「NISA(ニーサ)」「つみたてNISA」などの税金優遇制度が整備され、株式投資などでの資産運用の必要性がメディアでも取り上げられる事が多くなっています。

しかし、いざ株式投資を始めるとなると、多額の資産が必要になりますし、損失を考えてなかなか手を出せない方も多いと思います。

そのような方にオススメな投資商品が「ミニ株」です。

ミニ株なら有名な会社の株式が1万円以下の金額で購入でき、投資に回せる資産の少ない方にもおすすめです。ここではミニ株の概略や銘柄を選ぶ際のポイントなどを説明します。

ミニ株のしくみ

通常の株式の取引では、銘柄ごとに決められた単元株ごとに売買が行われます。

例えば1株10,000円で単元株が100株の銘柄を購入する場合は、最低100万円の資金が必要となります。
これでは高額過ぎて、株式投資は敷居が高いと思われる方も多いでしょう。

そのような方におすすめなのがミニ株です。

ミニ株なら単元株の10分の1や、証券会社によっては1株から取引が可能になります。

先ほど参考に挙げた銘柄の場合、1株の購入で10,000円や証券会社によっては、1,000円から株式の取引ができることになります。

つまり、ミニ株を利用することで、無理なく格安な資金で株式投資を行うことができるのです。
お手持ちの資金が少ない方や、投資に不安のある投資初心者の方も無理なく投資を始めることができます。

また、将来のために積み立て投資や分散投資でコツコツ資産運用をする方法にも適しています。

 購入株価(円)普通取引の株数(株)普通取引の代金(円)ミニ投資の株数(数)ミニ投資の代金(円)
A社5001,000500,00010050,000
B社10,0001001,000,00010100,000

ミニ株で積立投資できる銘柄

ミニ株は正式な制度ではなく、1部のネット証券会社などが独自に行っているサービスです。

しかし、東証などに上場している銘柄の多くをミニ株で売買取引することができます。

ミニ株は単元株数が1株の銘柄は対象となりませんが、ETFなどの扱いは証券会社によって若干違ってきます。

取引の際は各社のウェブサイトなどで比較検討することをオススメします。

証券会社の取り扱い銘柄

 証券会社・サービス名

取り扱い銘柄

マネックス証券
(ワン株) 

東証上場銘柄、名証上場銘柄

SBI証券
(S株)

東証上場銘柄

カブドットコム証券
(プチ株)

東証上場銘柄、名証上場銘柄、Q-Board銘柄(福証の新興市場)、アンビシャス銘柄(札証の新興市場)

SMBC日興証券
(株式ミニ投資)

東証上場銘柄、名証上場銘柄からから約2100社

One Tap BUY
(ワンタップバイ)

東証上場銘柄 30社、海外銘柄 30社、ETF

ミニ株での積立投資に向いた銘柄を選ぶポイント

小額から始められるミニ株は長期にわたって行う積立投資に適していますが、銘柄を選択する際には長期的な視野に立った銘柄選びをしたほうがよいでしょう。

具体的にはどのような銘柄を選べばいいのか、下記にまとめましたので、ご参考ください。

1.よく知っている会社

投資する企業が何をしている会社なのかを、最低限知っておく必要があります。

同時にその会社の製品を日常使用しているなど、身近に感じられることも重要でしょう。

長期にわたり投資を続けるのですから、応援し続けたい会社を選ぶことがおすすめです。

2.将来的にも好業績が予想される会社

株価は基本的に業績によって動きます。
一時的に株価が極端に上下することがあったとしても、結局は業績に見合った株価に落ち着くものです。

また、その業績も今だけではなく、将来的にも緩やかであれ、伸び続ける会社選びが求められます。

他社にない製品、ブランドの魅力、将来的な成長性なども注意深く検討する必要があります。

3.配当金など、株主への意識が高い会社

ミニ株での取引も配当がもらえるケースがあるので、やはり配当金がしっかり出ている会社がいいですよね。

配当が出せる会社かどうかが重要になるので、必ずチェックしておきたいポイントです。
株主、そして社会貢献などの意識が高いかどうか、ということも会社を見る重要なバロメーターです。

配当利回りは、同業他社に比べあまりに良すぎる企業は、何らかのデメリットがある場合もありますので、同業他社と比較検討してみてください。

 

以上、銘柄選びのポイントを3点を紹介しました。

こうした情報は、ネットや会社四季報などでも十分調べることができますので、取引の前にはしっかりと情報収集しましょう。

ミニ株の取り扱い証券会社

ミニ株は証券会社によって名称や購入可能な単位が違っています。

希望する価格で売買する指値取引はではなく、売買の申し込みをおこなった日の翌日の初値の価格で取引されるなど、注文時間と約定価格も証券会社によって違ってきますので、ご確認ください。

また、取引手数料も証券会社ごとに違います。
積立投資する場合は、売買回数が増えますので手数料の負担はバカになりません。
下記の表などを参考に、比較検討することをオススメします。

証券会社ごとのミニ株の概要比較 

証券会社
サービス名

注文数量

手数料

注文時間と約定価格

マネックス証券
(ワン株)

1株から

約定金額の0.5%(税抜)
最低手数料 48円

当日分の注文受付は午前11時30分まで。
約定結果は、注文執行日の15時40分以降に反映される。

SBI証券
(S株)

1株から

約定代金×0.500%(税込0.55%)
最低手数料:50円(税込55円)

・受付0:00~10:30
当日後場始値

・受付15:30~21:30
翌営業日前場始値 

・受付21:30~24:00
翌営業日後場始値

カブドットコム証券
(プチ株)

1株から

約定代金2万円まで100円、以降約定代金1万円増加まで毎に67円加算(税別)

・受付00:01~10:00
当日後場始値 

・受付10:01~23:00
翌営業日前場始値

受付23:01~24:00
翌営業日後場始値

SMBC日興証券
(株式ミニ投資)

10株単位

2,000円未満
約定代金×2.484%

2,000円以上
支店扱いは約定代金×2.484%
(最低手数料1,080円)

 オンライントレードなどは1約定あたり756円 (税込)

注文日の翌営業日(てれトレ・日興イージートレードは注文受付最終時間後の最初の取引日)の始値で約定

One Tap BUY
(ワンタップバイ)

1,000円

約定代金×0.5%(税込)
最低手数料:5円

24時間

(2019年12月3日 現在)

ミニ株で積立投資に向いた銘柄の選び方積立まとめ

「ミニ株」の魅力は、私たちが普段よく知っている有名な会社の株式を、1万円以内などの少額で購入できることです。

これなら投資初心者の方も無理なく株式投資を始めることができます。

また金額が小額なので、積み立て投資や分散投資などで長期的な資産運用にも向いています。

銀行への預貯金だけでなく、ミニ株で株式投資への第1歩を踏み出していただければと思います。

ミニ株おすすめ証券会社ランキング

あなたの積み立てのお悩みは?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も