こんにちは!管理人2号です。

今回は管理人2号が読んだ株式投資の書籍『たった7日で株とチャートの達人になる!』についてご紹介します。

この書籍は、管理人2号が「株式投資を行う場合にはどのような判断で売買を行うべきなのか」を知りたいと考えていた時に目を通した書籍です。

2014年に発行された書籍ですが、内容は株式投資のチャートを元にしたテクニカル分析について詳しく触れられており、発行年から年を経ても書籍の内容は陳腐化していません。

加えて、チャートを分析する力は株式投資に限らず、FX投資信託仮想通貨など全ての金融商品に必要な力となりますので、読んでおいて損はない書籍ではないかと思います。

※株式投資とはなにか?という基本的な部分から知識を付けたいは別の株式投資の書籍をオススメします。

『たった7日で株とチャートの達人になる!』ダイヤモンド・ザイ編集部

書籍名:『たった7日で株とチャートの達人になる!』

編者名:ダイヤモンド・ザイ編集部

出版社:ダイヤモンド社

出版日:2014年4月17日

価格:1,500円(税別)

≪目次≫

1日目 株価チャートの“つくり”をマスターしよう

2日目 基本のチャートパターンを覚えよう

3日目 実はけっこう難しい 売りタイミングを考えよう

4日目 意外とカンタン テクニカル指標をマスターしよう

5日目 誰でもできるカンタン短期売買 ウィークリー・トレードに挑戦!

6日目 ローリスクで儲かる! 憧れのデイトレに挑戦!

7日目 信用取引で儲けのチャンスは3倍になる!

付録1 楽天証券最強のトレードツール マーケットスピード&iSPEED入門

付録2 取引中の?を解決!「株」のお悩みQ&A

編者の紹介

『たった7日で株とチャートの達人になる!』の編者はダイヤモンド・ザイ編集部です。

金融商品に興味を持つ方は、一度はダイヤモンドZAi(ダイヤモンド・ザイ)という雑誌を目にしたり、手に取った経験をお持ちかも知れません。

ダイヤモンドZAiは、ダイヤモンド社が発行する初心者向けの投資情報月刊誌で、毎月21日に発売されます。

発行部数は20万部以上と言われており、月間の投資情報誌では最大の規模を誇っています。

私、管理人2号も毎月購読しています(笑)。

文字の大きさや図説が多く、また“かたい”と思われがちな金融商品を分かりやすく身近な感じで取り扱ってくれるため、とても読み易いです。

余談ですが、ダイヤモンドZAiは730円ですが、定期購入を申し込めば最大で約30%オフになるそうなので気になる方はご覧になってみてください。

http://teiki.diamond.co.jp/zai/subscription/

最近は、株主優待が充実している株式銘柄やふるさと納税、つみたてNISAやiDecoの特集などが多い印象ですので、当サイトをご覧頂いている方の趣向には合っていると思います。

管理人2号の書籍のココがポイント!

この書籍は内容の構成が7章立てとなっており、1日1章を読破していけば株式投資についての基本的な理解、及びチャートをどう見れば良いのか?が理解できる構成になっています。

チャート分析というと「難しいのでは?」と思われるかもしれませんが、図解も多く紹介されているので、学びやすい内容になっています。

ポイントをいくつか見れば良いだけです。

それでは実際にチャートを見てみましょう。

・チャートは大まかに見て3つ

チャートを見る際には、大まかに見て上昇中なのか、下降中なのか、横ばいなのか、値動きの流れが3つのうちどれかを考えましょう。

実際にチャートを見てみます。

チャートは、ユニクロを展開するファーストリテイリング(9983)の2018年1月から7月中旬までのチャートです。

ファーストリテイリングのチャートは、期間内を見ると大まかに分類すると上昇・下落・横ばいの3つのパターンに分類できることが分かりますね。

株式投資の場合、基本的には「安く買って高く売る」ことができれば、利益を上げることができます。

この期間であれば4万円台前半で購入し5万円超で売って利益を確定出来れば利益を上げることができます。

ただ、直近は上昇していますので、今は買う時期とは言えないかな、などと考える訳です。

・高値や安値を線で結んでみる

上昇トレンドや下降トレンドが見極められるようになった後は、以下のルールに沿ってそれぞれの点を線で結んでみましょう。

■上昇トレンドの場合には安値を結ぶ

■下降トレンドの場合には高値を結ぶ

具体的に、ファーストリテイリング(9983)のチャートを再掲します。

2018年前半はチャートは上昇トレンドですので、安値(※チャートの下部分)を線で結んでみましょう。

そうすると、ある1点で線を割り込んでいることが分かります。

そのポイントがトレンドの転換点です。

もし、ファーストリテイリング(9983)の株を保有していた場合には、このトレンド転換のポイントで売るという判断を行います。

いかがでしょうか?

ここまでであれば、今までチャートを見たことが無い方でも出来そうな気がしませんか?

さらに書籍では、様々なチャート形状から見る売買ポイントについて触れられています。

また、移動平均線一目均衡表など様々なテクニカル分析ツールの利用方法も詳しく紹介されています。

更にチャートを読み解く力を付けたい方は是非、『たった7日で株とチャートの達人になる!』を手に取ってみてください。

あとがき

『たった7日で株とチャートの達人になる!』は、株式投資とはなにか、そして基本的なチャートのテクニカル分析手法が簡潔にまとまっている本です。

さすがに初心者向けで大きな支持を得ている、ダイヤモンド・ザイの編集部が作った本だと思います。

なかでも書籍内で紹介されているチャートを読み解く力は、どんな金融商品でも必要な力です。

金融商品の取引に関してステップアップしたい方にはオススメの書籍ですので、気になった方は是非一度手に取ってみてくださいネ。

それでは、また!

管理人2号

≪今回ご紹介した書籍≫

あなたのお金の貯め方・増やし方は?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も