投資信託を学ぶための本

投資信託に関することが学べる書籍を紹介しています。

1.お金は寝かせて増やしなさい

「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」という人気ブログを運営している水瀬ケンイチ氏の書籍です。
インデックス投資歴15年の実践者が個人投資家目線で解説した1冊になっています。

なぜ、インデックス投資ならプロが相手でも勝てるのか。
投資の成績に一喜一憂しないで、長い目で資産を増やすための心構えは。

投資信託は何をいつ、どうやって購入するのがおすすめなのか。

出口戦略はどうしたらいいのか。
資産をなるべく減らさないで運用を続けながら、受け取る合理的な方法についてを学ぶことができます。

お金は寝かせて増やしなさいの紹介ページへ

2.最新 資産設計は[ポートフォリオ]で考える投資信託35の法則

日本で唯一のインデックス投資アドバイザーとして有名なカン・チュンド氏の投資信託に関する書籍です。

投資信託のしくみから、購入すべき投資信託のポイント、投資信託の運用成績の評価方法、投資信託の売却に関する情報など、投資信託に関する全てが詰まった1冊となっています。

投資信託についてこれから知りたい初心者の方だけでなく、投資信託について一定の知識を持っているが更に知識を深めたい初中級者の方も満足できる内容になっていると思います。

まだ、未読の方は是非ご一読ください。

最新 資産設計は[ポートフォリオ]で考える投資信託35の法則の紹介ページへ

書籍名著者出版社出版日
1お金は寝かせて増やしなさい水瀬ケンイチフォレスト出版2017年12月8日
2最新 資産設計は[ポートフォリオ]で考える投資信託35の法則カン・チュンドソーテック2010年3月31日

ページの先頭へ