投資信託の運用スタイル

投資信託は、運用スタイルによって分類することができます。

その中でも代表的な投資スタイルが「パッシブ運用」「アクティブ運用」です。

パッシブ運用

パッシブとは「消極的」または「受動的」という意味です。

設定した指数(ベンチマーク)と同じような値動きになるように運用が行われます。
指数の変動を受けて、それに追随するように調整するため「受動的」な運用と評されます。

取り扱う銘柄は、目標とする指数が対象としているとほぼ同じです。

例えば日経平均株価に連動させるパッシブ型の投資信託では、日経平均株価の対象になっている225銘柄または日経平均株価に大きな影響を与える銘柄を主に扱います。

比較的に低リスクで安定的なリターンを求める銘柄が多い傾向があります。

アクティブ運用

アクティブとは「積極的」「能動的」という意味です。

目標とした指数を上回るように積極的な運用が行われるため、うまく行けば大きな利益が得られることがあります。

パッシブ運用と違い、アクティブ運用で取り扱われる銘柄は多岐にわたります。

指数を上回ることが目的なので、利益を生みそうな銘柄を幅広く売買していく必要があるのです。投資の専門家が多くの選択肢から独自の手法や考え方で銘柄を選定し、売買のタイミングを決めていくのがアクティブ運用なのです。

運用スタイルの特徴

パッシブ運用アクティブ運用
コスト低い高い
運用目標
目標の指数と同じ様な値動きを目指す取引

目標の指数を上回るような成果を目指す取引

取扱銘柄目標指数と同じ様な銘柄運用会社の取引の考え方によって選択

パッシブ運用

前述のように、パッシブ運用の目的は指標(ベンチマーク)から外れないように資金を運用することが目的です。

目標とする指標は日経平均株価やTOPIXが代表例となります。

パッシブ運用には、主に以下のようなメリットとデメリットがあります。

パッシブ運用のメリット

1. 指標に連動するため値動きが把握しやすい

例えば日経平均株価に連動させる運用スタイルでは、日経平均株価が1%上がったら投資信託の価値も約1%値上がりするといったわかりやすい動き方を目指します。

日経平均株価を見れば自分の投資信託の値動きがわかるので、自分の投資信託を確認する手間を省くことができます。

2. 運用が安定的

パッシブ運用では値動きが平均化されるため、ある程度安定した運用が期待できます。後述するアクティブ運用と比べ、大きく損をする可能性は低いと言えます。

3. コストが安い

パッシブ運用では、積極的に銘柄の入れ替えを行いません。そのため売買手数料が安い傾向があります。

また、多くの投資信託では、目標の指数に連動するように組まれたプログラムが自動的に売買を行います。

投資のプロの分析や判断がないため、人件費の分だけコストが安くなります。

パッシブ運用のデメリット

1. 希望の銘柄に絞り込んだ投資ができない

パッシブ運用の第一目的は、指標に連動した運用をすることです。この目的を達成するために、選定される銘柄がある程度限られます。

投資家が「環境問題に力を入れている企業の銘柄を扱って欲しい」などと思っても、希望する銘柄が取り扱われないことがあるのです。

そういった場合は他の投資信託を選ぶしかありません。

2. 大きな利益を期待できない

パッシブ運用は、あくまで指標との連動を目的としています。

逆に言えば、大きな利益を得られるチャンスがあったとしても、指標から大きく逸脱した運用はされないということです。

例えば、株価の伸び率が高い銘柄を扱って指標から離れてでも利益を伸ばして欲しいという投資家の願いは、パッシブ運用では却下されてしまいます。

インデックスファンドとは?

(引用:SMBC日興証券)

インデックスファンドはパッシブファンドとも言われ、パッシブ運用を行う投資信託のことです。

パッシブファンドの中でも上場しているものはETF(上場投資信託)と呼ばれ、それ以外のパッシブファンドが一般的に(狭義の)インデックスファンドと言われます。

例として、TOPIXとの連動を目指すインデックスファンドがどのような投資が行われるかを紹介します。

TOPIXに連動させるタイプのインデックスファンドでは、TOPIXを構成する東証一部上場の多くの銘柄に分散投資します。

単一の銘柄がTOPIXから逸脱しても、全体としてTOPIXに追随していれば問題ないというコンセプトで投資が行われるのです。

もし、TOPIXを構成する銘柄が変動した場合、それに合わせて銘柄を入れ替えます。
頻繁に銘柄入れ替えが行われるわけではありませんので、売買手数料は抑制されます。

インデックスファンドでは指標と値動きが連動するので、ニュースでTOPIXや日経平均株価を確認すると、自分が保有する投資信託の基準価額がある程度把握できます。

インデックスファンドの主な指数

株式債権
日本TOPIX(東証株価指数)
日経225(日経平均株価指数)
NOMURA-BPI総合
先進国MSCIコクサイ・インデックス
NYダウ(ダウ・ジョーンズ工業株価平均)
シティグループ世界国際インデックス
新興国MSCIエマージング・マーケット・インデックスシティグループ世界国際インデックス
全世界MCSIオールカントリー・ワールド・インデックスシティグループ世界国際インデックス

(参考:金融庁「つみたてNISAの対象商品」)

アクティブ運用

アクティブ運用とは、目標とする指標を上回るように資産を運用する投資スタイルです。

値動きが指標と一致しなくても問題ないと見なされて、むしろ指標をできるだけ上回るようにと積極的な投資が行われます。

アクティブ運用にもパッシブ運用と同じように、以下のようなメリットとデメリットが存在します。

アクティブ運用のメリット

1.大きな利益を得られる可能性がある

アクティブ運用では指標と関係無く積極的な投資を行うため、積極性が良い方に転べば大きな利益を得ることができます。

それに比べるとパッシブ運用は保守的・消極的な運用を行う部分があるので、大きな利益を得るチャンスは少ないと言えます。

2.商品バリエーションが豊富

アクティブ運用型の投資信託には様々な種類があり、ベンチャー企業をメインに投資するものや業種を絞って投資を行う商品などが販売されています。

投資家の興味のある分野や知識の深い分野にも投資ができるので、その投資家にとって最適な投資信託を選ぶことが可能です。

アクティブ運用のデメリット

1.損失が大きくなることもある

アクティブ運用では積極的に投資を行うので、積極性が裏目に出ると大きな損失を招くことがあります。

指標との連動性がないため、指標から大きく下に振れることも十分に考えられます。パッシブ運用に比べるとリスクが高いと言えます。

2.コストが高い

アクティブ運用では積極的に銘柄を入れ替えるため、売買手数料がかさんでしまいます。また、銘柄を選ぶ際にファンドマネージャーが様々な情報を集めて分析するため、人件費も高くなります。

プログラム任せのパッシブ運用に比べると、どうしてもコストがかかるのがアクティブ運用の難点です。

3.投資信託の選択に迷う

アクティブ運用型の投資信託は数が多く、投資家がどれを選ぶかを決めるために知識や比較検討が必要になります。

一見すると似たような商品もあるため、個々の内容を正確に把握しなければなりません。調査に関する時間やコストは投資家側の負担となり、場合によっては投資の機会を逃す可能性します。

アクティブファンドについて

アクティブファンドは、アクティブ運用を行う投資信託です。

投資の専門家であるファンドマネージャーがどの銘柄に投資を行うかを決めるため、ファンドマネージャーの手腕が問われる運用スタイルです。

ファンドマネージャーが積極的に運用を行うことで、一度投資した銘柄でも指標を上回らないと判断されれば他の銘柄と積極的に入れ替えられます。

銘柄の入れ替えとは早い話が売買なので、銘柄の入れ替えの度に売買手数料が発生します。

また、アクティブ型の投資信託は指標に連動しない値動きをするため、各種指標を見ても自分が保有する投資信託がどのような状態になっているかはわかりません。

そのため、投資家は自分の投資信託の状態を日々確認しておく必要があります。

パッシブファンドに比べるとハイリスクハイリターンかつ、投資家に手間やコストが発生するのがアクティブファンドの特徴と言えます。

投資信託の積立におすすめ証券会社ランキング

管理人1号 つみ秀管理人1号
つみ秀

株式投資で得られる利益に関連した記事の一覧です

投資信託の基礎知識 記事一覧です

1-1 投資信託の基礎知識

1-2 投資信託の種類と商品分類

1-3 投資信託の投資スタイル

1-4 ETFの基礎知識

1-5 REITの基礎知識

あなたの積み立てのお悩みは?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も