純金積立とは、毎月一定額で純金を購入し長期にわたって積み立てていく運用方法です。

金の値段は毎日変動しますが、純金積立だとドルコスト平均法で投資するので価格変動リスクが回避でき、小額から投資できるので、人気の投資商品となっています。

ただ純金積立は金融機関によってコストなどの違いがあります。そこでここでは純金積立を始める際の会社の選び方について説明していきます。

金の積立方法

純金積立は、月々数千円からと少ない金額からでも行えるのが魅力です。

とくにSBI証券などのネット証券では月々1,000円からできるので、はじめて純金積立を始める方にはネット証券がおすすめです。

純金積立をはじめるにはネット証券では口座を開設し、引き落とし日までに月々の積立額を入金すれば積立が開始されるので簡単です。

金のスポット購入もできる

純金積立の魅力にスポット購入ができることがあります。

金価格は毎日変動しますが、金価格が大きく下がったときなどに買い足すことをスポット購入と呼びます。スポット購入は純金積立の口座を持っている場合にのみ可能になるので、純金積立を行いながら金価格が下がった時などにスポット購入をすれば、購入価格をさらに低く抑えることができます。

なおスポット購入の際も手数料がかかり、スポット購入を扱っていない会社もあるので、会社選びの際はしっかり確認しておきましょう。
ネット証券は手数料も安く、スポット購入を扱っているのでおすすめです。

純金積立の手数料

積立純金を行うには手数料として購入手数料と年会費がかかります。購入手数料は毎月積み立てる際の手数料で、年会費は年初に支払う費用になります。

こうした手数料は1回あたりは小額ですが、積立の場合には長期投資になりますので、投資結果に大きな影響を及ぼし、場合によると手数料との差額で投資結果がマイナスになる場合もあります。

購入手数料と年会費は会社によって違いがありますが、購入先を選ぶ際は手数料の安い会社がおすすめです。

なお毎月の積立額が3,000円の場合の年間コストはSBI証券が777円と最安値、他にマネックス証券と楽天証券が972円となっています。

貴金属メーカーや地金商などの年間コストが約1,200円から約4,000円ですので、SBI証券を筆頭にネット証券がお得といえます。

毎月3000円で純金積立した際の手数料

社名

毎月の購入手数料

年会費

年間コスト

SBI証券

購入金額×2.16%

無料

777円

マネックス証券

購入金額×2.7%

無料

972円

楽天証券

購入金額×2.7%

無料

972円

田中貴金属工業

3,000~9,000円は3.5%

無料

1,260円

三菱マテリアル

1,000円ごとに25円

864円

1,764円

徳力本店

1,000円ごとに25円

1,080円

1,980円

岡藤商事

無料

3,240円※1

3,240円

石福金属興業

1カ月ごとに216円

1,080円

3,672円

岡安商事

購入金額×2.5%

3,240円

4,140円

※1 2年目以降は2,160円

また、純金積立にはスプレッドという手数料もかかります。

スプレッドとは金を買う時と売る時の差額のことで、例えば購入価格が4,700円で売買価格が4,600円と表示されている場合、100円がスプレッドで純金積立会社の利益になります。ス

プレッドも会社によって違いがありますので、会社選びの際は必ず比較検討をしてください。

金の保管方法

純金積立では特定保管と消費寄託の2つの保証の仕組みがあり、会社によって積立てた金の保証内容が違いますので注意してください。

「特定保管」を採用する会社ではユーザーが積み立てた金は全て保証され、万一会社が倒産しても金は100%返還されます。

対して「消費寄託」を採用する会社では、ユーザーが積み立てた金の所有権は会社側に移管され、ユーザーは請求する債券を持つこととされています。つまり、消費寄託を採用する会社が倒産した場合、すべてが戻ってくる保証はなく、返還請求を行うことになります。

全額保証の特定保管を採用する会社は少数ですが、ネット証券ではSBI証券が特定保管を採用しており、安心して取引できます。

金の引き出し方

純金積立を引き出す際は、下記の3パターンができます。

1.売却して現金を受け取る 

2.現物として受け取る 

3.会社によっては金貨やジュエリーなどと等価交換して受け取る 

の3つのパターンがあります。因みにネット証券では、SBI証券とマネックス証券が現金または現物で引き出すことができ、楽天証券は現金のみとなっています。現金で受け取る際は、その時々の価格で決済されるので、価格が大幅に下落した際は損失を被ることもあるので注意してください。

純金積立の会社・銀行・証券会社の選び方まとめ

純金積立は株式投資などと違い、いたってシンプルで安全な投資方法ですので、株式投資や投資信託などに純金積立を加えたポートフォリオを組んでみてもよいでしょう。

ネット証券なら1つの口座でポートフォリオを組み立てることができます。とくにSBI証券は手数料が最も安く、積み立てた金も全額保証されるなど、もっともおすすめの会社といえます。

毎月3000円で純金積立した際の手数料

社名

毎月の購入手数料

年会費

年間コスト

SBI証券

購入金額×2.16%

無料

777円

マネックス証券

購入金額×2.7%

無料

972円

楽天証券

購入金額×2.7%

無料

972円

田中貴金属工業

3,000~9,000円は3.5%

無料

1,260円

三菱マテリアル

1,000円ごとに25円

864円

1,764円

あなたのお金の貯め方・増やし方は?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も