銀行一覧-都市銀行や地方銀行など日本の銀行の基礎知識

貯蓄はどの銀行でも可能です。

基本的な貯金商品のしくみは同じですが、金利やサービスは各銀行で異なっていますので、自分の貯金方法に合った銀行を選びましょう。

銀行には業務内容、業態、地域によって種類に分かれています。

銀行とは?

「銀行」は、預金の受入れと資金の貸出しを行う業者として、銀行法にもとづいて、国から営業の免許を受けている金融機関です。

大きな分類として、都市銀行、信託銀行、地方銀行、第二地方銀行があります。

都市銀行

大都市に本店があり、全国に支店のネットワークをもっている銀行です。

預金、運用、融資に関する商品を数多く取り扱っていて、事業規模が大きいので信頼性が高く評価されています。

一方、金利や手数料が不利な部分もあり、個人向けのサービスが抑えられている傾向が見られます。

銀行名グループ店舗数
みずほ銀行みずほフィナンシャルグループ459
三菱UFJ銀行三菱UFJフィナンシャル・グループ818
三井住友銀行三井住友フィナンシャルグループ679
りそな銀行りそなホールディングス26

地方銀行

特定の地域内を基本として営業を行っている銀行です。

第一地方銀行と第二地方銀行で分類されるケースもあります。

地方銀行は、全国地方銀行協会に加盟している64行で、埼玉りそな銀行を加える場合もあります。

第二地方銀行は、2018年4月現在で41行があります。

該当エリア内では支店やATMなどの数が多く、身近な存在と言えます。基本的な金融商品を取り扱っており、独自の金利設定やオリジナルのキャンペーンを行っている事があります。

信託銀行

信託銀行は、個人や法人の資産を預かって管理・運用する信託業務を行う銀行です。

取扱商品には、遺言信託、教育資金贈与信託や金銭信託などがあります。

都市部に多く、支店は少ない特徴があります。

新しい形態の銀行

実店舗を持たないインターネット専業銀行、コンビニやスーパーにATMを設置している銀行などを「新しい形態の銀行」と総称しています。

ゆうちょ銀行は元国営の郵便貯金を継承した銀行です。日本全国の市町村の全てに支店があり、ユニバーサルサービスを提供しています。
取り扱い金融商品は限られており、金利も都市銀行と同じ水準となっています。

その他に、信用金庫、労働金庫(ろうきん)、信用組合、JAバンクなどの金融機関があります。

あおぞら銀行新生銀行
ゆうちょ銀行 

あなたの積み立てのお悩みは?

全然お金が貯まらない。。

まずは元本保証で安心な貯金でコツコツ積み立て。

積み立て式の貯金

なるべくリスクを少なく増やしたい

積み立てに向いた投資商品を紹介。

投資の種類

楽して増やしたい

最新のAIを活用して、おまかせ投資。

ロボアドバイザー

ハイリスクでもハイリターンで増やしたい

ビットコインなどの仮想通貨でがっつり稼ぐ

2017年は1年間で10倍以上も

ページの先頭へ