るいとうとは?

「るいとう」とは、「株式累積投資」の略です。

通常の株取引は、「どの銘柄」を「いくら買うか」が大切なポイントです。

株価は常に変動するので、「いくら買うか」は投資に使える金額によって異なります。

「るいとう」は、あらかじめ決めた銘柄を、設定した金額で毎月購入する積立型の投資商品です。

A銘柄を買うために毎月1万円を投資に使うと決めたら、基準日に毎月1万円ずつA銘柄を買い増して行きます。

「るいとう」で購入した株式数が少ない場合は、通常の株主が持つ株主総会への出席権や議決権はありません。
しかし買い増していった結果、保有株式数が単元株式数に達したら単元株として扱われるようになり、通常の株主と同様の権利を持つことができます。

るいとうのメリット

通常の株取引は単元株の単位で取引をしなければならないので、1回の取引金額が大きくなります。

しかし「るいとう」では毎月定額で少しずつ株を買い増していくので、少額から株取引を始めることができます。投資を始める際に多くの資金を用意する必要はありません。

1つの口座で複数の銘柄を毎月購入することもできるので、様々な銘柄への分散投資が可能です。リスク管理の観点からも分散投資は重要ですが、分散投資を行うと投資額が膨らむ傾向があります。「るいとう」では投資額が一定なので、投資額が膨らんでしまう心配がありません。

通常の株主のように配当金を受け取ることも可能です。振り込まれた配当金は自動的に再投資に回されるので、さらなる株の買い増しが可能です。

「るいとう」では、株価が高いときは購入株数を少なくし、株価が安いときは多くの株を買うことになります。こういった投資方法を「ドルコスト平均法」と言います。ドルコスト平均法は毎月一定数の株式を購入した場合に比べて1株あたりの購入金額を抑える効果があります。株価が常に上昇を続ける局面では、初期の安い株価の段階で大量の株を購入した方が高い効果を得られますが、株価の動きを読むことは難しく、急落したら短期間で大損害を受ける可能性があります。ドルコスト平均法は株価が上下に揺れるような相場で効果を発揮し、中長期的な投資に向いています。

るいとうのデメリット

「るいとう」の対象銘柄は証券会社が選定するため、投資家は限られた範囲内で銘柄を決めなければなりません。証券会社によって取扱銘柄も違うので、特定の銘柄を投資対象にしたい場合は証券会社の選定から始める必要があります。

「るいとう」で購入した株式の数が単元株式数に達していない場合、株の名義人は証券会社となります。議決権などの権利を持つのは投資家ではなく証券会社です。一般の株主のような権利はないので気をつけましょう。

保有株式数が単元株式数未満の場合は、株主優待の受取にも制限があります。企業から発行された株主優待は証券会社によって換金され、各投資家に分配されます。換金性のない株主優待は投資家に分配されないか、抽選で分配される方式が取られます。

「るいとう」は毎月定額で株を購入する性質上、毎月必ず手数料がかかります。手数料の高い証券会社を選んで長期間投資を行った場合、累計手数料がかなりの金額になります。また、証券会社によっては口座管理手数料等が必要になるので注意してください。

るいとうで積立投資に向いた銘柄の選び方

るいとうのポイントと金融機関の選び方

大和証券のるいとう

約1700銘柄が「るいとう」の対象として扱われており、自由に銘柄を選ぶことができます。

1銘柄につき1万円以上から開始することができ、買付日を任意に選択することが可能です。

口座管理料に年間3240円(税込)必要なのはマイナスですが、大和証券の他のサービスに加入しておけば口座管理料が半額になったり無料になったりする特典が受けられます。

野村證券のるいとう

「ファンドるいとう」という商品名です。

月々最低5000円から始めることが可能で、予め指定した「投資信託」に毎月定額を投資します。

NISA口座で公募株式投資信託を行うと、売買による収益や分配金等に対する税金が非課税になるメリットがあります。

投資対象を選ぶ場合、「キャンペーン対象銘柄から選ぶ」「NISAおすすめ投信から選ぶ」「購入時手数料無料の銘柄から選ぶ」などの選択肢が公式サイトにて用意されており、目的や好みに応じて簡単に検索することができます。

SMBC日興証券のるいとう

通常の株式以外に、ETF(上場投資信託)やREIT(不動産投資信託)などを投資対象としています。株式以外に投資を行うことで、リスク分散の効果があります。1つの口座で最大20銘柄まで扱えることもあり、選択肢を広く持ちたい場合にはおすすめです。

1銘柄あたり月々1万円以上、1,000円単位で投資額を設定できます。

カブドットコム証券のプレミアム積立

毎月500円以上1円単位という、驚きの少額で投資を始められるのが最大の特徴です。

「投資信託」を積み立てでき、指定したファンドを毎月一定金額ずつ買い付けます。

気軽に始められる金額に加えて、スマホを使うことで「気になるファンドの基準価額が○○円以下になったら通知」「保有するファンドの評価額が○○円以上になったら通知」「1日前からの騰落率が○%以上上昇したファンド一覧を通知」などの各種自動通知サービスがあり、気軽さや手軽さにこだわっています。

カブドットコム証券のプレミアム積立®(プチ株®)

ミニ株との比較

株式を少額で購入する方法には「ミニ株」も利用が可能です。

るいとうは一定の金額単位で購入しますが、ミニ株の場合は株式の最低単元の1/10などの単位で購入します。

特徴るいとうミニ株

購入方法

積み立て購入

1売買単位

売買単位

金額単位

最低単元の1/10単位

手数料

かなり高い

高い

取り扱い金融機関

大手証券会社

ネット証券

ミニ株とは?ミニ株のしくみや利用できる証券会社について

あなたの積み立てのお悩みは?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も