「FXで資産運用を始めたいが、どのようにしていいのか分からない」
「もっている資産の数十倍のお金を投資できるみたいだけど仕組みが分からない」
「興味があるがハイリスク・ハイリターンと聞いた」
「FXで投資している以上の損失を出してしまった」
など、FXには興味があるけど、なかなか資産運用としては始められない方も多いと思います。

FXは資商品の仕組みとしては、株式投資よりもシンプルで分かりやすい作りです。
自分の身の丈に合った投資をする限り、決してハイリスクではありません。投資金額も少額から始めることができるので、手軽にできる資産運用と言えます。

ここのページではFXについて、出来るだけ分かりやすく解説していきます。

FXとは?

FX「Foreign Exchange」の略で、外国為替証拠金取引のことです。
円をドルやユーロなどの外国通貨と交換・売買するなど、2か国間通貨の差益を目的とした金融商品です。

例えば為替レート1ドル110円でドルを買い、為替レート1ドル115円の時にドルを売った場合、5円の利益がでます。逆に為替レート1ドル110円でドルを買い、為替レート1ドル105円で売った場合は5円の損失がでます。

このような変動差益で通貨を売買することがFXなのです。

FXは24時間いつでも取引ができ、投資金額も少額から始められ、手数料に至っては0円の場合もあるなど外貨預金に比べて圧倒的に安いのが特徴です。

外国為替について

FXは外国為替市場で取引されます。

経済ニュースなどでよく耳にする外国為替市場はニューヨーク、ロンドンと並ぶ「世界三大市場」と言われています。
しかし外国為替市場には東京証券取引所のような取引所も組織もなく、実際は世界各国を結んだバーチャルな市場で、電話やネットを通じ、世界中の通貨が取引されています。

ここで取引される各国間の通貨の交換比率のことを為替レートと言います。為替レートは各国の経済指標、政策金利、政治情勢などを基に売り手と買い手の需給バランスが生まれ、価格が形成されるため、常に変動をしています。
外国通貨に対する円高や円安もこうした為替変動があるから生まれます。

円高時に90円でドルを購入し、円安時の120円でドルを売った場合、30円の利益がでます。FXとはこうした為替変動をチャンスととらえ利益を上げる投資方法なのです。

FXの特徴

FXを始める際は、証拠金を金融会社に預ける必要があります。証拠金はいわば担保金のようなもので、その額は金融会社や取引をする通貨、取引額によっても変わってきます。

FXの最も大きな特徴はレバレッジを利用し、証拠金の最大25倍までの取引ができることです。
例えば1ドル120円の時に、レバレッジを25倍まで活用すれば48,000円で1万ドル(120万円)の取引ができます。銀行に同じ金額を外貨預金する際は、120万円必要になるのと比較すると、FXがいかに少ない元手で大きな取引ができるかが良くわかります。

FXでは取引通貨との金利差から得られるスワップポイントという利益もあります。また外国為替市場が世界中で土日以外開かれ、ネットワークでつながっているので、FXは銀行の閉まっている土日以外は24時間取引できます。昼間働いている方も夜間に取引ができるなど、とても便利です。

FXの利益

FXの利益の出し方には各国の為替レートの変動を利用する「為替差益」と取引通貨との金利差を利用した「スワップポイント」の2つがあります。

為替差益とは、例えば1ドル120円でドルを買い、1ドル125円の時にドルを売った場合、5円の利益がでます。逆に1ドル120円でドルを買い、1ドル115円で売った場合は5円の損がでます。このようにその時々の為替レートを利用して損益を出すのが為替差益です。また、1ドル120円の時にレバレッジ最大25倍、証拠金48,000円で10,000ドル(120万円)購入し、1ドル125円の時に売却した場合、50,000円の利益が出ます。為替差益とレバレッジを利用して大きく利益を出せるのも魅力です。

スワップポイントは取引する通貨との金利差で得る利益です。スワップポイントの計算方法は「為替レート × 保有通貨数 × 金利差÷365日=1日のスワップポイント」で、例えば1豪ドル90円で1万豪ドルを買った場合、円と豪ドルの金利差が1.4%だと1日約35円のスワップポイントを受け取ることができます。1年保有すると約12,600円になるので、決して馬鹿にできません。なお、為替レートが変動するとスワップポイントも変動し、場合によっては受け取りから支払いになり、損失を出す場合もあるので、注意が必要です。

手数料

外貨預金に比べ、FXは手数料が低く、なかには手数料無料という金融会社もあります。
しかしFXにはスプレッドという手数料が発生しますので、必ずチェックしましょう。

スプレッドとは「通貨を売る時の値(Bid)と通貨を買う時の値(Ask)の差」のことを言います。よく経済ニュースなどで「現在の外国為替市場は1ドル109円30銭から109円33銭で取引されています」と報じられますが、この場合、売る時の値(Ask)が109円30銭、買う時の値(Bid)が109円33銭になります。

投資家にとっては3銭のマイナスとなりますが、これがスプレッド手数料として金融会社の利益になるのです。

スプレット手数料は金融会社ごとに違うので、FXを始める際の金融会社選びの重要な要素とも言えます。またスプレッド手数料は通貨ペアによっても違ってきます。

通貨ペアとは為替の取引を行う2国間の通貨の組み合わせの事で、例えば、米ドルと円取引する場合は「米ドル/円」と表記されます。現在、多くのFX会社では20数種類の通貨ペアを用意しているところが多いですが、通貨ペアを選ぶ際は為替レートや金利だけでなく、それぞれのスプレッド手数料の確認もおすすめします。

FXのリスクやデメリット

少ない元手で大きな取引ができるFXにはさまざまなリスク自動売買注文のシステムやデメリットがあります。

まず為替変動リスクです。為替は24時間変動し、時には短期間、短時間で大きく予想外の値動きをし、損失を被ることがあります。レバレッジを最大の25倍で利用した場合は、その分損失が増しますので、レバレッジは安全な範囲内で利用することをおすすめします。

金利にも変動のリスクがあり、通貨ペア次第では逆にスワップポイントを支払うケースもあるので要注意です。また世界中で24時間、ネットワークを介して取引されるFXでは、世界のある場所の動向に瞬時に影響を受けます。

例えば2015年1月の〝スイスフランショック“ではスイス国立銀行の政策決定が瞬く間に世界の市場を大混乱に陥れました。2010年5月7日の”アメリカ、ダウの誤発注ショック“ではギリシャ危機で市場が大幅下落するなか、誤発注が起きたことでさらに市場に大混乱を引き起こし、多くの個人投資家が大損害を被るなどのケースもあります。

そして何よりも取引きをする会社選びもリスク要因になります。業界の努力もあり、FX業界は安全性が高くなっていますが、過去にはFX会社が倒産をし、投資家が大損害を被ったこともあります。

いくつかの会社を見比べながら、安心して取引できる金融会社を選ぶことが最初のリスク回避といえます。

FXのトレード

FXのトレードでは、ある通貨を「安く買って、高く売る」と「高く売って、安く買い戻す」ことで利益を上げていきます。

「安く買って、高く売る」場合、利益は小さいが確実性が大きく、「高く売って、安く買い戻す」場合は利益は大きいが確実性は低いと言えます。どちらも売買のタイミングを上手に捉えることが重要ですが、24時間動き続ける為替市場を一人の人間が追い続けることは事実上不可能です。

朝起きたら相場が急変し、大きな損失が出ていることも少なくありません。現在ではいくつかの金融会社が「IFD注文」などの自動売買注文のシステムを提供し、24時間トレードが可能なので、あらかじめ売買する為替レートを設定すれば、仕事中や睡眠中も途切れることなく、トレードを続けることができます。

FXの税金と確定申告

個人の方がFXで得た1年間の売買益(為替差益とスワップポイントの収益)は、雑所得として申告分離課税の対象となり、確定申告をする必要があります。

税率は一律20.315%(所得税15%+復興特別所得税0.315%+住民税5%)です。

他の取引所での取引や先物取引等の損益通算が可能で、通算して損失となる場合は、一定の要件の下、翌年以降3年間繰り越すことができます。

なお、給与所得が2,000万円以下でFXなどで得た所得が20万円以下の方、専業主婦・パート・アルバイトをしていて、FXなどで得た所得が38万円以下の方、年金生活で公的年金等の収入が400万円以下で、FXなどの所得金額が20万円以下の方は確定申告の必要はありません。

まとめ

これまで、FXについて解説してきましたが、最後に金融会社の選び方についても説明します。

金融会社を選ぶコツは、まず自分がどのような投資をしたいのか、短期なのか、長期なのかをしっかりと把握した上で、スプレッド手数料、スワップポイントの比較検討をおすすめします。

またご自身のライフスタイルも踏まえて、自動売買注文システムなどの取引システム、便利なアプリの有無なども参考になります。もちろん、キャンペーンや取引手数料などは最も身近な判断材料です。

あなたに最適な金融会社で、FXで資産運用を始めてみてください。

積立FXのポイントと金融機関の選び方

FXでスワップ金利を得るポイントと金融機関の選び方

あなたの積み立てのお悩みは?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も