公募価格を決定するために、仮条件をもとに、投資家がどれ位購入したいかというニーズを探るものです。

検討を重ねて主幹事証券会社が公開価格を決定、IPO株の申し込みを受け付けます。抽選で当選者が決まり、購入の権利を得ます。

 

IPOの買い方

窓口とネットでのIPOの買い方

IPOを買うためには、主幹事証券になることの多い証券会社の口座を事前につくっておきましょう。

窓口で購入する場合のポイントは、証券会社の担当営業マンのなじみ客になることです。預かり資産を多く持ち、何度も取引を行って実績を作り上顧客になることで、優先的にIPOを購入させてもらえる可能性があるのです。

ネット証券は完全抽選制を取っている会社が多くあります。各社独自の工夫を凝らしていますが、申し込みが多数のため、当選率は低く、当選は「運」という感じです。

ネット証券各社のIPO抽選方法

抽選方式採用しているネット証券特徴
完全平等抽選

マネックス証券
カブドットコム証券
松井証券
GMOクリック証券岡三オンライン証券

「一人一票制」とも呼ばれる方式。
高額投資家も少額投資家も抽選権は等しく1票。個人投資家にとってはうれしい抽選方式

当選率が違う抽選

楽天証券

一申し込み口数につき一票という方式。運用資金が潤沢にある人ほどチャンスも増える。さらに過去の取引量に対応してゴールド、シルバー、レギュラーに分類。当選確率はレギュラーに対してシルバーは2倍、ゴールドは5倍とチャンスも広がる

SBI証券

抽選は70%、残りの30%はIPOチャレンジポイントというポイント制を採用。一人一申し込み限定で、このポイントでのIPOに申し込み可能。使用ポイントが多い人から当選していく

IPOの分析

目論見書のポイント

IPO株は未公開株ですので、その企業の事業内容や業績見通しなどを調べることも大変です。最も良い情報が得られるのが、目論見書です。

東証のサイトにも上場の概要、有価証券報告書、売買単位などが載っています。主幹事証券会社のサイトにもありますし、PDFファイルで閲覧できます。

また、店頭で実物を入手することもできます。目論見書の情報量は分厚く、難しい専門用語も多く、投資初心者には読みこなすのは困難です。そこで、目論見書のチェックポイントをまとめました。ここをつかめば、上場する企業の現状や財務状況及び未来図などを知ることができます。

○事業内容―どのような事業をしている会社なのか確認

○IPOスケジュール 上場する市場

○財務データ―賃貸貸借表、損益計算書など最新の決算状況で健全経営か、経営基盤が安定しているかなどを知る

○IPOの目的―新規発行分で資金調達した資金をどのように使うかを確認

○主幹事証券会社―IPOの割り当て数が多い証券会社を確認する

○株主―公募、売り出し前の株主を見る

○想定発行価格―仮条件の参考価格を確認

○発行株式の数量、当選人数―どれだけIPO株を発行し、当選人数は何人かを確認

○ロックアップの条件―ロックアップとは既存の大株主が一定期間保有している株を売らないように定めること。ロックアップ解除後は株価が下がることもあるので要注意

資金はいくら必要?

希望の銘柄の公募価格×100株=投資資金

IPO株に申し込むのに必要なお金は、企業の公募価格で異なります。

IPO株は、購入を希望する投資家が大勢いるので仮条件の上限がそのまま公募価格になることも多いです。仮条件の上限もしくは公募価格に申し込み単位をかけた金額が資金としてあればOKです。

2017年3月から4月のIPO銘柄をピックアップしたものをご覧ください。
例えばLIXILビバは205,000円、ウェーブロックホールディングスなら、75.000円が必要です。この金額が証券会社のIPOの口座にあれば抽選対象になります。

まずは投資できる資金でIPO株の公募価格×100株が購入できる銘柄を見つけて、目論見書などから判断しましょう。

銘柄名  公開株価申し込み単位必要なお金初値
LIXILビバ2,050円100株205,000円 1,947円
ウェーブロックホールディングス750円

100株

75.000円721円
テモナ2,550円100株255,000円8,050円
ネットマーケティング1,140円100株114,000円1,552円
スシローグローバルホールディングス3,600円100株360,000円3,430円

Yahoo!ファイナンス 初値決定銘柄一覧より  https://info.finance.yahoo.co.jp/ipo/list/

IPOの売り方

初値が公開価格を上回る理由

上場後に株式市場で初めて売買が成立した価格を初値と言います。初日に約定することもありますし、人気の銘柄は翌日に売買が成立することもあります。初値が公開価格を上回ると勝ち、下回ると負けという言い方をします。下記の表のようにIPOしたすべての企業の初値が公開価格を上回るわけではありません。ただし上場企業を平均してみるとは勝ちの銘柄が多く、投資家から相変わらず高い人気を集めています。

一般的になぜ初値は公開価格を上回るのか。それは、企業に成長性や魅力を感じる、いわば投資家の期待値のあらわれです。それと公開価格を主幹証券会社が、上場する企業の知名度が低かったり、財務や業務に不安定要素があるので、あえて割安に設定しているからです。

IPOは初値で売却が基本

初値が公募価格より高いのであれば、成行注文で売却しましょう。成行であれば売値は証券取引所に任せる発注法なので通常は上場当日に初値が確定すれば、即時に売却が成立します。IPO銘柄が上場する新興市場は値動きが激しく、上場後の株価が急騰・急落する場合もあります。急騰ならばいいですが、急落だと、公募価格や初値を割るリスクがあります。

銘柄名  公開株価初値初値騰落率
LIXILビバ2,050円1,947円-5.20%
ウェーブロックホールディングス750円721円-3.87%
テモナ2,550円8,050円

+215.69%

ネットマーケティング1,140円1,552円+36.14%
スシローグローバルホールディングス3,600円3,430円-4.72%

Yahoo!ファイナンス 初値決定銘柄一覧より  https://info.finance.yahoo.co.jp/ipo/list/

IPOのポイントと金融機関の選び方

あなたの積み立てのお悩みは?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も