投資信託の積み立てに向いた銘柄の選び方

低金利で銀行預金では資産が増えない状態が長く続いていますが、初心者でも難しく考える必要がなく安定したリターンを得る方法として注目されるていのが投資信託です。

小額から始められプロが運用する投資信託は、株式投資以上に購入しやすい金融商品です。積み立て投資との相性もいいので、将来に向けた資産運用にも適しています。ここでは投資信託の概要から積立投資を行う際の銘柄の選び方などを紹介していきます。

投資信託のしくみ

投資信託は投資家から集めたお金を投資のプロであるファンドマネージャーが、国内外の株式や債券、不動産などに投資・運用し、その運用益が投資家に還元される金融商品です。

投資信託の仕組みは少し複雑です。

まず投資信託は「投資信託運用会社」で作られます。そして証券会社、銀行、郵便局などの「販売会社」から投資家に販売され、投資家から集められたお金は「信託銀行」に保管されたうえ「投資運用会社」の指示で投資が行われます。

投資家が証券会社などを通じて直接取引を行う株式投資とは違いますので、知っておいた方が良いでしょう。

投資信託は国内外の株価指数、株式、不動産、債券など、組み込む資産は多種多様で、分散投資や積み立て投資にも適している魅力ある金融商品です。数千円単位から始められ誰もが手軽に購入できるメリットを持ちます。

また投資のプロであるファンドマネージャーが投資先を決め、運用するのもメリットの一つ。これなら投資未経験者も安心して投資ができます。

ただしプロのファンドマネージャーが行うので、その分の手数料が発生し、株式投資よりも手数料か高いという特徴も持ちます。

手数料には 買付時にかかる買付手数料と保有期間中に毎日かかっている信託報酬、売却時にかかる信託財産留保額の3つがあります。買い付け手数料は同じ投資信託でも証券会社によって違いがありますので購入の際は証券会社の比較検討が必要です。

投資信託の積立に向いた銘柄を選ぶポイント

小額から投資でき、国内外のさまざまな資産に分散投資ができる投資信託は、積み立て投資に最適な金融商品としても注目を集めています。

しかし約5000本あるといわれる投資信託からどの投資信託を購入すべきかが最も悩むことろ。ネットなどで見る人気ファンドランキングは販売会社が売りたいファンドも含まれているので要注意です。そこでここでは、積み立て投資に適した投資信託の銘柄選びのポイントのいくつかをご紹介します。

1.手数料に要注意

積み立て投資は毎月一定の金額を投資しますので、買い付け手数料も毎月支払うことになります。長期で見ると手数料はバカになりません。買い付け手数料は金融会社によって違うので比較検討は必須です。ネット証券では買い付け手数料無料のノーロード投信が充実しているので、検討してみると良いでしょう。また信託報酬は保有中は毎日運用成績から引かれる手数料なので、あまり高すぎるものは除外したほうが良いでしょう。

2.バランス型投信を選ぶ

一口に投資信託といっても、国内・海外株式、国内・海外債券、国内・海外REIT、バランス型(ミックスアセット)などのタイプがあります。それぞれに特徴と投資目的を持ちますが、積み立て投資は長期投資になりますので、様々な資産に投資し、リスク分散の効果を持つバランス型で始めてみてはいかがでしょうか。

3.運用期間が無期限であること

投資信託の中には償還日が設定されているものが数多くありますが、運用益がマイナスでも償還日が過ぎると決済されてしまので要注意です。積み立て投資は長期にわたる資産運用ですので、運用期間が無制限のものを選ぶ必要があります。

4.毎月分配型は不向き

投資信託の中でも毎月分配型は人気の商品ですが、積み立て投資ではおすすめできません。あくまでも基準価格や総資産額が重要なのであって、分配金を出すことを重視する毎月分配型は長期投資には不向きといえます。

5.投資信託の内容をしっかりと把握すること

最も大切なのは投資信託の中身をしっかりと理解したうえで購入することです。

投資信託の場合、これまでの運用実績、運用経過、今後の運用方針などを細かく報告する「運用報告書」がありますので、しっかりと読み込み、投資信託の中身をしっかりと把握した上で、今後のリターンやリスクなどの分析などもしてみることをおすすめします。

スクリーニング機能

証券会社のサイトにあるスクリーニング機能を利用すれば、より効果的に銘柄探しができます。

「投資対象」「過去のリターン」から「純資産残高」「償還日」「買い付け手数料」「信託報酬・信託財産留 保額」などの項目で銘柄を絞りこんでいけば、自分がもとめる銘柄を探すことが可能です。

スクリーニング機能の内容は証券会社によって違いがありますので、各社の比較検討してみましょう。

投資信託で注意するポイント

投資信託はあくまでも投資ですので、元本保証の商品でないため、購入した価格よりも値下がりして、元本割れ(損失)をこうむる可能性もあります。

損失を避ける銘柄選びのポイントも知りたいですが、正直その答えはどこにもありません。
ひとつ言えるのは、雑誌やサイトで人気があり評判の毎月分配型の銘柄は避けることです。話題性が高い投資信託というのは、もはやピークを過ぎ、基準価格も高止まりということが往々にしてあります。
このような状態では運用益だけでは賄いきれない分配金を「投資家が預けた資金=元本」から支払いつづける、ということもありえます。

また運用のほぼ100%を株式などへの投資に回している銘柄も要注意です。リーマンショックなど市場が暴落した際に、大きな損失につながりますので、特に初心者の方は避けたほうが良いでしょう。

投資信託で積立投資におすすめの銘柄の選び方まとめ

以上、投資信託で積み立て投資をする際のポイントを紹介しましたが、ご理解いただけましたでしょうか。

年金や社会保障への不安もあり、投資信託へのニーズはこれからますます高まると思われます。

また2018年1月からは「つみたてNISA」がスタートしました。「つみたてNISA」では投資信託とETFの1部が対象商品となりますので、投資信託へのニーズはますます高まっていくと思われます。将来の安心な生活のためにも、投資信託での積み立て投資をはやめに始めてみてはいかがでしょうか。

投資信託の積立におすすめ証券会社ランキング

NISA(ニーサ)おすすめ証券会社ランキング

あなたの積み立てのお悩みは?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も