移動平均線とは?

移動平均線はさまざまな相場局面で使われるテクニカル分析の中でとても重要なチャート分析です。

ネット証券のサイトの株価チャートに表示されている折れ線グラフ、これが移動平均線です。

(引用:SBI証券)

移動平均線とは、一定期間の株価の終値を平均した数値で、現在の相場の強弱や日々の株価のみではつかみにくい相場のトレンド(方向)や株価の転換点を判断して、売買のタイミングをつかめることができます。

例えば25日移動平均線は、その日を含めた過去25日間の終値の平均値を結んだもので、これにより過去1か月間の平均的な売買コストを示しています。

線の向きが株価のトレンドを指し示しており、右肩上がりならば相場は上昇トレンド、右肩下がりならば下降トレンドということになります。

通常チャートには、長期と短期の2本の移動平均線を組み合わせて表示して、相場の先行きを予測します。
短期間の移動平均線は日々の株価動向を探る場合に、長期間の移動平均線は長期的な相場の流れを探る場合に使います。

移動平均線の種類・期間

移動平均線は期間によって種類分けされることができます。代表的なものを取り上げ、特徴を紹介します。

25日線

25日線は、短期投資に最適な移動平均線とされ、多数の投資家に使われています。組み合わせとしては、25日線と75日線、25日線と50日線の併用がスタンダードです。

75日線

75日線は、3ヵ月線とも呼ばれ、中期の投資判断に効果的だとされています。

200日線

200日線は、いわば過去1年間の平均投資コストで長期の投資判断に効果的だとされています。

売買のサイン

移動平均線の重なり具合から、売買の判断を行う方法があります。

ゴールデンクロス

ゴールデンクロスは、買いのサイン。

2本の移動平均線のうち、上向いている長期移動平均線よりも、もう1本の短期移動平均線が急な角度で上昇カーブを描き、長期移動平均線を突き抜けることを“ゴールデンクロス”と呼びます。相場が上昇基調への転換を示したもので、買いのシグナルとされています。

デッドクロス

デッドクロスは、売りのシグナル。

2本の移動平均線で短期移動平均線が急な角度で下降カーブを描いて、長期移動平均線を下に突き抜けることを、デッドクロスと呼びます。相場が下落基調への転換を示したもので、売りのシグナルとされています。

あなたのお金の貯め方・増やし方は?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も