株式投資とは?初心者にも分かりやすく始め方を解説

株式投資とは?

株式投資とは、「株式」という商品を売買して利益を得る「投資方法」です。

株式を買い取った投資家は「株主」となります。

株を買った会社の業績が上がれば、その株の価値もどんどん上昇していきます。そして買い取った金額以上で、株式を売れば買取金額と売却金額の差額分の利益がでます。

つまり株式投資とは、将来株価が上がりそうな企業の株を購入し、実際に株価が上昇した時に売却して、差額の利益を得るというのが基本の投資方法になります。

株とは?株式投資の基礎知識

株式投資で得られる利益

株式投資によって得られる利益は3つあります。

それが「値上がり益(売却益)、配当金、株主優待」です。

1.値上がり益

値上がり益とは上記でも紹介したように、株を買った時の値段より株の値段が上がった段階で売れば、その差額が利益になることを言います。例えば10万円で買った株を、15万円のときに売れば、5万円の利益となります。これを値上がり益(キャピタルゲイン」といいます。

この大きな値上がり益を期待できることが、株式投資の大きな魅力のひとつです。

株式投資の利益とは?利益のしくみと税金について

2.配当金

配当金とは、企業が出した利益の一部を株主に還元するものです。企業により1株あたりの金額は違っています。例えば1株辺り10円の配当金で1,000株保有していると、10円×1,000株=10,000円の配当金を得ることが出来ます。

またこの配当金は中間決算と期末決算期の、年に2回支払う企業が多くなっています。

株の配当金とは?配当のしくみと利回りについて

3.株主優待

株主優待とは、会社が株主に株を買ってくれたことに感謝の気持ちを込めて、自社の商品やサービスなどを贈ることです。会社によりその内容は変わりますが、その利回りが10%近くなど高利回りになる優待ももあります。

株主優待とは?

株式投資はだれも出来る?

株式投資と聞くと、大金が必要なイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、株式投資は銘柄によっては数万円からでも始める事ができます。
株式投資に年収や資産は関係ありません、

例えば1株300円の会社がある場合、300円では株を購入することはできません。
なぜならば、会社によって最低売買単位が決められているのです。多くの場合は、1売買単位が100株というケースです。

この場合、1株300円×100株=30,000円 が、株の購入金額になります。

株の購入には売買金額だけでなく「売買委託手数料」がかかります。

売買委託手数料は買う時・売る時の両方必要な経費です。証券会社によって手数料はさまざまですが、ネット証券では安い場合が多いです。

投資のトレードツールは、ネットに接続されたパソコンやスマートフォンを利用して行う事ができます。

株式投資の取引スタイルとは?

株式投資の信用取引とは?

どこで投資に参加できるか?

株は証券取引所で取引されています。しかし証券取引所から直接株を買うことはできません。

株を買うには証券会社を通して、買わなければなりません。

個人投資家が証券取引所に入るのは禁止されている為、証券会社が、個人投資家の注文をまとめる役割を担っています。

証券会社に「この会社の株を◯◯株買ってきて下さい。」と注文することによって、株を買うことができるのです。

株式市場とは?

株式投資のポイントと金融機関の選び方

どうやって売買するのか?

証券会社で株を買うには、店舗に直接行き窓口で対面取引をする方法と電話で注文する方法、またはインターネット上で注文する方法があります。

店頭で直接取り引きする場合は、窓口係に売買に関する助言を得たり相談できるなどのメリットがありますが、売買手数料が高いのがデメリットです。

インターネットでは、24時間売買の注文ができるメリットがあります。ネット注文の場合は売買手数料が数百円ですむメリットがあります。

株式投資の流れ

株の買い方は?初心者でも分かりやすい口座開設と売買の流れ

株の売り方 – 利益確定と損切りのタイミング

株式投資にはどんな商品があるのか?

証券会社で投資できる株にはさまざまな種類があります。代表的なものが以下になります。

単元未満株・株式ミニ投資

通常の売買単位よりも少ない単位で売買できる株式です。

通常の10分の1などの単位で投資することができるので、資金が少なくてすみます。ミニ株とも呼ばれています。

ミニ株とは?

るいとう(株式累積投資)

毎月一定の金額を証券会社が自動的に株を買い付ける商品で、積立のような投資ができます。

るいとうとは?

IPO(新規公開株式)

新しく上場する企業の株です。上場後に値上がりすることが多く、人気がある株式です。

IPOとは?

投資信託

投資家から集めたお金をまとめて、運用のプロが株や債券などに投資して利益を上げる金融商品です。

ETF(上場投資信託)やREIT(不動産投資信託)などもあります。

投資信託とは?

株式投資で損するケース

株式投資は少額から誰でも始められる投資ですが、損をする場合もあります。

株で損をする場合は、「高値で買った株をを安値で売ってしまう場合」です。

上がると思って買った株が思ったように値上がりせず、少し下がった状態で売った場合は損失が少なく抑えられます。

多くの失敗する方が「いつかまた上がるだろう。」と思い、いつまでも株を持ち続けてしまうために、損失が膨らんでしまうのです。これを「損切りができなかった。」といいます。

「損切り」とは「損失でている株に見切りつけて株を売却すること。」です。損失が少ない内に、損切りを行うことができればよいですが、初心者の場合はなかなかその見極めができずに、損失を大きくしてしまいます。損をすることが確定しても冷静に損切りの判断をしましょう。

株式投資のリスク

株式投資には、さまざまなリスクが存在します。「リスク」とは、損失そのものを表すものではなく、「不確定な要素」という意味があります。

代表的なものを紹介しましょう。

1.インフレ

インフレ(インフレーション)とは、物価が継続的に上がっている経済状態のことです。インフラになればこれまで100円で買えていたものが150円になったりします。つまりお金の価値が下がってしまうのです。その為、同じものを買うにも多くのお金を必要とするので、直接資金に影響してきます。

2.価格変動

価格変動リスクとは、株の値段が時間とともに変化するというリスクの事です。

株価は常に変動しているので、買った時の値段より下がってしまうこともあります。

3.地政学

地政学リスクとは、特定の地域の情勢が変化することによって起こるリスクのことです。その地域が、政治的、軍事的に不安定になると、世界経済の先行きが不安視され、株価に影響してきます。

4.流動性リスク

流動性リスクとは、売買が極端に少ない場合、売りたい時に売れなくなる可能性のことです。

例えば企業の不祥事が発覚し、その企業の投資先としての人気がなくなると、多くの投資家が株を売り始めます。するとその企業の株価が急激に下がります。その結果、株を買う投資家が少なくなり、売りたいはずの株に値がつかず、売れないという状態になります。

株式投資のリスクとは?

税金の仕組み

株で得た利益には税金がかかり、売却益には約20%が課税されることになります。

例えばA株の売却益が15万円、B株の売却益が10万円。更に、A株の配当金2,000円と、B株の配当金の3,000円だった場合。

15万円+10万円+2,000円+3,000円-1,000円(手数料)×20.315%=5万1,600円

となり、この5万1,600円を納税することとなります。

納税の方法には下記があります。

・特定口座・源泉徴収あり
配当金や売却益があらかじめ税金がひかれている。

・特定口座・源泉徴収なしと一般口座
年に一度確定申告を行い税金を納める。

2015年にはNISAが始まりました。NISA口座で取引すると、年間最大120万円分の利益が非課税になります。有効に活用しましょう。

投資と税金のしくみ

株価の仕組み

株価はどうやって決まっているのでしょうか。それはその株が投資家の間で人気であるかどうかです。

株取引は、オークションの様な仕組みで売買されています。

例えば、最初1株を100円と150円で買いたい人がいます。

そうすると、150円を出した人が優先的により取引されます。このように、みんな欲しがる銘柄だと、どんどん値段が上がっていくことになります。

逆に人気のない銘柄は、誰も買おうとしないので、どんどん値段が下がっていきます。これが株価の変動の基本の仕組みです。

またその会社の業績も大きく関係します。

会社の業績が良く、株価が上がりそうだと投資家が思った場合は買い注文が増えます。

逆に不祥事など、その会社に対して悪いニュースが出た場合、売り注文が増えるので株価は下がります。

トレードツールはパソコンやスマートフォンを利用して投資を行う事ができます。

株価が変動する要因とは?

1.株式のしくみ

1-1 株とは?株式や株式会社のしくみを分かりやすく解説

1-2 株式市場とは?株式市場のしくみや種類、取引時間帯について

1-3 株の権利落ちとは?権利落ちすると株価はどうなる?

1-4 株価が変動するしくみ、株価に影響を与える要因について

1-5 PTS取引で時間外でも株式投資

2.株式投資のしくみ

2-1 株式投資を始める手順を分かりやすく紹介-株式投資の手順と流れ

2-2 株式投資の手数料とは?株式投資でかかる手数料のしくみについて

2-3 株の信用取引とは?信用買いと空売りのしくみや危険性

2-4 株のリスクとは?リスクの種類、リスクヘッジ・回避の方法

3.株の利益

3-1 株式投資の利益とは?株の利益にかかる税金について

3-2 株の配当金とは?配当のしくみと利回りについて

3-3 株主優待とは?簡単に分かる株主優待制度のしくみとメリット

4.株の売買

4-1 株の取引時間とは?土日や祝日に取引できる?

4-2 株の買い方は?株の選び方、指値や成行の注文方法について

4-3 株の売り方 初心者でも分かる売り注文のタイミング

4-4 成行注文とは?成行・指値・逆指値、株の注文方法について

5.株の分析

5-1 株の出来高とは?見方や目安、価格・相場との関係について

5-2 株の板情報とは?見方や読み方、注意点について

5-3 株のスクリーニングとは?検索方法や設定する条件について

5-4 株のレーティングとは?投資判断につかえる情報

5-5 株のファンダメンタルズ分析とは?

5-6 PBR・BPSとは?意味や目安、読み方について

5-7 PER・EPSとは?意味や読み方、使い方について

5-8 財務諸表とは?見方や読み方、種類について

5-9 テクニカル分析の基礎知識

5-10  一目均衡表の基礎知識

5-11 チャート分析を売買に活用する方法

5-12 ボリンジャーバンドの見方と使い方

5-13 MACDの設定とシグナル

5-14 RSIの見方とシグナル

5-15 移動平均線の期間や種類

6.株式投資のトレード手法

6-1 株の投資スタイルとは?トレードの種類と手法を紹介

6-2 株のスイングトレードとは?初心者でも分かる仕組みや銘柄の選び方

6-3 株のデイトレードとは?初心者でも分かる仕組みや銘柄の選び方

6-4 株のスキャルピングとは?初心者でも分かる仕組みや銘柄の選び方

6-5 グロース投資(成長株投資)とは?意味やメリット、デメリット

6-6 バリュー投資(割安株投資)とは?意味やメリット、デメリット

6-7 高配当株とは?配当金のしくみや銘柄選びのポイント

6-8 テンバガー(10倍株)銘柄とは?候補になる銘柄の探し方

6-9 IPOとは?新規公開株のしくみ、利益やリスク、申込から売買方法

6-10 株の分散投資とは?分散投資の重要性、メリットやデメリット

6-11 るいとうとは?メリット・デメリット、証券会社の累投型投信

6-12 ミニ株とは?ミニ株のしくみや利用できる証券会社について

6-13 株で積立投資する方法とは?メリットやデメリットについて

あなたの積み立てのお悩みは?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も

ページの先頭へ