為替の基礎と外貨建て金融商品について

外貨建て金融商品とは?

外貨建て金融商品とは、円を米ドル、豪ドル、ユーロなどの外貨に換えて運用する金融商品のことをいいます。

取引価格が外貨の価格で表示され、主なものには外貨預金やFX、外国株式投資、外貨債券、外国投資信託などの商品があります。

外貨建て金融商品は、金利や利回り、円に換金した後の利回りがそれぞれ違うことを頭に入れておきましょう。

為替レートのしくみ

為替レートとは外国為替の取引における円と外貨との交換比率(交換レート)のことです。

円と外貨の交換を行う場合に適用する為替レートが対顧客電信相場です。日本人の立場から見るとTTS(対顧客電信売相場)は円を外貨に換えるレート、TTB(対顧客電信買相場)は外貨を円に換えるレートを意味します。

預入時のTTSより、引き出すときのTTBのレートが高ければ、運用はプラス、この利益を為替差益といいます。

逆に、引き出すときのTTBが預入時のTTSよりレートが低ければ、運用はマイナス、この損失を為替差損といいます。

為替リスク

外貨建て金融商品は円の代わりに外貨を利用して行うものです。

円を外貨に換えて預金、償還する際は外貨を円に両替して払い戻しを受けます。

ですから、預け入れ時と引き出し時の外国為替相場の動向、円安か円高では預け入れ金額や払戻金額が大きく変動します。

このことを為替リスクといいます。

外貨預金

外貨預金は、普通預金や定期預金など円で利用している預金を円の代わりに米ドル、ユーロ、ポンドなど外貨で行う金融商品です。

外貨預金の種類は円での預金と同様に普通預金や定期預金、当座預金、通知預金などがあります。

円を外貨に交換して預金、引き出す時は外貨を円に両替して払い戻します。金融機関によっては外貨のまま引き出すことも可能です。

円と外貨の両替時にはそれぞれで為替交換手数料がかかります。

外貨預金の金利はその通貨の発行元の国の水準が適用されます。預け入れ期間は1ヵ月、3ヵ月、6カ月、1年などがメインです。

預入金額は金融機関で異なりますが、日本円で10万円以上、米ドルなら1000ドル以上が標準的です。

外貨預金は預金保険制度の対象にはなっていません。

また、外貨預金の為替差益には別途税金がかかります。ただし、年収2,000万円以下の給与所得者の方は、「給与所得以外の所得と合算して年間20万円以下」の場合、申告は不要です。外貨預金で受け取る利息も申告不要です。

外貨預金の魅力

1. 高金利で利息が受け取れる

2. 為替差益が得られる。為替レートが円安になればなるほどより大きな為替差益を獲得

3. 外貨預金の体験により世界経済の視野が広がる

外貨預金のリスク

1. 急激な円高になると、為替変動で生まれる損失(為替差損)も拡大、元本割れリスクもある

2. 高額の為替手数料がかかる

3. 外貨預金はペイオフ(預金保護)の対象外。預けている銀行が破綻した場合、預金は戻ってきません

住信SBIネット銀行の外貨積み立てなら

・最低500円からの積み立て可能

・外貨積立の為替コストは、米ドル/円なら2銭(買付時)

・毎日、毎週、毎月など自由に積立できる

FX(外国為替証拠金取引)

FXはドルやユーロなどの外国通貨(為替)を交換・売買し、その差益を目的とした金融商品です。

為替差損損益のみならず2つの通貨間の金利差、スワップポイントも損益の一部になります。
高金利通貨を購入し低金利通貨を売却した場合は金利差をもらえますが、逆の場合は金利差を支払います。

外貨預金と違ってFXでは、レバレッジ(=てこの原理)を利用すると、売買する外貨相当の日本円を入金する必要はありません。
少額の資金(証拠金)で最大25倍の取引をすることができます。

ただし取引で評価損が出ると損失分、担保の評価が下がり、最低委託保証金率(事前に決められた担保を維持する最低ライン)を下回れば追証を支払わなければなりません。

FXの魅力

1.FXは世界中の通貨を取引するため、24時間いつでもオンライン取引が可能

2.外貨預金などに比べ手数料が安価。外貨預金の約1/10以下の手数料

3.1万円程度の小額からでも参加できる

4.レバレッジをかけることで 入金したお金よりも大きな額を扱うことが可能、大きなリターンも

FXのリスク

1.資産を預けてあるFX取引業者が倒産すると、預けた資産が返ってこない場合がある

2.レバレッジによるリスク。入金したお金よりも大きな額を扱えるので大きな損害を被る場合も

3.天災やテロ、戦争など予期せぬ為替変動が発生した場合、保有している通貨が暴落する危険がある

FXの基礎知識

外国株式投資

外国株式とは海外の企業が発行する株式のこと。日本からも海外の株式市場への取引注文を発注することができます。そのためには、証券会社で外国証券取引口座を開設する必要があります。取引の方法は3種類あります。

外国取引

証券会社に依頼して、外国の証券取引所で外国株式の売買を行います。この場合、外国株式の価格は現地の通貨の値段で取引。値段を指定して株式の売買をする指値注文もできます。

国内店頭取引

国内の証券会社が保有している外国株式を国内で購入する取引方法になります。この場合の売買価格は外国市場の株価を基準として決まることになります。指値注文はできません。

国内委託取引

東京証券取引所に上場されている外国株式などを扱う取引方法。株価に為替レートが前もって織り込まれた円建てとなっています。

外国株式投資の魅力

1.国際分散投資ができる

2.将来性や実績など魅力ある企業の選択肢が増える

3.為替差益が狙える

外国株式投資のリスク

1.海外の企業なので全般的に投資に関する情報量が乏しい、特に新興国など

2.国内株式投資と比較して手数料が高いことが多い

3.為替損益を被る可能性がある

外国株式投資の基礎知識

外貨債権

外国の政府や企業が発行した債券のこと。通貨が円以外、発行の国または地域が日本以外、発行体の国籍が日本でない、この3つのうちで1つ以上が該当すれば外貨債券です。

外貨債券にはその国の通貨単位で購入する外貨建て外国債券、日本の円で購入できる円建て国債券、円で購入して満期にドルでお金が戻ってくるなど、異なる通貨単位が用いられる二重通貨建て外国債券などがあります。

利子や元本が外貨建てで支払われる場合、日本の投資家が元利金を円に交換するとき、為替相場の変動により受取金額が変わります。

外貨債券に投資するときは、発行体の国や通貨国の政治情勢や経済動向に十分注意するようにしましょう。政治や経済状況の変化は債券価格、為替相場の変動の主因になるからです。

外貨債権の魅力

1.外国債券は、日本の債券よりも高金利。経済が不安定な発展途上国などはさらに高金利傾向。

売却時に購入した時よりも円安になった場合は為替差益が期待できる

3.通貨別や満期までの期間、利回りなど様々な種類があり、分散投資が可能に

外貨債権のリスク

発行元が破綻すると、元本が大きく割り込むことも、最悪ゼロになる可能性もある

債券の価格の変動があり、大きく価値が下落することがある

売却時に購入した時よりも円高の場合は損が出る可能性がある

外国投資信託

外国投資信託とはファンドの国籍が外国にあり、その国の法律に基づいてつくられた投資信託のことです。投資対象が外国かどうかは問いません。

外国投資信託を日本で公募販売する際にはファンドの最低基準、管理会社の自己資本もしくは純資産、管理会社の代理人の設置など一定の基準をクリアしなければなりません。

外国投資信託には、契約型と会社型があり、会社型は外国株式として扱われています。現在、日本国内で販売されている外国投資信託は、契約型が中心になっています。

また、日本の投資信託は主に毎月配当型ですが、海外投資信託では配当の自動再投資型で複利効果を狙える大きなメリットがあります。長期運用に適した投資商品です。外国投資信託には 米ドルやユーロ、英ポンドなど外貨建てで購入するものと日本円で購入できるものの2種類があります。気をつけたいことは2種類とも為替リスクがあるということです。

外国投資信託の魅力

1.外貨建てMMFなど投資初心者向き商品が充実している

2.売却時に購入したときよりも円安になった場合は大きなリターンがのぞめる

3.日本がインフレになって円の価値が下がった時、逆に外貨は円に対して値上がりするので、リスクヘッジに有効

外国投資信託のリスク

1.元本割れする可能性がある

2.変動リスクと為替リスクがある、売却時に購入した時よりも円高になれば損失になる

3.手数料などコストが高い

あなたの積み立てのお悩みは?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も

ページの先頭へ