テクニカル分析とは?株やFXの相場を分析する種類について

将来の出来事がどうなるか?を予測して、資金を投入するのが投資です。

購入した企業の株や通貨が上がるのか?下がるのか?
値動きがどうなるかによって、利益が出たり損失が出たりします。

将来の値動きがどうなるかを予測する方法として、株価や通貨の値動きをチャートで見て判断する「テクニカル分析」、経済や市場の状況、企業の財務状態などで判断する「ファンダメンタル分析」などの手法が用いられます。

このページでは、「テクニカル分析」の基礎知識やチャートの見方、分析方法などを紹介します。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析は、株価の動向を見極め、過去のパターンや傾向を分析して将来的な値動きを予想する手法です。

対となる手法がファンダメンタル分析で、企業の財務諸表や経営状態、市場や経済情勢を分析し、投資先を決める手法です。

ファンダメンタル分析が企業や経済情勢そのものを分析対象とするのに対して、テクニカル分析は値動きや各種チャートが分析対象となります。

テクニカル分析は、企業の業績などの要素は重視せず、現在の市場が上昇トレンドか下降トレンドかを主に判断します。

そのため、ファンダメンタルズ分析よりも短期的な売買に役立ちます。

テクニカル分析とファンダメンタル分析は、分析対象が違う手法ですが、相反する手法ではありません。

ファンダメンタルズ分析で買う銘柄を選定しておき、テクニカル分析で上昇トレンドと判断したタイミングで買う方法があります。

投資初心者の方にとっては少し難しく聞こえるかもしれませんが、財務諸表や経済ニュースを常にチェックする必要のあるファンダメンタル分析に比べて、トレンドやパターンをチャートから読み取るテクニカル分析の方が、論理的に判断できるので分かりやすいという人もいます。

テクニカル分析を駆使して、投資のタイミングを見極められるようになりましょう。

テクニカル分析で使うチャート

チャートは、株価の値動きをグラフ化したものです。チャートには様々な種類があります。

基本となるチャートは『ローソク足』です。ローソク足を見れば、「始値」「終値」「高値」「安値」がわかります。

ローソク足には日足、週足、月足などの種類があります。それぞれ、1日、1週間、1ヶ月の「始値」「終値」「高値」「安値」を表したものです。1分毎の値動きを表した「1分足」などもあります。長いものでは1年の値動きを表す「年足」があります。

次に重要なものが『移動平均線』です。移動平均線とは、一定期間の終値の平均値を表したものです。

ローソク足が棒グラフなら、移動平均線は線グラフとなります。移動平均線を利用しないトレーダーはいないとまで言われており、テクニカル分析ではマストの知識と言えます。

『出来高』も非常に重要です。出来高とは、ある日や週に取引が成立した数量を表します。

出来高が多ければ、投資家が活発に動いたという目安になります。

逆に、出来高が少ない場合は、投資家が慎重になっていたり、取引材料がなくて動けなかったりしたという可能性があります。

出来高は投資家心理や行動を知るのに重要な情報で、「出来高は株価に先行する」という言葉まであります。

チャート分析の詳細をくわしく学ぶ

日本で開発されたローソク足

ローソク足は、江戸時代に発案され、大阪での米取引で使われたとされています。

(引用元:FXTF)

今では全世界の投資家が利用しているチャートで、チャートのアルファベット的な位置づけがあります。

ローソク足には、「陽線」「陰線」があります。

黒く塗りつぶされた長方形が陰線で、塗りつぶされていないか白で塗りつぶされた長方形が陽線です。

チャートによっては、赤が陽線で青が陰線の場合もあります。

長方形のことを「柱」と言います。

陽線は始値よりも終値が高かったという意味です。陰線は逆で、終値が始値を下回ったことを意味します。

陽線や陰線からは、上下に線が出ており、それぞれ「上ヒゲ」「下ヒゲ」と言います。

ヒゲを見ることで、その期間の高値や安値がわかります。

上ヒゲの上端は高値を意味します。
上ヒゲが長いということは、一時的に上がったけれど最終的には下がったということです。

下ヒゲの下端は安値です。
長い下ヒゲを持ったローソク足を見たら、一時的に下がったけれどそこから反発してきたと解釈してください。

ヒゲを持たないローソク足もあります。
ヒゲのない陽線は、その日は下がることなく株価が上がったということです。

柱がないか、極めて短いローソク足もあります。ヒゲの分だけ値動きしたけれど、最終的には始値と終値がほぼ同じだったときに見られます。

トレンド系指標とは

トレンド系の指標とは、相場の方向性を判断するためのチャートです。

株価が上昇トレンドなのか、または下降トレンドなのかといった方向性や、トレンド自体の強さを判断できます。

以下のようなチャートがトレンド系指標として用いられています。

それぞれ各項目で別途ご紹介します。

移動平均線とは

移動平均線とは、前述の通り、ある一定期間の終値の平均値を線で繋いだものです。

一定期間の平均値なので、期間の長さを変えることで移動平均線も変動します。

25日、75日、200日などの移動平均線をメインとして活用しています。
それぞれ短期、中期、長期の指標です。

まずは、ローソク足と移動平均線の関係を見てみましょう。ローソク足に移動平均線を重ねるだけで、トレンドがわかります。

ローソク足が移動平均線の上にある場合は、上昇トレンドです。

逆に、ローソク足が移動平均線より下にあれば下降トレンドです。

また、ローソク足が移動平均線から離れずもみ合いになっている場合、トレンドは発生しておらず、横ばい相場と言えます。

トレンドの強さを知るには、移動平均線自体の角度を見ましょう。

右上がりの移動平均線で角度が急であれば、強い上昇トレンドです。

逆に、右下がりの移動平均線で角度が急なほど、強い下降トレンドです。

水平な場合はトレンドが発生しておらず、トレンドが発生していても浅い角度ならトレンドの力は弱くなります。

さらに、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に突き抜けることを「ゴールデンクロス」と言います。このサインの後は上昇トレンドが発生する可能性が高くなります。

その反対で、短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に突き抜けることを「デッドクロス」と言います。この後は下降トレンドに転換する場合が多くあります。

ゴールデンクロスやデッドクロスはあくまで目安であり、その後必ずトレンドが発生するわけではありません。

しかし、目安を覚えているだけで投資の勝率は変わります。しっかりと覚えておきましょう。

移動平均線の詳細をくわしく学ぶ

一目均衡表とは

一目均衡表は、日本生まれのチャートです。世界的にもIchimoku Kinko Hyoの名で知られています。

一見するとゴチャゴチャしていますが、覚えることは意外と多くありません。

基準線の上にローソク足があれば上昇トレンド、下にあれば下降トレンドです。

転換線が基準線の下から上へと抜けたら、上昇トレンドが発生する兆しです。ただし、基準線が上向きでなければ上昇トレンドとならない可能性が高いです。

逆に、転換線が基準線の上から下へと抜けた後は、下降トレンドとなる可能性が高いです。この場合、基準線が下向きでなければなりません。トレンド発生のサインとは考えません。

「雲」は、先行スパン1と先行スパン2に挟まれた範囲のことです。雲の上にローソク足があれば、雲は下値支持ラインとして機能します。雲の下にローソク足があれば、高値抵抗ラインと見ます。雲の中にローソク足がある場合はもみ合い相場とみなします。また、雲の厚さは支持または抵抗の力を表しており、厚みがあるほど支持や抵抗の力が強いとされています。

遅行スパンについては、遅行スパンが株価を抜いた場合が買い時、下回ったら売り時と考えます。

一目均衡表の詳細をくわしく学ぶ

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、移動平均線を元にしたチャートです。移動平均線の上下に、「値動きの幅」を示す線を加えて作ります。

統計学的に、大半の株価がこの幅の中に収まります。この幅に収まらない値動きを特異な現象とみなし、売買サインとして使うのです。

±1σの幅の中で株価が収まる確率は、およそ68%です。±2σの幅の中で株価が収まる確率は、約95.5%にもなります。

ボリンジャーバンドは、広くなったり狭くなったりを繰り返します。幅の広さで相場の変動幅がわかります。変動幅が大きくなったときに株価が上がっていれば上昇トレンド、下がっていれば下降トレンドの可能性があります。

ボリンジャーバンドが狭い場合でも、幅の中で株価が変動するのであれば、+2σの線にくっついたローソク足はその後移動平均線に近づいてくると予想できます。移動平均線の方へ株価が動くのを見越して売買する「逆張り」的な使い方も可能です。

ボリンジャーバンドの詳細をくわしく学ぶ

移動平均乖離率とは

移動平均乖離率とは、その名の通り株価が移動平均線からどれくらい離れているかを数値化し、表したものです。

株価は移動平均線から離れすぎると、いずれ移動平均線に近づいてくる傾向があります。乖離率を調べることで、売買のタイミングを知ることができるのです。

株価が移動平均線から上に離れすぎると、乖離率もプラス方向に大きく変動します。この場合は、いずれ移動平均線に株価が戻ってくる可能性が高いので、売りのサインとなります。

一方、株価が移動平均線から下に離れすぎると、乖離率がマイナス方向に大きくなります。この場合は買いサインとみなします。

また、ある銘柄の過去の乖離率が±5%の範囲で変動している場合、乖離率が+5%付近で反転したら、今後乖離率が下がってくる可能性が高いので売りを考えるとよいでしょう。反対に、-5%付近から乖離率が反転して上がってきたら買いサインの可能性が高いと思われます。

オシレータ系指標とは

オシレータとは、「振幅」や「振り子」という意味です。

相場の振り幅を考えるテクニカル分析で、「買われすぎ」や「売られすぎ」などの市場の売買の強弱に着目します。

買われすぎた銘柄は、いつか売られます。売られすぎた銘柄は、株価が下がって値頃感が出ると買われます。こういった相場の振り幅を元に売買タイミングを見極めるのが、オシレータ系指標を使う目的です。

オシレータ系指標は「逆張り」をする時に使われる事が多く、トレンド系指標よりも短期的な取引に向いているとされています。

既に移動平均線乖離率は、オシレータ系指標です。また、ボリンジャーバンドは順張りと逆張りの両方に使えます。

他に代表的なオシレータ系指標には以下のようなチャートがあります。

MACD

RSI

どのようなチャートなのかは、後の項目で概要を説明します。

MACDとは

MACDは移動平均線の考え方を発展させ、精度の高めたものです。

Moving Average Convergence/Divergence Trading Methodの略で、「移動平均・収束拡散トレード法」などと約されます。

声に出す時は「エムエーシーディー」や「マックディー」などと言われます。

MACDはオシレータ系指標ですが、トレンド系の性質も含んでいるため、トレンド系指標として紹介されるケースも多く見られます。

MACDは「0ライン」「シグナル」「MACD」そして「ヒストグラム」の4つで形成されます。

0ラインよりMACDとシグナルが両方とも上にあれば、上昇トレンドとなります。

0ラインよりMACDとシグナルが両方とも下にあれば、下降トレンドです。

また、MACDとシグナルが2つとも上向きの線であれば上昇トレンドで、2つとも下向きならば下降トレンドです。

売買のタイミングも、MACDでは明確にされています。

MACDが0ラインより下にあって、シグナルを下から上に突き抜けたら買いサインとみなします。

反対に、MACDのラインが0ラインよりも上にあり、シグナルを上から下に突き抜けたら売りサインです。

ヒストグラムについては増減で判断します。減っていたヒストグラムが増加に変わったら買いです。逆に、増加していたヒストグラムが減少に転じたら売りです。

MACDの詳細をくわしく学ぶ

RSIとは

RSIは、「Relative Strength index」を略したものです。

直近のある期間を終値ベースで見て、市場の状態が上昇と下降どちらなのかを分析するチャートです。

50%を中心として0~100%の範囲で表します。

RSIが70~80%以上の場合は、相場では買いが過熱しており、いずれ株価が下がってくることを見越して売り時だと考えます。

一方で、30~20%以下であれば売られすぎているので、いずれ揺り戻しで株価が上がることが想定されるため、買い時だと判断します。

RSIはオシレータに特化したチャートです。強いトレンド相場では力を発揮できず、もみあいのレンジ相場か緩いトレンド相場に向いているとされています。

RSIの詳細をくわしく学ぶ

あなたの積み立てのお悩みは?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も

ページの先頭へ