MACDとは?

MACDは、Moving Average Convergence / Divergence Trading Methodの略で、移動平均収束発散法と言います。

移動平均の収束、拡散を把握する指標で、長期と短期の2本の移動平均線の特性を応用して天井と底値を探る手法です。

短期の移動平均線は実際の株価に敏感に反応して動きます。長期の移動平均線は短期の移動平均線に遅れてなだらかな曲線を描きながら推移します。

MACDの原理はこの長期と短期の2つの動きの異なる移動平均値の価格差をグラフ化したものです。株価のトレンドと売買タイミングを同時につかむことができるので投資初心者の方にも使ってほしい指標の一つです。

< MACDの計算方法>

MACD=短期EMA(指数平滑移動平均)-長期EMA(指数平滑移動平均)

MACDのしくみ

MACDはMACDとシグナル、ヒストグラム(OSCI)から構成されています。

MACD

短期(12日)指数平滑移動―長期(26日)平均指数平滑移動平均で計算した数値をグラフ化

シグナル

MACDの9日移動平均線

ヒストグラム(OSCI)

MACDとシグナルの2つの線の乖離をグラフ化

MACDの売買ポイント

MACDの売買ポイントは、ゴールデンクロス(上昇基調への転換を示す)で買い、デッドクロス(下落基調への転換を示す)で売りが鉄則です。

<MACDの売買タイミングのポイント>

買いのポイント

MACDが上昇に転じれば買いのタイミング

MACDとシグナルがクロスすれば強い買いサイン

MACDが0ラインを上に抜けるといっそう強い買いサイン

売りのポイント

MACDが下落に転じれば売りのタイミング

MACDがシグナルを下へクロスすると強い売りサイン

MACDが0ラインを下を割り込むといっそう強い売りサイン

MACDのデメリット

上値平行線と下値平行線がほぼ平行状態で、株価がこのゾーン内で行ったり来たりしている状態をレンジ相場やボックス相場と呼びます。

MACDは移動平均に基づいた指標なのでトレンドが起きていないレンジ相場やボックス相場では、シグナルサイン発生のタイミングが遅くダマシのサイン(売買サインが出たものの、相場はそのサインとは全く逆の方向に動いていくこと)が多く出てしまいがちです。

MACDは短期取引に適していますが、ローソク足を分足や時間足、日足で表示した場合も同様にダマシのサインが出がちですのでデイトレードには適していません。

ですから、ダマシのサインに惑わされないためにもMACDを単独で使うのではなく、他の指標と組み合わせて使うようにしましょう。

あなたのお金の貯め方・増やし方は?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も