貯金の基礎知識

貯金とは?

ネット銀行に貯金

「貯金」は文字通りに、お金を貯める行為を意味しています。

将来のための資金だったり、子供の教育費のためだったり、マンションや車の頭金など、お金のかかる事の準備として「貯金」が行われています。

貯金の他にも、預金や貯蓄という言葉が使われるケースがありますが、違いが分かるでしょうか?

貯金とは?貯金、預金、貯蓄の違い

金利とは?

定額貯金金利の推移

銀行に「貯金」をしておくと、「利子」としてお金が増えることがあります。

なぜお金を預けるだけで、お金が増えるのでしょうか?

利子は利息と呼ばれることもあります。
利子と違いがあるか、金利や利率とはどのような関係があるのかを分かりやすく説明しています。

利子と利息、金利と利率、利回りの違い

お金を守る保険制度

銀行が倒産した場合

自分の大切なお金を銀行に預金していて、万が一、銀行が倒産してしまったら、預けていたお金はどうなるのでしょうか?

ニュースでも報じられることがありますが、大企業でも銀行でも倒産してしまう可能性があるのはご存知だと思います。

せっかく貯めておいたお金を失わないために、自分できるリスク回避はしっかりと準備しておきましょう。

預金保険制度(ペイオフ)のしくみ

お金を貯める金融商品

お金は自宅で貯めることができ、貯金箱や金庫にいれて保管する方法が一般的でしょう。

自宅に貯め込まれているお金は「タンス預金」とも呼ばれています。
これはヘソクリなどをタンスの中に入れておく習慣があった事に由来したネーミングです。

タンス預金

自宅以外の貯金で広く知られている方法の一つに「金融機関」にお金を預ける「預金」があります。

金融機関に自分専用の口座を作成する事で、さまざまな種類の預金商品を利用することができます。

預金は種類によって、しくみや預入期間、金利などが異なります。
特徴は下記のページを参考にして下さい。

お金を貯める貯金・預金の種類

お金を貯める方法

お金は「今日から貯金を始めよう!」と決めても、なかなか習慣にならずに3日坊主になってしまうケースが多いものです。

継続してコツコツと貯金するには、貯金を開始する前の準備をすることが大切です。

準備と言っても難しいことはなく、家庭内の「物」と「お金」の情報を整理するだけ。

「物」と「お金」を自分で把握することで、必要なことに目が向き、必要ではないことにお金を使わなくなります。

次のページでは、管理人1号 つみ秀が実際に行ってきた貯金術を紹介しています。

お金を貯める方法6つのステップ!上手に賢く行う貯金術

どんな目的で銀行を探していますか?

お金を出し入れする銀行口座

給料の受け取りや送金などに使う口座。

【普通預金】におすすめ銀行

高金利の定期預金

まとまった資金を一定期間預けておきたい。

【定期預金】高金利の銀行

積立貯金でコツコツ貯める

毎月、自動的に貯金できる口座。

【積立預金】おすすめ銀行

総合人気ランキング

金利やサービスが良く便利でオトクな口座

【ネット銀行】総合ランキング2018年

ページの先頭へ