こんにちは。

当サイトでは貯金や投資などお金に関する記事を掲載していますが、今後はお金との向き合い方や金融リテラシーの向上に繋がる記事も拡充する予定です。

そこで、「お金の本質」「仮想通貨の技術」を学ぶことができる「これからを稼ごう  仮想通貨と未来のお金の話」という書籍が、2018年6月30日に発売されましたのでレビューさせていただきます。

これからを稼ごう  仮想通貨と未来のお金の話

書籍名:これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話

著者名:堀江貴文 (著), 大石哲之 (監修)

出版社:徳間書店

出版日:2018/6/30

価格:1,404円

目次

第1章 僕らは1000年に1度の転換期を迎えた
マウントゴックス事件で学んだこと
盗難NEMと日本銀行券
通貨の歴史で最大級のインパクト
「投機」はなぜ必要なのか
ビッグマネーという経験
世界中にお金が余っている

第2章 ビットコインと自由
初めてビットコインを知った時
ビットコインの基礎を知ろう
ブロックチェーンとマイニング
リバタリアンの思想
お金を作るということ
干渉させない仕組み

第3章 イーサリアム革命
ヴィタリック・ブテリンという異能
スマートコントラクトとは
社会のすべてが変わる時
DAOが提示する未来の組織
ICOとは何か
ICO、その本当の価値

第4章 国家と通貨と仮想通貨
リップル人気の理由
銀行コインと共通ポイント
リスクを取るということ
デジタル法定通貨の可能性
テクノロジーは超越する
規制とイノベーションのいたちごっこ

第5章 トークンエコノミーの中で
シェアリング2.0時代
クラウドファンディングの可能性
評価経済社会の指針
お金が要らなくなる社会
君はどう生きるのか
評価経済への不安
すべては“これから”のこと

終わりに エストニアにて

著者 堀江貴文 

「これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話」の著者は、ファウンダー、ホリエモンこと「堀江貴文 @takapon_jp 」氏。
堀江氏は、仮想通貨が登場した当初からそのテクノロジーや思想に注目していた存在です。
管理人1号は堀江氏のメルマガを購読していますが、たしかに仮想通貨やトークンエコノミーの話はかなり以前から話題にしていました。

「仮想通貨は、貯金や投資にとって代わる画期的な財テク術ではない。」

引用:「これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話」著:堀江貴文

と語り、終わりつつある国家が仕切る経済圏の転換点のキーポイントとして、仮想通貨やブロックチェーンなどを活用したテクノロジーを取り上げています。

当書籍は、正論派クリプトブロガーで日本デジタルマネー協会の理事も務める「大石哲之 @bigstonebtc 」氏が監修を務めています。

ポイント 1 仮想通貨の捉え方

ビットコインやイーサリアムの登場初期から、その本質に注目していた堀江氏。

仮想通貨の誕生やそれを支えるテクノロジーについて、当時の金融やテック業の状態、世論などを時系列で関連付けてわかりやすく解説しています。

書籍の半分以上の割合を、堀江氏の見解を交えながら仮想通貨の基礎知識を説明。

堀江氏は、仮想通貨に対して以下のように語っています。

通貨史における最大規模のトピックだ。
そのインパクトは前述したように、中央集権ではない、管理主体がないということに集約される。約200年ぶりに国家が保証しない、管理のできない通貨が生まれたという点だ。

引用:「これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話」著:堀江貴文

国という中央機関が通貨を一元的に管理し始めたのは、ここ200~300年ほどです。
国家は通貨を管理することで、国民と経済を管理してきたとも言え、既得権益を握っていたとも言えます。

中央集権されていないディセントラライズドな仮想通貨が広がることで、国や銀行といった枠に囚われず、自由に通貨をやり取りできる事ができるようになります。

これは送金や決済だけに限った話ではなく、ブロックチェーンの分散型台帳というシステムを使った「信用」のやり取りが自由に出来るようになることも意味しています。

価値を交換したり、信用を作る方法が新しく想像されているのです。

ポイント 2 お金の考え方

通貨の要素「1.価値の尺度 2.価値の交換 3.価値の保存」については、当サイトでも解説を行っています。

ビットコインには信用の裏付けあるのか?仮想通貨の価値の仕組み

その「物」に価値があり、「信用」に足るものが通貨として利用された歴史があります。
古くはきれいな貝や石。次の時代では金や銀などの貴金属。次に紙幣が発明され「価値」の交換が行われてきました。

堀江氏は以下のように語ります。

紙幣イコールお金、お金イコール価値という図式は成り立つが、紙幣イコール価値ではないのだ。多くの人は、紙幣そのものが本質的な価値を思い込んでしまっている。

引用:「これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話」著:堀江貴文

今の時代、給料は札や硬貨といった現金ではなく、銀行口座に振り込まれる形が主流です。
現物ではなく、通帳に並んだ数字やデータに価値がある、バーチャルな存在がお金と認識されています。

お金というのは、人の共同幻想の産物なのだ。
多くの人が、それに価値があるものと信じれば、それはお金になる。お金になってしまう。

「お金は信用を数値化したものである。」
中略~
信用してくれる人の数が多いほど、その人は価値のある人ということになる。そして、逆説的な話だが、それは人ではなく、モノであっても同じだ。

引用:「これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話」著:堀江貴文

と語るように、「お金」はそのものには何の価値もなく、その価値の本質は「信用」であるということです。

ポイント 3 これからの信用

「お金」は、価値の交換手段として利用されてきましたが、仮想通貨やテクノロジーの発展などによって「お金」以外のモノに「価値」が付与されるようになってきました。

人に集まる「信用」がその一つで、分かりやすい例がSNSに見て取れます。

Twitter・Instagram・Facebookで多くのフォロワーを抱える著名人は、そのフォロワー数だけ人々に影響力を及ぼすことができます。
また、リツイートやシェアされることで、更に多くの人々に情報を拡散することも可能です。

今までは、情報の伝達や宣伝といった行為は、TVや雑誌などのメディアが行っていました。
企業は「お金」をメディアに支払うことで、広告として自社の物やサービスの認知活動を行ってきました。

近年では、影響力や持った個人ユーザーに「お金」を支払うことで、宣伝をする事が可能になっています。
つまり、個人に「信用」の力が集まり、「価値」を高められる事が広がってきたという事です。

個人の信用の力を理解する上で、興味深い事例があります。

SNSのカメラアプリ「スナップチャット」がデザインを変更した所、アメリカで絶大な影響力のあるセレブで、ツイッターのフォロワー数2,450万人のインフルエンサーでもあるカイリー・ジェンナーが、デザインについて否定的なツイートを行った所、スナップの株価が7%下落する現象が起きました。
この下落により、同社株の時価総額から10億ドル(約1,070億円)が失われたのです。

個人の発言で大企業の株価が変動してしまうというのは、ものすごいインパクトがあるトピックではないでしょうか。

社会は今、「評価経済社会」に舵を切っている。お金にできない評価を多く集めた人が残っていく。
お金より、信用稼ぎだ。

引用:「これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話」著:堀江貴文

また、新しく「信用」が作られるサービスも登場し、今まで、価値がなかったものに価値が与えられ、サービスとして利用し始められています。

その一つが「シェアリングエコノミー」で、使われていない部屋を宿泊施設として貸し出す「Airbnb(エアービーアンドビー)」、自家用車を利用した配車サービス「Uber(ウーバー)」が有名です。

メルカリにしろ、VALUにしろ、タイムバンクやCASHといったサービスにしろ、それこそビットコインをはじめとした仮想通貨も同じだ。これまで値段がつかないと思われていたものに値段がついた。隠れていた「価値」を可視化させ、あるいは新たに生み出してしまった。
それらの場所で、価値の交換手段として使われる新たな通貨は「額に汗して」「我慢に我慢を重ねて」ようやく手に入れることができる、これまでの「お金」よりも、貯め込まれて死蔵しづらいという特性をもつ。
なめらかに経済を回すための、潤滑油になる可能性を秘めているのだ。

引用:「これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話」著:堀江貴文

「お金」と「信用」の基準が徐々に変わりつつあるのが「今」なのです。

まとめ

「これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話」を取り上げました。

仮想通貨に馴染みの少ない方は、体系的に分かりやすく理解できる内容となっています。
基礎知識などはネットでも読める内容ですが、堀江氏の見解も含めて読むと本質の捉え方の学びにもなると思います。

堀江氏はこの書籍だけではなく、多くの書籍で「お金」や「仕事」について語っていますが、その「お金」と「個人」の関わり合いを解説する「まとめ」的な内容となっています。

個人的には、自分で好きな事をして、自由に生きるチャンスが誰にでもある時代になってきていると感じました。

仮想通貨というテクノロジーを通して、お金の正体を理解する一冊です。
これからのお金を生き方を考えている方におすすめの内容となっています。

堀江氏の「セルフGOXには気をつけろ」がツボでした。

管理人1号

≪今回ご紹介した書籍≫