純金積立というと、貴金属会社のユーモラスなTVCMを思いうかべる方もいるでしょう。

純金積立

金投資のいわば入門にぴったりなのが純金積立です。

わずかな金額で金を積立で金を買っていく本記事では、取引のしくみ、特徴、メリット・デメリット、気に名なる手数料や税金などをわかりやすくまとめました。

純金積立とは?

純金積立は少額で金が買える金投資です。

毎月一定金額による積立方式で金を購入するもので、証券会社、銀行、地金商、商社などで取り扱っています。

金の価格は変動していますので、前もって購入金額を決めて買う純金積立では、高額なときは少量だけ購入して、低額なときは多めに購入します。

この購入方法は、ドルコスト平均法と呼ばれ、金の買付単価を下げてリスクを回避することができます。

ドルコスト平均法について詳しく調べる

純金積立取引のしくみと概要

金を買いたいけど高額で入手できない。
そんな方のために積立で少しずつ金を購入するしくみが純金積立です。

ある程度まとまった重さになれば金地金で引き出したり、売却して換金することができます。取扱会社によっては地金型金貨やジュエリーなどの交換もできます。

純金積立の特徴やメリット

最小積立額が1,000円から。手軽に始められる。

毎月の最積立投資額が1,000円。金投資でも最も安価な額です。お小遣いの金額で利用することができます。

ドルコスト平均法でリスク分散ができる。

ドルコスト平均法で、リスクを分散して効率良く金を購入することができます。ドルコスト平均法とは、価格が安いときは沢山購入し、逆に価格が高いときは少量しか購入しないため、平均的な取得額が分散され、その結果、安い平均取得価格で投資ができるメリットがあります。

便利な自動積立。

 積立代金は、銀行口座から毎月自動引き落としされますので、確実に積立が行えます。口座への入金や銀行窓口に支払いに行く手間を省きます。

積立以外にスポット購入で買付額の増額も可能。

スポット購入はボーナス時に買付額が増額できるものです。資金に余裕があるときや価格が安くなったときに追加で金が購入できます。

純金積立のデメリット

年会費や手数料がかかる。

純金積立では、購入手数料や年会費などがかかります。その額は取扱会社で違っていますので比較検討した上で選ぶようにしましょう。他の金投資、金地金や地金型金貨の投資では派生しません。

取扱会社が倒産すると費用が返却されない可能性がある。

純金積立には2種類の保管方法があります。特定保管なら取扱会社が倒産しても預けている資金は全額保証されます。現在の主流である消費寄託保管ですと預けている資金は保証されません。

ローリターンな投資。

 純金積立はドルコスト平均法でリスクが小さく安定していることはメリットですが、リターンが低いことはデメリットです。

堅実に積み立てていきたい人向けの投資です。

配当や株主優待、利息はない。

株のような配当や株主優待はありません。また、定期預金のように利息も発生しません。

元本保証ではない。

元本は保証されていません。純金の価値は0になることはありませんが、投資のリスクもあります。

純金積立の手数料

取扱会社で実際に購入手数料や年会費はどれくらいかかるのか表にまとめました。購入手数料は毎月積立時にかかるもので、年会費は年頭に支払う費用のことです。それからスプレッドもチェックしてください。スプレッドとは、金の小売価格と買取価格の差額で、小さい方がお得です。スプレッドは取扱会社で異なります。

業態

会社名

購入手数料

年会費

スプレッド

証券会社

SBI証券

売買代金の2.16%

無料

80円

楽天証券

売買代金の2.7%

無料

111円

マネックス証券

売買代金の2.7%

無料

111円

銀行

住信SBIネット銀行

1,000円ごとに25円

無料

85円

地金商

田中貴金属工業

3,000円以上3.5%

1万円以上2.5%

3万円以上2.0%

無料

85円

非鉄金属会社

三菱マテリアル

1,000円ごとに25円

840円

85円

純金積立にかかる税金

利益は譲渡所得、確定申告が必要。

積み立てた純金を売却した場合、売却益があれば、通常、譲渡所得として 申告納税が必要です。純金積立で利益があった場合は株式投資と同様に税金を支払わなければなりません。利益は譲渡所得扱いとなり、確定申告をする必要があります。売却価額から取得価額を引いた金額が譲渡益となります。給与などの所得と合算して税務署に申告します。

5年超の保有で税金が半減。

保有期間が5年以内の短期譲渡所得と5年超の長期譲渡所得で税金が変わります。5年超の長期譲渡所得の場合、短期譲渡所得と比べてなんと半額になります。税制の面からも純金積立は長期保有が最適です。

税金の算出方法

保有期間で税金の算出方法が違います。

5年以内の短期譲渡所得の場合>

売却価額-(取得価額+譲渡費用)-特別控除*50万円=課税所得額

5年超の長期譲渡所得の場合>

{売却価額-(取得価額+譲渡費用)-特別控除50万円}×1/2=課税所得額

*売却益とその年の他の譲渡所得の合計が50万円以下の場合、確定申告は不要です。

純金積立のまとめ

手持ちの資金が少なくても始められる純金積立。金額を決めて買うので値動きを気にすることなく購入することができます。

純金積立は原則として長期保有です。金はそれ自体に変わらない、景気や経済の影響を受けにくい価値がある実物資産なのです。10年20年こつこつ金を貯めて資産形成をしたい。でも、預貯金では金利が期待できない、株式にはリスクを感じる、そんな方におすすめします。

純金積立どこがいい?コツコツ積み立てる銀行や証券会社の選び方

あなたのお金の貯め方・増やし方は?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も