RSIとは

RSIとは、Relative Strength indexの略で、相対力指数と言います。

一般的に過去14日間の株価の上昇幅・下落幅の合計値に対して上げ幅がどれほどかを測り、底値圏や天井圏の転換点を数値で予想する、すなわち買われ過ぎ、売られ過ぎなどを示す指標です。

投資タイミングの判断が容易にわかるので、ネット証券会社では必ずといっていいほど配信されているチャートです。

(引用元:カブドットコム証券

RSIの計算方法

RSIは一定期間の終値と比較してどれだけ上昇したか、どれだけ下落したかに基づいて下記のような計算で算出します。

RSI=(一定期間の上昇日の前日比幅合計/(一定期間の上げ幅合計+一定期間の下げ幅合計))×100(%)

RSIの見方

RSIは一定期間の上げ下げの幅を指数化して判断します。

一定期間の価格の変化に着目した指標で価格の動きに勢いがあるかどうかを測ります。

RSIは%で表示されます。50%をセンターにして、買われ過ぎ売られ過ぎの水準を示すものです。RSIが70%以上ある場合、買われ過ぎと判断されて売りのタイミング、30%以下の場合は売られ過ぎと判断されて買いのタイミングの目安となります。

高い水準・低い水準の組み合わせは他に20%・80%、25%・75%も使われています。

RSIが70%以上の水準=買われ過ぎ

RSIが30%以下の水準=売られ過ぎ

RSIの 売買サイン

RSIは短期から中期的なタイミングをとらえるのに広く使われ、次の点において効果的です。

短期的には14日を使うことが多く、株価が70%以上の水準になると買われ過ぎ、30%以下は売られ過ぎを指示します。

RSIが高い水準にあるということは、上昇局面で売りのサインを発しています。RSIが低い水準にあるということは、下落局面で買いのサインを発していますので逆張りで使うことができます。

逆張りとは株価上昇時に売り、下落時に売る手法です。RSIはこの逆張りの売買のシグナルで活用されることが多いのです。

RSIのデメリット・注意点

RSIはテクニカル指標として効果の高い指標の1つですが、その力を発揮するのは保ちあいや横ばいなどの穏やかなトレンド相場においてです。

相場が急騰や急落となった場合は、RSIの理論通りに、買われ過ぎに思える局面で売っても相場はさらに上昇することがあります。また、売られ過ぎに思える局面で買ってもその後相場はさらに下落することがありますので、要注意です。

そのような場合は、移動平均線の状況やMACDなど他の指標がサインを発しているかをチェックしましょう。指標を適宜組み合わせて使うこなすことが、より広い確度の投資判断につながります。

あなたのお金の貯め方・増やし方は?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も