新生銀行の投資信託のポイント

・投信積立は月々5千円から可能

・積立でもTポイントが貯まる

・NISAプラスで申込手数料が0円

・新ファンドを毎月追加中

新生銀行 公式サイトへ

新生銀行の投資信託の最低投資金額

新生銀行の投信積立は、月々5,000円以上1円単位で投資金額を決められます。

一般的に投資ではある程度まとまった金額が必要になることが多いですが、5,000円と少ない資金からでも始められるので、気軽に投資信託を行えるのが特徴です。

投信積立などの資産運用は元本割れ、つまり損失が出てしまう可能性もありリスクがあります。

リスクを最小限に抑えながら取引を進めることがとても重要です。

リスクを回避する方法はいくつもありますが、投資する金額が小さければ小さいほど、損失が出た時の影響も少なくなります。

これから投資信託を始める方にとって、5,000円から積立ができることは、リスクを考慮した上でもメリットです。

5,000円以上であれば1円単位で細かく投資金額を調整できるので、最低投資額である5,000円から始めるのはもちろん、お好きな金額を設定して投信積立を進められます。

十分な知識や経験があり、資金にも余裕があるなら高額を投資するという選択肢もありますし、自由度が高いとも言えるでしょうか。

新生銀行 公式サイトへ

新生銀行の投資信託の手数料

投信積立では取引を開始するにあたって、申込などに手数料がかかるといったことはありません。取引開始は無料でできるわけですが、実際にファンドを購入する際には購入時手数料が発生するので注意しましょう。

投信積立ではたくさんあるファンドの中から1つを選び、ファンドを対象にして積立を行っていくのですが、各ファンドで特徴が異なるように、購入時手数料の金額も異なります。投信積立を開始してファンドを選ぶ時は、ファンドの特徴や個性に加えて、必ず購入時手数料についてもチェックしておきましょう。

購入時手数料をチェックせずにファンドを選んでしまうと、後で思わぬ出費につながってしまいます。

ノーロード投信は購入時手数料が無料

購入時手数料が発生すると紹介しましたが、中には購入時手数料が無料のファンドもあります。ノーロード投信と呼ばれるファンドで、ノーロード投信なら購入時手数料をかけずに投信積立が行える形です。
もし、手数料をはじめとした費用を最小限に抑えて投信積立を行いたいなら、ノーロード投信に絞ってファンド選びをするのも1つの方法です。

購入時手数料が無料ということはそれだけ投資にかける費用を少なくできるわけですから、リスク回避の方法としても優れています。やはり費用は少なければ少ない方がお得なので、あえてノーロード投信しか購入しない方法も検討すべきでしょう。

もちろん購入時手数料のことを意識しすぎて希望のファンドを選べなくなるようでは本末転倒ですので、購入時手数料とのバランスも考えながら、理想的なファンドを探すことが重要です。

各ファンドの特徴などだけではなく、購入時手数料のことも併せて考えれば自分にぴったりのファンドが見つけられ、スムーズに投信積立を進められます。

新生銀行 公式サイトへ

投資信託の取扱本数

新生銀行では現在、約170本のファンドを取り扱っています。投信積立を始める時は、購入するファンドを選び、積立をしていく形です。170ほどのファンド数となると非常に多く感じられるかもしれません。

実際には証券会社などではさらに多くのファンドを取り扱っているのが一般的で、新生銀行は銀行による商品もあってか取扱本数が決して多い方ではありません。

銀行の投信積立としてみれば取扱本数も多い方なのですが、いずれにしても自分に合ったファンドを見つけるのはなかなか大変な作業になるでしょう。

ノーロード投信の取扱数

購入時手数料が無料となるノーロード投信は約20本取り扱っています。ファンド全体の数から比較する20本ほどと少なくなっているので、ノーロード投信に絞って購入したい方はそれほど迷うことなく選択ファンドを決められるかもしれません。

場合によっては20本の中に希望するファンドがない可能性もありますが、その場合はノーロード投信に限らず、取扱ファンド全体から理想的なファンドを探しましょう。

取扱本数が証券会社と比べて少ないということは、それだけ選択肢の幅が狭まるということなので、デメリットとして解釈することもできますが、人気のファンドを中心に取扱ファンドを厳選していると考えることもできます。

新生銀行での人気ランキングを参考にできる

新生銀行ではランキング結果もチェックでき、今人気のファンドを簡単に見ることができます。どういったファンドが人気を集めているのかを把握できれば自然と自分に合ったファンドも見えてくるでしょうし、ファンド選びに迷った時に参考にもなります。

ランキングだけでなくファンド検索機能も利用できますので、購入時手数料が無料になるノーロード投信だけを表示するなど、さまざまな条件でファンドを絞り込めます。

ランキングや検索機能を活用することでノーロード投信をはじめ、自分に合ったファンドを簡単に見つけられますので初心者の方でもファンド選びがスムーズに行えるのが特徴です。

複数のファンドを同時に取引

投信積立では複数のファンドを同時に取引することも可能で、ファンドを1つに絞る必要は特にありません。

170本ほどあるファンドのうち、良さそうなファンドがあれば複数を購入するのもいいでしょう。

積立金額は5,000円からと少額でスタートできるので、各ファンドの積立金額を最小限に抑えて、その代わり複数のファンドで積立を行うのも1つの方法です。

ポイントサービスなど

Tポイントとの連携

新生銀行ではTポイントとの連携を行っており、新生銀行の提供する各種サービスや商品を利用することによりTポイントがお得に貯められます。Tポイントは提携先のお店や施設などで利用することができ、1ポイントを1円として使えます。

たとえばTポイントを1,000ポイント持っていれば、提携先のお店などであれば1,000円の現金と同じように使える形です。提携先も多く、人気も高く私達の生活に定着しているTポイントですが、新生銀行の投信積立でも貯められます。

投信積立の場合、引き落としされることで各月5ポイントが貯まりますので、1年間毎月投信積立による引き落としがあれば、年間で60ポイントのTポイントが貯まるしくみです。

投信積立を利用して引き落としがあればそれだけでポイントが発生するので、ポイントのために特別な手続きなどをする必要もなく、あくまでも投信積立のおまけ、特典のような感じで貯められます。

投信積立による引き落としがあった月のみポイントが発生しますので、必ず毎月ポイントを得られるとは限りませんが、投信積立は基本的に毎月購入していく商品なので、ポイントが発生する可能性は高くなっています。

新生銀行では投信積立だけでなく、各種サービスを利用することでもTポイントが貯まるようになっているので、他のサービスや商品も加えればさらに効率良くポイントを貯めていくとも可能です。

Tポイントをまったく利用していない方には無駄になってしまいますが、Tポイントを普段から活用している方には非常に大きなメリットになります。

新生銀行はTポイントとの連携が大きな特徴になっているので、Tポイントを利用したことがない方も、新生銀行を利用するなら同時にTポイントカードを作るのもおすすめです。

これなら発生するポイントを無駄にすることもありませんし、貯まったポイントでお得に買い物ができたりします。

いずれにしても新生銀行の投信積立はTポイントが貯まるという魅力がありますので、しっかり把握して効率良くポイントを貯められるようにしておきましょう。

新生銀行 公式サイトへ

あなたの積み立てのお悩みは?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も