近年は、日本株よりも米国株や中国株が成長が高く活況となっています。

世界的な企業の株主になることは投資家のあこがれですし、新興国の企業の株主になって大きなリターンを狙うことは投資の醍醐味です。

日本に住みながらでも外国株式の取引ができるのが外国株式です。

このページでは外国株式のしくみ、特徴から売買方法、メリット・デメリットからどんな外国株式と取引できるのかなどベーシックなことを網羅しました。そのためにはまず証券会社で外国株式取引口座を開設することからです。

世界の企業へ株式投資

外国株式とは、海外の証券取引所に上場・公開している株式のことをいいます。

外国株式を取引する場合、証券会社に外国株式取引口座を開設しなければなりません。
国内の証券取引所に上場している外国企業の株式は、国内株式と同じ方法で取引ができます。

外国株式には、グローバルに活躍する世界的な有名企業や優良企業があります。

また、新興国では知名度は低ですが、日本の企業とは比べものにならないほど成長性率が著しい企業も多数あって、投資先として大きな魅力があります。

外国株式の特徴としては、大きな株価の上昇が期待できる、高い配当がのぞめる、円安の場合、為替差益を得られるなどがあります。

外国株式の売買方法

外国株式の売買には3つの方法があります。

1.海外委託取引

顧客からの注文を国内の証券会社が外国の証券会社に取り次いでもらう委託による取引方法。取引の対象は、世界の主要市場に上場する株式です。対象市場でも個別に取り扱えない場合があるので事前に確認しましょう。

2.国内店頭取引

顧客からの注文に取引証券会社が相対する取引方法。銘柄、株価など顧客の注文内容と一致すれば取引成立となります。

3.国内委託取引

東証など国内の証券取引所に上場している株式は国内株式と同じように売買することができます。株価は円表示。売買手数料なども日本株式と同じです。

外国株式投資のメリット

外国株式への投資のメリットには、このようなものがあります。

・ポートフォリオに日本株式と値動きの違う外国株式を加えることでリスクを低減、国際的な分散投資ができる。

・海外の大手企業に投資できる。

・経済成長率の高い新興国企業への投資で大きなリターンが期待できる。

・日本のインフレに強い。インフレで円安になれば外貨は円に対して値上がりします。

外国株式投資のデメリット

外国株式への投資のデメリットには、このようなものがあります。

・元本割れする可能性がある。

・変動リスクがある。外国株式、特に新興国企業の株式は価格変動の割合が大きい傾向があります。

・為替リスクがある。外国株式は投資先の国の通貨建てとなっているので為替相場の上昇・下落により購入時の元本よりも時価が下落する可能性があります。

・国内株式の売買よりも手数料が高め。

・新興国企業への投資には情報の入手が難しい。政情不安などのリスクもあるので世界経済についての深い知識が求められる。

日本で取引可能な外国株式の種類

多彩な国の多様な外国株式があります。日本の証券会社で取引できるものは、下記のとおりです。

店頭取引が基本ですが、米国株や中国株、韓国株などはインターネットでも取引することができます。

株式

証券取引所

米国株

NYSE(ニューヨーク証券取引所)

NASDAQ(ナスダック)

中国株

香港証券取引所

上海証券取引所

深セン証券取引所

韓国株

KOSP(コスピ市場)

KOSDAQ(コスダック市場)

欧州株

ロンドン証券取引所

ドイツ証券取引所

ユーロネクスト

タイ株

SET(タイ証券取引所)

ロシア株

MICEX(モスクワ証券取引所)

インドADR

NYSE(ニューヨーク証券取引所)

NASDAQ(ナスダック)

ブラジルADR

NYSE(ニューヨーク証券取引所)

NASDAQ(ナスダック)

主要各国の特徴

外国株式のうち代表的なアメリカ株と中国株について説明します。

米国株

世界で最大の経済国であるアメリカは証券市場規模も世界最大です。

代表的な市場では世界的な一流企業が目白押しのNYSE(ニューヨーク証券取引所)とIT企業などがメインのNASDAQ(ナスダック)があります。

NYダウ(ダウ30種平均)やNASDAQ総合指数は日本の市場でも株価の重要な指標となっています。下記のものが取引できます。

<日本の証券会社で取引できる米国株の種類>

・米国株

NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NASDAQ(ナスダック)などに上場している株式

・ADR銘柄

アメリカ以外の企業が発行する預託証書(株式を裏付けにした証書)

・米国ETF

アメリカ内外の金融市場の株価指数や債券インデックスなどに連動する上場投信

・米国REIT

取引が堅調なアメリカのオフィスビル、マンション、商業施設などに投資する不動産投資

ADRで米国以外の企業への投資ができる。

ADR(米国預託証書)は、American Depositary Receiptの略称です。
米国市場で外国企業の株式を裏付ける証券になります。

アメリカの投資家がアメリカ以外の企業にも簡単に投資できるようにつくられた仕組みです。

日本はもちろん欧米やBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)など世界の多数の優良企業がADRを活用して証券を発行、上場しています。

中国株

世界中の投資家から経済発展に注目されている中国。
中国には証券取引所が3つあります。

上海と深センは中国本土市場と呼ばれ、中国国内の投資家投資家対象のA株市場と中国国内の投資家投資家と外国人投資家対象のB株市場があります。

ですから日本人投資家が取引できる中国株は上海B株(米ドル建て)、深センB株(香港ドル建て)、香港市場(香港ドル建て)となります。

証券取引所

特徴

中国本土市場

上海証券取引所

深セン証券取引所

A株市場…中国国内の投資家投資家対象 

B株市場…中国国内の投資家投資家と外国人投資家対象

香港市場

香港証券取引所

中国国内の投資家投資家と外国人投資家対象

銘柄分類

H株…中国資本の中国企業

レッドチップ…中国資本の香港企業

外国株式の手数料

外国株式で実際に手数料はどれくらいかかるのか。アメリカ株と中国株で証券会社3社の売買手数料を比べてみました。

<アメリカ株の売買手数料>

証券会社

売買手数料(税込)

SBI証券

約定料金の0.495%

最低 無料、上限最大20ドル

マネックス証券

約定料金の0.495%

最低5ドル、最大20ドル

楽天証券

約定料金の0.495%

最低5ドル、最大20ドル

(2019年12月3日 現在)

<中国株の売買手数料>

証券会社

証券取引所

売買手数料(税込)

SBI証券

香港

約定料金の0.286%

最低51.7香港ドル、最大517香港ドル

マネックス証券

香港

約定料金の0.25%

最低45香港ドル、最大450香港ドル

楽天証券

香港

上海A株

約定代金10万円まで540円)

約定代金10万円超100万円未満約定代金の0.54%)

約定代金100万円以上5,400円

(2019年12月3日 現在)

SBI証券、マネックス証券は香港市場のみの取扱ですが楽天証券は香港市場と上海A株の銘柄を扱っています。

外国株式のまとめ

外国株は分散投資の強力な選択肢の一つです。

ADR(米国預託証書)を活用すれば、米国をはじめ世界中の企業の株式をドル建てで売買することができます。

さらに外国株式はNISA(少額投資非課税制度)に対応しています。
NISAで外国株を始められると手数料も安く、外国株の譲渡益や配当が非課税扱いになる大きなメリットがあります。ポートフォリオで外国株式の割合を増やしてみるのはいかがでしょうか。

株式投資おすすめ証券会社ランキング

あなたのお金の貯め方・増やし方は?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も