株式投資のボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンド(引用:SBI証券)

ボリンジャーバンドとは標準偏差(統計上のばらつき)の理論を利用したテクニカル指標です。

株価変動の多くが移動平均線の一定のバンド(帯)の範囲内に集約されることから、売買のタイミングを図る株価チャートとして利用されています。

ボリンジャーバンドは移動平均線とその上下に標準偏差の線から構成され、レートとバンドの位置関係から株価の動向を分析します。

ボリンジャーバンドの標準偏差

標準偏差は、データのばらつきを表す値です。

ボリンジャーバンドに使われている記号「σ」はこの標準偏差を表しています。
つまり、株価がどのくらい変動する可能性があるかを読み解きます。

下図は正規分布図と呼ばれるものでこの場合、標準偏差の中にデータが収まる確率を示しています。

ボリンジャーバンドの中心線が平均値を表しています。±1σ内に価格が収まる確率は68.2%で、±2σ内に収まる確率が95.4%、±3σ内が99.7%となっています。全体の95%が±2σの範囲内で収まり、±2σを出る確率は5%、めったにないと見ることができます。

(引用:https://www.huffingtonpost.jp/)

ボリンジャーバンドの見方

ボリンジャーバンドでは、次の2つの点に着目します。

〇為替レートがバンド上のどこに位置しているのかを見る。

〇バンドの幅が広がっているのか狭まっているのかで為替のボラティリティ(変動率)を見る。

為替レートが+2σバンドの外側に出たら売りのシグナル。為替レートが-2σバンドの外側に出たら買いのシグナルです。逆張りでエントリーしましょう。

バンドの幅の狭い・広いで為替のボラティリティをチェックします。バンドの幅が急に広がっている場合は為替のボラティリティが急上昇を表し、買いのシグナルです。順張りでエントリーしましょう。

ボリンジャーバンドでの売買ポイント

株を買うときのタイミングは2通り、逆張りと順張りがあります。

逆張りは株価が下落しているときに買う手法を言います。

順張りは株価が上昇しているときに買う手法を言います。

利益を出すためには、状況に応じてあるいは先読みをして、このいずれかを使い分けます。その判断に有効なのが、ボリンジャーバンドです。

チャートが一定の価格帯を行き来して、方向感のない、もみ合い(レンジ)相場のときはボリンジャーバンドの逆張りを使います。チャートが一定方向に動いているトレンド相場のときはボリンジャーバンドの順張りを使います。

逆張りは、レートが+2σバンドの上(外側)に抜けたら、売りでエントリーします。

またレートが-2σバンドの下(外側)に抜けたら、買いでエントリーします。

順張りは、バンドの幅が狭くなっていて、レートが+2σバンドの上(ふれたら)に抜けたら、買いでエントリーします。

またバンドの幅が狭くなっていて、レートが-2σバンドの下(ふれたら)に抜けたら、売りでエントリーします。

あなたのお金の貯め方・増やし方は?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も