「るいとう」は月1万円からと低資産で始められる積み立て投資の一つです。

(引用:大和証券)

毎月1定額である銘柄を購入し続けるので、ドルコスト法のメリットが大いに享受でき、投資初心者から経験者までにおすすめです。

しかし、利用できる証券会社が限られたり、手数料がかかったりと、さまざまな注意点もあります。そこで、ここでは「るいとう」に関して、簡単に説明をしていきます。

「るいとう」のしくみ

「るいとう」は正式には「株式累積投資」といい、毎月1万円からと低い金額でコツコツと積み立てができる投資商品です。

通常の株式投資では100株、1000株と銘柄ごとに決められた単元で売買が行われますので、一つの銘柄を購入するにはまとまったお金が必要になる場合があります。

例えば1株200円で1単元が1000株の銘柄の場合、1単元購入するのに20万円の資金が必要になります。

200円 × 1,000円 = 200,000円

しかし「るいとう」なら、年間200万円以内で月1万円以上1,000円単位で購入できるので、まとまったお金が無くても少額から投資を始めることができます。

また、同じ銘柄を毎月1定額購入するので、ドルコスト平均法のメリットが活用できるのも特徴です。

ドルコスト平均法はある銘柄を「価格が低い時は多く」「価格が高い時は少なく」購入するので、毎月同じ単元株を買い付けするよりも平均購入価格を引き下げることができ、さらに時間分散によるリスクの軽減や、複利での運用メリットも享受できます。

ドルコスト平均法の基礎知識

このように毎月小額から投資ができ、ドルコスト平均法のメリットを活用できる「るいとう」は中長期を見通した資産運用の最適な投資手法といえるのです。

るいとうで投資できる銘柄

「るいとう」は通常の株式投資と違って、すべての証券会社、すべての銘柄に適用できませんので注意が必要です。

またネット証券では類似した商品はありますが、「るいとう」自体の取り扱いが無いのも特徴です。なお2017年9月現在で「るいとう」のサービスを実施している代表的な証券会社と取り扱い銘柄数は下記のとおりです。

証券会社取扱銘柄数
野村証券1,831件
大和証券2,696件
SMBC日興証券1,954件
三菱UFJモルガンスタンレー証券1,082件
岡三証券300件

(2018年10月30日現在)

他の証券会社に関して「るいとう」を取り扱っているかどうかは、HPなどでご確認してみてください。

積立に向いた銘柄を選ぶポイント

「るいとう」は一般の株式取引とは違い、売り注文を出した翌営業日の寄り付き値が売値になります。

ですので投機的な値動きのする銘柄は絶対に避け、安定した銘柄を選ぶことがおすすめです。

ドルコスト平均法のメリットを生かすためにも中長期的な投資をすることが重要になりますので、倒産リスクのない、ローリスク・ローリターンな銘柄選びが大切になってくるのではないでしょうか。

普段使っている商品やサービスなど、身近に感じられる会社に投資することも一つの方法です。

なお、世界的な投資家のウォーレン・バフェット氏は長期投資の際に下記のポイントを大切にしていると言います。

「るいとう」に限らず長期投資の際の銘柄選びの参考にしてください。

・事業の内容が理解できること

・長期的に業績が良いことが予想されること

・経営者に能力があること

・魅力的な価格であること

るいとうの注意点

「るいとう」を利用する際、注意点として手数料などのコストの問題が挙げられます。

例えば野村證券では売買の際、一律1.188%(税込)の手数料がかかるなど、各社1%弱の売買手数料がかかります。

また年間3,000円程度の口座管理料がかかる証券会社もあります。

「るいとう」は毎月1万からの取引なので、積立額に対して手数料が割高になるケースも考えられます。
口座開設前には必ず手数料のチェックをおすすめします。

また、「るいとう」で購入した銘柄の場合、株主は証券会社名義となります。持ち株数に応じて配当金は出ますが、株主優待は受け取れません。もし株主優待を受け取りたいなら、株数が単元株に達してから、総合取引口座などに移し替える必要があります。

1売買単位での取引手数料

証券会社口座管理手数料取引手数料(税込)
野村証券0円1.188%
大和証券3,240円100万円以下 1.242%
SMBC日興証券0円100万円以下 1.242%
三菱UFJモルガンスタンレー証券0円50万円超-100万円以下
0.9936% + 2,052円
岡三証券0円1.242%

(2018年10月30日現在)

るいとうで積立投資に向いた銘柄の選び方まとめ

ここまで「るいとう」に関して基本的な解説をしてきましたが、ご理解いただけたでしょうか。

月1万円から始められ、ドルコスト法のメリットを享受できる「るいとう」は銀行への預貯金にかわる資産運用として効果的な1面もあります。

しかし、口座管理手数料や取引手数料が高く、コツコツと積み立てる投資にはあまりオススメできる商品ではありません。

毎月、少額で投資商品を購入するのであれば、「投資信託」も一度検討してみましょう。

投資信託の基礎知識

以上「るいとうで積立投資に向いた銘柄の選び方」でした。

るいとうのポイントと金融機関の選び方

あなたの積み立てのお悩みは?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も