ローソク足の見方

ローソク足は、株式投資を行う上で基本となるチャートです。

ある一定期間内の株価の値動きをグラフ化したもので、1つのローソク足を見るだけで「始値」「終値」「高値」「安値」の4つがわかります。

(引用:外為オンライン)

ローソク足は「胴体(柱)」と上下の「ヒゲ」で構成されています。胴体が白いものを陽線、黒いものを陰線と呼びます。

陽線は株価が上がったことを示し、胴体の下端が始値、上端が終値を表します。

陰線は逆に株価が下がったことを示し、胴体の上端が始値、下端が終値を表します。

ヒゲは価格の変動を表します。胴体の上側に付いた「上ヒゲ」の上端が高値を示し、胴体の下側に付いた「下ヒゲ」の下端が安値を意味します。

ローソク足は一定期間内の株価の変動を表すので、日足、週足、月足など、期間毎に作成されます。

チャート分析の上で、ローソク足の見方は重要です。しっかりとマスターしましょう。

ローソク足の株価変動シグナル

ある特定の形のローソク足は、市場の状況がわかるサインや相場の流れが変わるシグナルとされています。

以下のようなローソク足が出現したら注意しましょう。

太陽線

胴体が大きな陽線で、ヒゲが短いローソク足です。相場が上昇トレンドの場合に現れます。

数日下げ続けた後に太陽線が出た場合、相場の流れが変わることがしばしばあります。

大陰線

胴体が大きな陰線で、ヒゲが短いローソク足です。相場が下降トレンドの場合に現れます。

太陽線とは真逆の意味があり、上昇トレンド中に出た場合はトレンドが転換する可能性があります。

陽の大引け坊主、陰の大引け坊主

胴体が長く、終値方向のヒゲがないロ―ソク足です。

陽線であれば、一時始値から下がったが急激に上昇して高値で終わったと言うことです。買いのサインとされています。

陰線では逆の意味になり、一時は始値を超えたけれど大きく下落したということで、売りのサインとされています。

長い下ヒゲ

カラカサと呼ばれます。陽線陰線ともに、底値に近いところで現れると、反発して上昇する気運があるとされます。高値付近で出た場合は、反落の兆候と言われています。

長い上ヒゲ

トンカチと呼ばれます。陽線陰線ともに上昇する流れを抑え込まれた形なので、市場が弱気になっているシグナルとされています。

トレンドをチェック

上昇トレンドとは、株価が上がっている状態を言います。一時期株価が下がっても下値支持線を切り上げながら全体としては値が上がり続ける状態です。株価が上昇し、利確のため株を売りに出す者が現れ、少し安くなった株が買われて値が上がるといったサイクルが繰り返されています。

下降トレンドは、上昇トレンドの真逆の状況です。上値抵抗線を切り下げながら、全体として株価が下がる局面を指します。

ボックスは、横ばいトレンドやレンジ相場、もみあい相場とも呼ばれます。一定の上値抵抗線と下値支持線の間で株価が上下し、どっち付かずの状態が続く相場です。

チャートパターン

三角持ち合い

三角持ち合いとは、本格的な上昇トレンドや下降トレンドに入る前にしばしば現れる株価の変動パターンです。

上昇三角型と下降三角型の2種類があります。

上昇三角型は、一定の上値抵抗線と切り上がってくる下値支持線の間で株価が上下するパターンです。上値抵抗線と下値支持線が交差した後は、上昇トレンドに切り替わる可能性が高くなります。

下降三角型は、下がってくる上値抵抗線と一定の下値支持線の間で株価が上下するパターンです。上値抵抗線と下値支持線が交差した後は、下降トレンドが作られる傾向があります。

株式投資の初心者が三角持ち合いを見つけることは難しいですが、株価の変動を注意深く分析し、早めに気づくことで、将来の予測がある程度可能になります。

ペナント

ペナント型は、上値抵抗線と下値支持線が徐々に近づきながら、その中で株価の変動がある市場の状況です。

ペナントを形成した後、株価が上値抵抗線を抜けたら上昇トレンドになり、下値支持線を抜けたら下降トレンドになる傾向があります。売買のタイミングは上値抵抗線か下値支持線を抜けた時になります。

ペナントを形成する期間が長いほど、その後に来るトレンドの力は大きく長く継続すると言われています。

ペナント型は、株価が大きく変動した後に現れることがあります。注意深く分析しましょう。

フラッグ

フラッグ型は、上値抵抗線と下値支持線が共に上昇もしくは下降を続けながら、その間で株価が上下動するチャーパターンです。

上値抵抗線と下値支持線が共に切り下がる状態が続き、株価が上値抵抗線を上抜けた場合は上昇トレンドに突入するケースが多いです。

反対に、上値抵抗線と下値支持線が共に切り上がる状態の後で、株価が下値支持線を下に抜けた場合は下降トレンドの開始となるパターンが多く見られます。

初心者のうちは上値抵抗線や下値支持線を自分で引くことが難しく、フラッグ型に気付かないことが大半です。

株価が直近の底値を下に抜けてしまった場合、ペナント型の成立はありえなくなります。そういった場合は上昇フラッグ型の成立を予想してチャートを分析して見ましょう。下降フラッグ型を見つける場合でも同じ方法を応用できるので、フラッグ型を探すようなチャートの見方を心がけましょう。

売買のタイミングは、上昇フラッグ型であれば上値抵抗線を上抜けたときです。下降フラッグ型であれば下値支持線を下抜けたときとなります。

あなたのお金の貯め方・増やし方は?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も